« 自由報道協会主催、小沢一郎元民主党代表全国民参加型記者会見・12月11日開催 | トップページ | 「モンサント=ガン」米国のシェフが告発する遺伝子組み換え農産物の危険 »

東京新聞のコラム、筆洗について

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011121302000052.html

 この東京新聞の筆洗というコラムだけは注目して毎日見ていました。数十年前の朝日新聞の「天声人語」というコラムも、以前は注目をしていたのですが、この頃はすっかり往時の迫力はなく、どこが社会の木鐸たる所以か、と首を傾げたくなる論が多くなってすっかり読むのが嫌になりました。

 ところが、今回の筆洗というコラムもいけません。いくら高校生の意見だと言っても「枝る」を取り上げることはないでしょう。しかも、毎日働き過ぎて寝る間もない、とは福島県の原発被害者に失礼です。

 もし、「枝る」と言うのなら、「直ちに人体に影響のあるレベルではない」と言うくらいの話は欲しかった。これが本当に高校生の意見なら、真剣にものごとを見ていないことになりますが…。

|

« 自由報道協会主催、小沢一郎元民主党代表全国民参加型記者会見・12月11日開催 | トップページ | 「モンサント=ガン」米国のシェフが告発する遺伝子組み換え農産物の危険 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43366868

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞のコラム、筆洗について:

« 自由報道協会主催、小沢一郎元民主党代表全国民参加型記者会見・12月11日開催 | トップページ | 「モンサント=ガン」米国のシェフが告発する遺伝子組み換え農産物の危険 »