« 黒幕“最高裁事務総局”の恐るべき正体、諸悪の根源はここにある | トップページ | 〔増税〕ツイッターでは「大企業の輸出戻し税」への関心が高い »

欺瞞国家、アメリカとどう付き合うべきか、アメリカはこんな国です

http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/dfe4412fa547bbfe0a775719d1859509

 イラク戦争やアフガン戦争はなぜ起こされたのか。ほとんどの人々はその事をよく考えていません。アメリカ移民は、もともと住んでいた人々の土地や物を利用して成り立った国なのです。つまり移民の国だ、と言うのはそういう意味です。

 そして、イラクを理由もないのに攻めて大統領以下を虐殺し、アフガニスタンでは麻薬を利用して国を滅ぼしました。その根源たる911テロはそのために計画され、起こされたのです。単に、アルカイダが起こしたテロだ、と言うのは真っ赤なウソです。

 アメリカが歴史上起こした数々の戦争や不正行為は到底許されるものではありません。私がこれまで言ってきた、NESARA(ネサラ)はここにこそ意味があるのです。

 この事を、未だに多くの人は理解していません。NESARAは単に貧困をなくし、人々を豊かにするだけではないのです。

 アメリカはこういう国です。その本源は、イギリスに巣食う黒い貴族、つまりコーカサス地方に源を発する偽ユダヤ、アシュケナージなのです。イルミナティの正体は人類に憑依した異星人類です。これをアヌンナキとも言います。しかし、アヌンナキは既に地球から去りました。前世紀末です。

 欺瞞国家だからこそ何をしても構わない、という気質を持っていて、それこそ地に堕ちたヤカラなのです。

 NESARAに話を戻しますと、NESARAはアメリカ人だけが考えたものではまったくありません。むしろ、善意の異星人を中心とした星間協定なのです。この事を、ほとんどの人はまったく知りません。無理もありません。アインシュタインと言う人物が、光速以上の速度は存在しない、と言ったのですから。つまり、地球外に知的生命は存在しない、という呪縛です。それ以来、人類はアインシュタインに嵌められて、科学技術の枠から抜け出せていません。ノーベル賞はその意味で、闇の勢力が陰で作り上げたものなのです。

 いま、その罠が外されようとしています。有名な大学や学問の権威などは、自分の立場を考えて権威に縋り付こうとしますが、科学はそんなものとは無関係です。

 アメリカと言う国が歴史上何をやって来たのか、アメリカ合衆国と言う名称すらでっち上げたのです。つまり、正式には、united states of america と言うべきであり、UNITED STATES OF AMERIA というのはアメリカ合衆国株式会社、と言っているのと同じことです。つまり、Washington DCにあるのは、アメリカ合衆国株式会社であり、国名ではないのです。この事は、オランダのハーグで違法判決が既に出されています。

 この事は何冊もの書籍が出されており、私ももちろん持っていますし、正式に認知された話です。

 

|

« 黒幕“最高裁事務総局”の恐るべき正体、諸悪の根源はここにある | トップページ | 〔増税〕ツイッターでは「大企業の輸出戻し税」への関心が高い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43623543

この記事へのトラックバック一覧です: 欺瞞国家、アメリカとどう付き合うべきか、アメリカはこんな国です:

« 黒幕“最高裁事務総局”の恐るべき正体、諸悪の根源はここにある | トップページ | 〔増税〕ツイッターでは「大企業の輸出戻し税」への関心が高い »