« 中国に売るより破産!(スエーデン・サーブ) | トップページ | 12月15日ジャーナリスト鈴木智彦氏記者会見 »

第一世代の独裁者から次世代の息子にうまく世襲する可能性は25%、第三世代の孫へは皆無

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/2b6fcf78764db59b9a2ae2408040a5d2

 これは本当かも知れません。私は昨日の記事で、キム・ジョンウンへの世襲は中国の胡錦濤国家主席が支持している、という飯山一郎氏の見解を書き、中国の現体制もそのように動いていることを確認していますが、今は少々それに疑問を感じ始めています。

 これら一連の動きはあくまでも表面上の事であって、虐げられた民衆の心の中はどう思っているのかまったく分からないのです。

 むしろ、その庶民の虐げられた思いが爆発するとき、何が起こるかを予期することは大変難しいと言わなければなりません。

 そういう意味で、この記事に書かれている三代目への権力移譲は過去の例では皆無であるというのは納得できる数字です。

 また、別の要因もあります。それは全世界的に権力構造の大転換が起きており、ロシアのプーチン首相の二度目の大統領就任も今のところは確実だと言われていますが、将来何が起こるか予断を許しません。現にロシア与党の議会選挙に於いては不正選挙の疑惑が取沙汰されており、もしこれが火を噴くようだと何が起こっても不思議ではないのです。

 逆に、アメリカのオバマ大統領は一部では共和党の巻き返しが功を奏して、オバマが敗たり、中国の国家主席も移譲が決っていますが、別の不測の事態が起きると言う可能性だってあり得るのです。

 その意味で、今回の北朝鮮の世襲劇は、大変危ういというべきかもしれません。一部では、北朝鮮の民衆が嘆き悲しんでいる姿を見て、これは本当に民衆が悲嘆に暮れているんだろうと書いているブログ記事がありましたが、これははっきり言って短絡的判断だと思います。脱北者の中には、本当は民衆は安堵しているのではないかと言う噂が出ているようです。つまり、外に流れている映像などでは涙を流している様子は芝居に過ぎず、北朝鮮軍や中国政府当局の目を恐れているのだ、という事です。

 ですから、ひょっとすると短い時間のうちに何か突発的な政変が起きる可能性があるという事です。この意味で、日本政府の対応は何か的外れで、トンチンカンのような気がします。

 

|

« 中国に売るより破産!(スエーデン・サーブ) | トップページ | 12月15日ジャーナリスト鈴木智彦氏記者会見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はたして我々は北朝鮮の内情に関する真実をどれだけ知っているのでしょうか?北朝鮮の国民の気持ちをどれだけわかってものを言っているのでしょうか?日本のマスコミはどれだけ北朝鮮に関する事実を伝えているのでしょうか?現在の日本の大手マスメディアの腐敗しつくした姿勢から割り出して、肝心な事については事実とは全く異なる、真逆の報道をしていると考える思考回路を持つべきではありませんか?断言は出来ませんが、少なからずその可能性があると考えるほうが冷静で正常でしょう。国家を統制して運営していくには優れた指導者・リーダーが間違いなく必要です。私は以前東京都立川市の在日朝鮮人小学校前を偶然通りがかったときに通学中の生徒達の様子を見て感じたことがあります。子供たちの顔つきや表情が今の日本人の子供たちのそれに比べてとても子供らしく、純粋なのです。その時直感で思った事はこの国は巷で言われ、流布している噂のような国では全くないのではないか、ということでした。イラクでフセイン大統領が統治していた頃のイラクの子供たちの瞳も写真出見る限りですが、とても澄んだ眼をしていました。マスコミの流す様な、指導者が独裁者であり、国民を弾圧して国を我が物にしているといった報道は本当の真実を伝えているのか?もしその通りであるなら、いやでも国民が国家体制に反発し反乱する世相になってしかるべきであり、まともな国家運営などとてもかなうべくもないのではないか?私は自分の子供の小学校の担任の教師に、今の子供たちの目付きの悪さを指摘して、喧嘩をしたことがありますが、実際に皆さんの回りの子供たちの目付き、顔つきを見て確めて欲しい(子供たちに限ったことでは断じてありませんが)。私はその時教師に、純粋であるべく幼い子供たちを、こんな目付きにしてしまっている大人たちの罪深さを言いたかったのですが、勿論教師は、認めようとも分かろうともしませんでした。
少なくも今の日本は、北朝鮮の国家体制や内情に口を挟む資格など爪の垢ほども無いことは自明の理です。
たとえば現在でもあのベトナム戦争の真実をわかっている日本人がどれだけいるでしょうか?戦争が終結して35年以上たった今でも我々のほとんどは戦争が起こった原因や戦争が行われた結果、どれ程の悲惨な不条理が横たわったのか、なにも知らないままであり、知らされてないというよりも知ろうともしないのです。今のマスコミの腐りきった姿と、それに洗脳されるというよりは、言いなり、見たなりに全く自分の頭では考えない家畜人間の群れを見るにつけ、こんな日本国にしてしまった原因は、指導者側よりも国民、大衆側にあると強く考えざるを得ません。武山さんにもお願いしたいのですが、皆さん、もういい加減日本の大新聞、テレビを見るのを一切やめてみませんか?先ずそこからスタートしてみてはどうでしょうか。

投稿: 大新聞、テレビを見るのを一切やめませんか コムロ | 2011年12月21日 (水) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43447877

この記事へのトラックバック一覧です: 第一世代の独裁者から次世代の息子にうまく世襲する可能性は25%、第三世代の孫へは皆無:

« 中国に売るより破産!(スエーデン・サーブ) | トップページ | 12月15日ジャーナリスト鈴木智彦氏記者会見 »