« 四川省、一万人が暴動 「きっかけがあれば市民は立ち上がる」…大紀元日本 | トップページ | 崩壊に向かって加速する野田民主党政権…天木直人氏のブログ »

「首相は絶対約束は守る」と言う前原誠司の笑止千万…植草一秀氏のブログ

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-2b70.html

 首相はこういう腹積もりだ、と前原誠司氏が言ったと言います。しかし、この発言は二つの点で誤っている可能性があります。それは、今の民主党は党利党略上解散は不可能だという事が一つ。もう一つは、不測の事態を勘定に入れていない事です。

 この点は、オバマ大統領の再選の可能性です。もし、オバマが再選されれば、アメリカは政治上大変革を起こす可能性があります。

 それは、2012年の末に地球が大きなターニングポイントを迎える事です。この事は、首相や前原氏のみならず、日本の殆どの国民が予測さえしていません。誰もが昨日があったように今日もあり、明日もこれまでと同じように起こる事だとしか考えていない事です。

 しかし、考えても見てください。あの3月11日の東日本大震災は、全く予想もしていない時に突然発生し、大被害をもたらしました。民主党政府は慌てふためき、まさに手も足も出ない形で被害を処理しようとしました。結果はどうだったかは後日の真相究明に待たなければなりませんが、まずやったことは政府内の機能不全とほとんどの真相を隠蔽することだったのです。SPEEDIの情報を隠したのにも現れています。

 この事は、第二次世界大戦時の幾多の隠蔽の事実と重なります。つまり、時の権力者というものはいざという時には、『思考停止』状態に陥るのです。

 同じことが今度も当て嵌まります。まず考えられるのは、思考停止です。そして真実の隠蔽工作です。

 今度の事態も何が起こるかわかりません。さしあたり考えられるのは、ユーロ圏の経済破綻です。昨日のNHKのニュースでも、ユーロが破綻すれば世界は数千兆円の損害を受けるであろう、という事でした。日本だけでも年間の国家予算額に匹敵する大損害を受けるであろうという予測です。ただし、これにはアメリカや中国の受けるダメージが含まれていません。要するに何が起こるか予測さえ不可能なのです。

 次に、結果として何が起こるか。ひょっとするとNESARAの公布が起きるかも知れません。既にアメリカでは911事件の時にNESARA公布が行われようとしていた、と推測されています。この情報は当時アメリカにいたケイ・ミズモリ氏の著作に書かれています。

 次に、マシュー君のチャネリング情報によると、現在地球を取り巻いている善意のETが満を持して地球に降りてくる、というものです。

 地球外に知的生命は存在しない、というのは妄想です。井口和基氏によれば、光の速度限界説もビッグバン理論も間違っている可能性が高い、という事です。

 これらを総合して考えてみると、まさに何が起こるか全く予想もつかないという事になります。

 話を元に戻します。こんな時、政府がやりそうなことは事実の隠蔽と的外れの対策です。こんな政府にすべてを任せていては何をされるかわかりません。特に日本政府はアメリカの言いなりです。もっと言えば、アメリカの闇の勢力の言いなりです。日本では官僚組織の無能ぶりが露呈されるでしょう。

 こんな時に、首相や前原氏の言うようなことでは到底国民をリードすることは不可能です。我々は今からよく考えておくことです。日本人は政治家よりも優秀です。いざとなったら途轍もない力を発揮するでしょう。いまから考えるのはその事くらいです。

※ 前原氏の発言  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121021-00000021-jij-pol

|

« 四川省、一万人が暴動 「きっかけがあれば市民は立ち上がる」…大紀元日本 | トップページ | 崩壊に向かって加速する野田民主党政権…天木直人氏のブログ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/47536343

この記事へのトラックバック一覧です: 「首相は絶対約束は守る」と言う前原誠司の笑止千万…植草一秀氏のブログ:

« 四川省、一万人が暴動 「きっかけがあれば市民は立ち上がる」…大紀元日本 | トップページ | 崩壊に向かって加速する野田民主党政権…天木直人氏のブログ »