« SPEEDIによる放射性物質の拡散予測については高木文部科学相(当時)らは一般にはとても発表できない内容と判断…株式日記と経済展望 | トップページ | ケムトレイルと人口削減…つむじ風サイト »

なぜ民主党政権はこれほど酷いのか…阿修羅・掲示板

http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/173.html

 これは日刊ゲンダイが記事元です。ここで考えてほしいのが世界の大転換が迫っている、という現実です。今は日本だけが単独で切り離されて動いている訳ではありません。

 ということは民主党政権の崩壊は、世界的現象の連鎖の中で起きている、という事です。見ていてください。アメリカもヨーロッパもロシアも、中国でさえも政権交代の渦中にあるのです。特にアメリカとヨーロッパがキーポイントです。

 アメリカはこの秋に大統領選が実施されますが、共和党の候補者争いは混沌を極め、候補者同士の足の引っ張り合いが泥沼状態で、オバマ陣営の有利が伝えられています。しかし、それよりも米金融業界の崩壊が伝えられていて、続々と逮捕者が出ている事は大メディアがようやく伝え始めました。不正によってFRBも破綻しています。ヨーロッパが崩壊状態なのは想像以上です。

 つまり、いまや世界の西洋文明の崩壊現象が雪崩のように起きているのです。それを知ってか知らずか、日本のメディアはアメリカの方だけを向いた報道を続けています。いままさに日月神示でいう“世界がグレンとひっくり返る”瞬間なのです。

 民主党政権はもう終わりです。いみじくも福島第一発電所の爆発事故が起きたとき作業員が「もう東電は終わったなあ」と述懐した事と同じなのです。東電にみならず日本も去年の3月11日から終わっているのです。

 それをどのメディアも政治評論家も言っていません。歴史の転換点とはそういうものです。後から判るのです。なぜ民主党政権がこれほど酷いのか、の答えはこの中にあります。逆説的になりますが、こういう時だからこそ世界の大転換が起きるのです。奇しくも今年の12月21日はマヤ歴では世界の終りであるとされています。世界の終りは始まりでもあるのです。

 聖マラキの予言書ではこの次のローマ法王の治世で予言は終了しています。これは決して世界の終わりではないのです。宗教の役割が終わったという事です。

 まさに世界はパラダイムの大転換点に向かっているのです。

|

« SPEEDIによる放射性物質の拡散予測については高木文部科学相(当時)らは一般にはとても発表できない内容と判断…株式日記と経済展望 | トップページ | ケムトレイルと人口削減…つむじ風サイト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

米金融界での逮捕者の報道は日本ではされていないようですので、ぜひ報道内容を紹介いただけないでしょうか。
また、マヤ暦では世界の終了などとは言っていないで、ただ単に暦の区切りとなるだけです。新たなサイクルの暦が始まるだけなので、正確な表記をお願いしたいと思います。

投稿: BBA | 2012年3月 4日 (日) 03時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/44356127

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ民主党政権はこれほど酷いのか…阿修羅・掲示板:

« SPEEDIによる放射性物質の拡散予測については高木文部科学相(当時)らは一般にはとても発表できない内容と判断…株式日記と経済展望 | トップページ | ケムトレイルと人口削減…つむじ風サイト »