« 5月21日午前10時30分、世界同時「金環食」地球浄化・瞑想に参加しよう…ハートの贈りもの | トップページ | 緊急プラン策定の必要(イギリス・キャメロン首相)…NEVADA情報 »

一体どれくらいブッシュ前大統領は悪いのか

 その事を明確に書いた本があります。その本の名は「超不都合な科学的真実」(ケイ・ミズモリ著:徳間5次元文庫)という本です。

 今更、911テロが本気でアルカイダのビン・ラディンが犯人だと思っている人はいないでしょう。それで、このケイ・ミズモリ氏が書いた本には、ブッシュ氏が犯した罪が具体的に記してあるのです。

 まず第一に、誰が電気自動車を殺したのか。世に出た夢の電気自動車を、石油業界、政界の圧力によって次々とスクラップにしたこと。意外とこの事は日本では知られていませんが、アメリカではカリフォルニアを中心に環境運動の高まりによって電気自動車がもてはやされ始めたのに、忽ちのうちに潰され、次々とスクラップにされました。この事実は映画にもなり、石油業界、自動車業界、政界を中心に巻き起こったキャンペーンによって次々とスクラップにされた経緯を明快に取り上げています。

 他には数々のマインド・コントロール兵器が実用化されています。これは、ノン・リーサル・ウェポン=非殺戮性兵器と呼ばれています。この中には悪名高いHAARPなどが含まれています。

 次には次々と起こる不可解な大規模な停電です。日本の東日本大震災の計画停電などを想像すればわかるように、大規模な停電が如何に日常の国民生活を破壊するのかが良く解ります。

 そのほか、様々な悪行を引き起こしています。詳しくはケイ・ミズモリ氏の本を読んでください。まったく呆れるばかりです。後、就任したオバマ大統領が二つの帽子を被り分けなければならなかったのか、その理由が良く解ります。今晩はもう遅いのでこれ位にしておきます。

 闇の勢力としてのブッシュ前大統領は、これでも闇の手先に過ぎず、大統領と言えども、小間使いに過ぎないのです。それでも国民の苦しみは言語に絶していたのです。

|

« 5月21日午前10時30分、世界同時「金環食」地球浄化・瞑想に参加しよう…ハートの贈りもの | トップページ | 緊急プラン策定の必要(イギリス・キャメロン首相)…NEVADA情報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/45342121

この記事へのトラックバック一覧です: 一体どれくらいブッシュ前大統領は悪いのか:

« 5月21日午前10時30分、世界同時「金環食」地球浄化・瞑想に参加しよう…ハートの贈りもの | トップページ | 緊急プラン策定の必要(イギリス・キャメロン首相)…NEVADA情報 »