« 明治の粉ミルク、「ステップ」から放射性セシウム検出 | トップページ | 鈴木宗男前議員、仮出所! »

財務省と外国資本が切望する混合診療全面解禁

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-52a6.html

 この植草氏の新幹線と在来線の比喩は秀逸です。この喩えは良く解ります。TPPも同じことです。我々はこのような変革を許してはいけません。

|

« 明治の粉ミルク、「ステップ」から放射性セシウム検出 | トップページ | 鈴木宗男前議員、仮出所! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

二極化がさらに拡大していきそうですね。
一方で、来年の10月頃にお金がなくなるという話もあります。
どうなりますやら。

投稿: たなか | 2011年12月 6日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43280283

この記事へのトラックバック一覧です: 財務省と外国資本が切望する混合診療全面解禁:

« 明治の粉ミルク、「ステップ」から放射性セシウム検出 | トップページ | 鈴木宗男前議員、仮出所! »