« 中国の国有企業はトロイの木馬か 「冷戦は終わっていない」と専門家…大紀元日本 | トップページ | ひとりごとだけれど。。。箝口令が敷かれ、NESARA/米政府転覆が近い »

南北戦争の真の原因

 今晩のNHKの海外ネットワークの情報で酷い歪曲が行われているのを見て、これは一言いって置かなくてはいけないと思って、急遽パソコンに向かっています。

 というのは確かこの3月か4月にステーブン・スピルバーグ監督の映画でリンカーン大統領を取り上げた映画が日本でも封切られる予定だと小耳に挟んだからです。ご承知の方も多いと思いますが、アメリカ南北戦争は奴隷解放のための戦争では決してなかったのです。いま、大河ドラマで『八重の桜』というのが始まっていますが、このドラマの第一回の冒頭に南北戦争の事を取り上げたシーンが出てきます。

 南北戦争の真の原因は決して“奴隷解放のため”ではありません。この事は詳しく書くと長大な論文になるので今回は書きませんが、真の原因は搾取のためであり、単に連邦制を維持するための内戦に過ぎなかったのです。

 やはりここでもロスチャイルドが暗躍しています。つまり、背後にはヨーロッパ列強が存在したのであり、ロスチャイルドはここでも金儲けのために南北双方に軍資金を貸し付けています。リンカーンは奴隷解放の父と呼ばれていますが、本心は決して奴隷解放にあったのではありません。むしろ奴隷は産業構造上必要であった、と後世の歴史家が述べています。

 ここでもNHKの薄っぺらな歴史認識が透けて見えます。大河ドラマという制作に大金を掛ける歴史ドラマであってみれば致し方ないのかも知れません。しかし、そうはいってもニュース番組にまでウソを垂れ流すのは良くない事です。同じ事がイギリスのチャーチル首相にも言えます。チャーチルが第一次及び第二次の世界大戦にいかに汚い手を使って世界を戦争に巻き込んだか、歴史家はよく知っているはずです。

 朝鮮戦争しかり、ベトナム戦争しかりです。いずれも庶民は騙され戦争に駆り出されたのです。911テロも同じです。闇の勢力の歴史はここ100年程を見ても度重なる戦乱の歴史になっています。

 それで思い出した事があります。FRBは憲法上100年を以て終了することになっていたのです。アメリカの“財政の崖”問題はここにもひっかりがあります。この事を論評する経済評論家も歴史家もいません。オバマの悩みはここにもあるのです。今晩はこれ位にします。

|

« 中国の国有企業はトロイの木馬か 「冷戦は終わっていない」と専門家…大紀元日本 | トップページ | ひとりごとだけれど。。。箝口令が敷かれ、NESARA/米政府転覆が近い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/48718707

この記事へのトラックバック一覧です: 南北戦争の真の原因:

« 中国の国有企業はトロイの木馬か 「冷戦は終わっていない」と専門家…大紀元日本 | トップページ | ひとりごとだけれど。。。箝口令が敷かれ、NESARA/米政府転覆が近い »