« 民主執行部から防衛相進退論 | トップページ | 世界は今、1929年の世界大恐慌以上の経済破綻に瀕している »

東電の事故調査は謎だらけ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000090-san-soci

 東電の事故調査は謎だらけです。この記事では事実を列挙している、と述べていますがその事実さえすべてを列挙しているとは言い難いものです。地震直後に原子炉はいったいどうなっていたのか。その事の検証を抜きにしてはその後の事故対応がすべて無意味になります。

 事故調査は本来なら国会内に調査委員会を設けるべきですが、いまだに政府内に置かれたままです。

 また、このフクイチの事故調査は本来警察権が介入すべきですが、多くのフリージャーナリストたちの指摘にもかかわらず、東電に過失致死に関する調査が行われた形跡すらありません。こんなことで戦後最大の事故、いや有史以来最大の事故調査が意味を持つのかさえ疑われます。

 国民の被曝実態さえ隠蔽されたままです。東電と政府はグルだと言われても仕方がありません。

 この事故は今後永く歴史に残るでしょうが、事故直後の対応が最も重要なのです。今後死者が累々と発生すれば、いったい誰が責任を取るのでしょうか???

http://alcyone.seesaa.net/article/238423522.html

|

« 民主執行部から防衛相進退論 | トップページ | 世界は今、1929年の世界大恐慌以上の経済破綻に瀕している »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43240435

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の事故調査は謎だらけ:

« 民主執行部から防衛相進退論 | トップページ | 世界は今、1929年の世界大恐慌以上の経済破綻に瀕している »