« 光の銀河連邦から、あ・な・たへの緊急メッセージ!…ハートの贈りもの | トップページ | 津波の前に福島第一原発は破壊されていた!民間事故調が語る事故発生当時の生々しさ…山崎淑子の生き抜くジャーナル »

原発事故対策に不備、菅前首相インタビュー…東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012030201001782.html

 菅前首相が東京新聞のインタビューに応じています。しかし、政治家がいくら言っても原子力の学問的意味を解しない者が喋っても何の意味もありません。アメリカでは原子力事故が起きたときは大統領ではなく、完全な専門家が指揮権を持って動きます。

 また、科学者もそれなりの責任を持って発言すべきです。そういう意味で昨日3月1日に収録されたた蒔きジャーナルの京都大学原子炉実験所所助教の小出裕章氏と、元京大総長の尾池和夫氏の対談は極めて重要です。

 この中で、小出氏は原子炉は直ちに停止すべきだと言っていますし、尾池氏もなるべく早く停止すべきだと言っています。特に核のゴミ=原子炉廃棄物は100万年かかっても無くならないと明言されている事は両氏とも共通していて、要するにどうしようもない状態であり、手のどこしようがないと言っておられることをよく噛みしめるべきです。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/03/02/tanemaki-2012mar1/

|

« 光の銀河連邦から、あ・な・たへの緊急メッセージ!…ハートの贈りもの | トップページ | 津波の前に福島第一原発は破壊されていた!民間事故調が語る事故発生当時の生々しさ…山崎淑子の生き抜くジャーナル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/44340114

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故対策に不備、菅前首相インタビュー…東京新聞:

« 光の銀河連邦から、あ・な・たへの緊急メッセージ!…ハートの贈りもの | トップページ | 津波の前に福島第一原発は破壊されていた!民間事故調が語る事故発生当時の生々しさ…山崎淑子の生き抜くジャーナル »