« 巨大モアイ像の発見…浅川嘉富氏のサイトから | トップページ | IMF幹部、消費税引き上げを15%に »

松下政経塾って何だ、若衆塾→バカ衆塾…いかりや爆氏の毒独日記より

http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/bad10f22795f075cc61d7a47ea12a14b

 今日、通常国会の開会があり、野田総理は歴代自民党総裁の福田元総理や麻生元総理の施政方針演説を引用して自分の演説に色を添えていました。これは、売り言葉に買い言葉であり、どっちもどっちという感じです。国会議員の、それも現政権のトップとしての演説としてどうかと思います。まさに墓の下の松下幸之助翁としては苦虫を噛み潰す思いでしょう。

 それはともかくとして、国会でこのような演説しかできない政治家が日本という国家の舵取りをまかっされていること自体に、日本の行く末を暗示しているように思います。

 東日本大震災の犠牲者(被害者)は東電や国の補償交渉もままならず、まさに路頭に迷っている現状です。こういう時に、いまも増税の事しか考えない野田総理はどういう頭の構造をしているのでしょうか。こうなれば現政府の閣僚と言わず、全政治家をいったん辞職させ、まったく新しい人物を登用した方がまだましかも知れません。

 その前の今日の同じNHKのクローズアップ現代では、ストーカー行為やドメスティックバイオレンスなどによって、母親と祖母が殺された事例を紹介していました。これなどは警察の無策に尽きる話ですが、解説に出てきた千葉大学の法学教授の話も、危機感が全く感じられませんでした。被害に遭った父親の無念さは察するに余りあります。

 嫌な話ばかりが続きますが、このどうしようもない政治家や警察官を何とかできないものでしょうか。

 ここで考えるのは、もはやこの世界は人類だけではどうしようもできない、ジレンマ(若しくは袋小路)に陥っているという事です。特に日本の現状は危機的です。それを感じていない大衆、加えてマスゴミはさらに酷いと言わざるを得ません。

 こういう時に、NESARA(ネサラ)の話を持ち出すのは的外れのように言われそうですが、決してそうではありません。NESARAは公布されれば、できるだけ速やかに、政治家を選び直し、裁判官と検事を再教育することになっているのです。

|

« 巨大モアイ像の発見…浅川嘉富氏のサイトから | トップページ | IMF幹部、消費税引き上げを15%に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43861759

この記事へのトラックバック一覧です: 松下政経塾って何だ、若衆塾→バカ衆塾…いかりや爆氏の毒独日記より:

« 巨大モアイ像の発見…浅川嘉富氏のサイトから | トップページ | IMF幹部、消費税引き上げを15%に »