« 野田首相、高校同窓会で愚痴「最近は後ろからも弾が…」 | トップページ | 今こそ世界を変えるNESARAを広めよう »

国会は、諸悪の根源「財務省」最高責任者勝栄二郎事務次官を証人喚問せよ

http://www.asyura2.com/11/senkyo124/msg/356.html

 私は別の意味で勝次官を証人喚問せよ、と言いたい。それはすべての面においてアメリカの言いなりになっているからです。

 そのアメリカの諸悪の根源は、FRB(連邦準備制度)であり、いまではFRBと一体になってアメリカ政府を動かしているアメリカ財務省です。

 NESARAの最初の条項はFRBの解体・貨幣制度の大改革です。日銀もFRBとまったく同じ性格を持つ民間銀行なのです。つまり、FRBが存在する限り、また日銀が存在する限り日本のネジ曲がった通貨制度や、不換紙幣制度は改革されないのです。そして、日本人の富をアメリカに移そうという企みは止まないのです。

 NESARAというとアメリカでおこった改革のように思われていますが、決してそうではありません。この地球から戦争をなくし、世界で蔓延るテロや貧困、圧政を無くそうという試みです。そのためには是が非でもNESARAを実現させなければなりません。もうその時期(期限)は来ているのです。

 日本に話を戻せば、財務官僚が政権を牛耳り、政策を左右している間は、到底真の改革は行われないことを肝に銘じるべきです。

その上で、国会は内閣の誤りを正し、国民の生活権を保障する義務があるのです。アメリカ連邦準備制度は明らかにアメリカ建国の精神を定めた「憲法」に違反し、また、日本の国会も三権分立などという事は憲法で規定されているわけではないのです。従って、ある意味で日銀法も憲法違反であり、FRBも全く同じことなのです。我々は、ウソと間違ったマスメディアや御用学者(官僚)どもの思惑に惑わされて、間違った政治を行わされているのです。

 その意味で、今回の阿修羅の記事は大変重いものです。日本だけではなく、世界を変える内容を含んでいるのです。我々日本人には大変重い責任と役割があるのです。

 まずそこから脱却することを始めなければなりません。

|

« 野田首相、高校同窓会で愚痴「最近は後ろからも弾が…」 | トップページ | 今こそ世界を変えるNESARAを広めよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43609606

この記事へのトラックバック一覧です: 国会は、諸悪の根源「財務省」最高責任者勝栄二郎事務次官を証人喚問せよ:

« 野田首相、高校同窓会で愚痴「最近は後ろからも弾が…」 | トップページ | 今こそ世界を変えるNESARAを広めよう »