« キュリオシティーが示す火星の空の色は?:「空は淡いブルー」ですナ! | トップページ | 全米初、ワシントン州で嗜好用大麻が合法に…時事通信 »

未来の原風景!!…神州の泉

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2012/12/post-9057.html

 この記事を見て忘れていたことを思い出しました。未来の党の基になった小沢一郎氏の国民の生活が第一の党は、コンクリートから人へ、を最初に言いだした人です。

 一概に公共事業が不可だとは言いませんが、河(川)をコンクリートでせき止めてダムを造る事は問題が多くて認められません。その例が、河は生きている、という認識を持たなければいけないのです。

 この事を歴史的に言い出した人がいたのです。その人物とは、ヴィクトル・シャウベルガーというオーストリアの自然学者です。やみくもにダムを造って自然の流れを変えることは百害あって一利なしです。シャウベルガーはこの真理を見抜き、自然を模倣することこそ人類の生きる道であると言った人です。

 この真理を敷衍して、マスの生態を真似たトラウトエンジンを開発し、はては空飛ぶ円盤まで創り上げていたのです。ちょうど第二次世界大戦末期に当たっており、実際にその円盤が飛行したかどうかは解りませんが、私はシャウベルガーの業績を高く評価しており、後世のロシアの生物学者、ヴィクトル・グレベニコフの、ある種の昆虫の生態を研究した重力の克服も、時代の最先端を行くものでした。残念ながら、それらの業績は現代の科学技術においては認められず、埋もれてしまって日の目を見ていないのが残念です。

 もしこれらが認められていたら、現代の科学技術は飛躍的に向上していたでしょう。アインシュタインなど目ではありません。彼の光速度など、マイケルソン・モーレーの実験は誤っています。ニコラ・テスラのフリー・エネルギーも同様です。

※自然は脈動する・ヴィクトル・シャウベルガーの驚くべき洞察(アリック・バーソロミュー著:日本教文社刊)

|

« キュリオシティーが示す火星の空の色は?:「空は淡いブルー」ですナ! | トップページ | 全米初、ワシントン州で嗜好用大麻が合法に…時事通信 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

50年前のインフラがそろそろ寿命だと聞いております。

ものを作るだけが公共事業ではないと思うのですが、
マスコミの公共事業悪玉説も限界ではないでしょうか。

日銀は毎年赤字国債の買い取り【今年は17兆円です】をしているのに
国債買い取りは、禁じ手だとか、ハイパーインフレにになるとか、
訳のわからないことばかり言っている人が多すぎます。


投稿: kitayama | 2012年12月 9日 (日) 05時53分

反重力装置?ですか

重力を形作っている物は何か?正体は?

わたしごときが書く内容ではなかった火曜日の内容 反省・・・

フィリピン予測した時のように外れると思っていたのですが

まだ先があるのでしょうか?  (想像したくない)

暗い内容で 失礼

投稿: すぎもとたかふみ | 2012年12月 7日 (金) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/48118386

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の原風景!!…神州の泉:

« キュリオシティーが示す火星の空の色は?:「空は淡いブルー」ですナ! | トップページ | 全米初、ワシントン州で嗜好用大麻が合法に…時事通信 »