« 魚は頭から腐る…マスコミに載らない海外記事 | トップページ | 銀河連邦からのメッセージ(シェルダン・ナイドル5/1) »

リバース・スピーチについて…ケイ・ミズモリ氏の著書より

 私はケイ・ミズモリ氏の業績については、日頃から氏の著書「超不都合な科学的真実」(徳間5次元文庫所蔵)の愛読者なのです。この中にリバース・スピーチについて記述した部分があるのです。今晩の最後の記事で、マスコミに載らない海外記事について書きましたが、その記事について大変重要な事を思い出したのです。

 詳しい事は同書を読んでいただきたいのですが、湾岸戦争における国家機密が漏出した事があるのです。その事をもっと深く類推すれば、もし可能ならブッシュ前大統領の録音を手に入れ、リバース・スピーチを手に入れることができれば、911テロの真犯人が誰であるかは、簡単に割り出すことが可能ではないかと思うのです。

 それは言葉を換えていえば、オバマ大統領が真実を知っているかどうかというよりも、ブッシュ前大統領やチェイニー副大統領が本当は陰で何をやっていたのかを簡単に解明できるのではないか、という事になるのです。これは恐ろしくかつ画期的な事です。来るべき新時代には戦争を抑止することも、平和を実現することも、より簡単にできるという事なのです。そういう時代が早く来ることを願わずにはいられません。序ながらその事を書きたくて夜遅くにも拘わらずパソコンを開いたのです。

|

« 魚は頭から腐る…マスコミに載らない海外記事 | トップページ | 銀河連邦からのメッセージ(シェルダン・ナイドル5/1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/45098889

この記事へのトラックバック一覧です: リバース・スピーチについて…ケイ・ミズモリ氏の著書より:

« 魚は頭から腐る…マスコミに載らない海外記事 | トップページ | 銀河連邦からのメッセージ(シェルダン・ナイドル5/1) »