« よくぞ言ってくれた! 飯山御大の洞察まったくもって正しい…つむじ風サイト | トップページ | 橋下氏は既成政党を批判し続けなければならず、小沢を中心とした反自民での連立政権構想が進んでいる…株式日記と経済展望 »

英国にも究極の地方分権・スコットランド独立か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000521-san-int

 このニュースはともすると英国の片田舎の問題だと見過ごされがちです。しかし、これは大問題です。米英帝国の一環であるイギリスが崩れ始めたのです。既に、アメリカでは噂では各州が独立している、という情報があり、アメリカ合衆国ではなく、アメリカ合州国である、というのが本当のようです。

 その理由は簡単です。ワシントンDCはアメリカ国民のものではないのです。ワシントンDCは正式にはアメリカ合衆国株式会社というのです。

 また、アメリカ憲法は現在停止中です。その理由は明瞭です。 アメリカ憲法では金銀の裏付けのない貨幣は発行できないのです。

 これらを考え併せると、米国も英国も国としては既に崩壊中なのです。アイルランド出身でアーマーの大司教であった聖マラキの予言は、まさに正しかったというべきです。

|

« よくぞ言ってくれた! 飯山御大の洞察まったくもって正しい…つむじ風サイト | トップページ | 橋下氏は既成政党を批判し続けなければならず、小沢を中心とした反自民での連立政権構想が進んでいる…株式日記と経済展望 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/45071383

この記事へのトラックバック一覧です: 英国にも究極の地方分権・スコットランド独立か:

« よくぞ言ってくれた! 飯山御大の洞察まったくもって正しい…つむじ風サイト | トップページ | 橋下氏は既成政党を批判し続けなければならず、小沢を中心とした反自民での連立政権構想が進んでいる…株式日記と経済展望 »