« 恥ずかしいのはいまだに嘘をついている人たちだ…天木直人氏のブログより | トップページ | ねばねば天下り利権付き消費増税を擁護するマスゴミ »

衆議院解散への流れが加速する中で政界に大きな流れが起きている

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120107-00000045-jij-pol

 いま政治の流れに大きな変化が起きています。小沢元代表を中心として、3月中の衆議院の解散の可能性を模索して新党結成の動きが加速しています。

 しかし、私が感ずるのはそれ以外の動きです。ヨーロッパの経済危機は一刻の猶予もなくなっています。また、アメリカの大統領選の動きは共和党内での出来レースを元に意外な展開を見せる可能性があります。マサチューセッツ州前知事のロムニー氏が僅差で予備選挙に勝利しましたが、彼はモルモン教徒です。私はモルモン教徒が選挙に勝つことは絶対にないとみています。この原因は、もはや宗教が時代の趨勢を握ることは絶対にない、という事なのです。キリスト教も同じです。

 この事は、日本の宗教団体を基盤に持つ組織にも言えることです。幸福実現党は問題になりませんが、公明党は衰退が目立つようになるでしょう。公明党と共同歩調を取ってきた自民党もキャスティングボードを握るまでには至りません。

 NHKの報道ではちらっとオキュパイムーブメントの運動の事が出ていましたが、今後の選挙の動向を決めるのはこのような庶民の草の根のような運動です。

 そして、ひょっとしたら驚くような運動が起きる可能性があります。それは、庶民の99%の資産を握る富裕層の没落です。アメリカ国民の1%の資産しか持たない貧困層が止むに止まれぬ地鳴りのような動きとなって世の中の選挙そのものを根底から変えてしまうでしょう。

 今年は、世界各地で指導者層の選挙による改選が相次ぎます。フランス、ロシア、お隣の韓国、最後はアメリカです。日本でも衆議院が解散になれば政権が交代する可能性が高いです。ひょっとしたら、これによって根底から世界がひっくり返る可能性があります。

 この事は、信じられないかも知れませんが、地球を取り巻いて空の片隅から固唾を飲んで地球の動静を見守っている地球外生命体も注目しているに違いないのです。

※共和党ロムニー候補の動静http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120106-00000093-san-int

|

« 恥ずかしいのはいまだに嘘をついている人たちだ…天木直人氏のブログより | トップページ | ねばねば天下り利権付き消費増税を擁護するマスゴミ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43658860

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院解散への流れが加速する中で政界に大きな流れが起きている:

« 恥ずかしいのはいまだに嘘をついている人たちだ…天木直人氏のブログより | トップページ | ねばねば天下り利権付き消費増税を擁護するマスゴミ »