« 大手マスコミの書く記事を信じたらこんな事になる | トップページ | ますますアホらしい小沢裁判…「期ズレ」はまったく問題なし »

金正日死亡に関する情報の取り扱いに関して思う事

http://www.janjanblog.com/archives/59137

 この記事以外にも私は様々なニュース・ソースから情報を集めてみました。そうすると、おぼろげながら判って来た事があります。それは、北朝鮮国民の涙は本物ではない事、金正日死亡から発表まで二日間あったのに、韓国も日本もこの情報を掴んでいなかったらしい事、ひょっとすると中国当局も最初は知らなかったのではないのか、と疑われる事、等です。

 それにしても、驚くのは日本のマスメデイアの雄である大NHKの報道内容です。実にお粗末極まりない内容です。これでは国民に真実を知らせるどころか、いま、世界で何が起こっているのかすら伝えることはできません。この状態では公共放送の名が泣きます。

 この事を翻って考えると、既に日本に真にメディアの機能を持った報道機関は正式にはあってもそれは名ばかりで、戦前の大本営発表よりももっと劣る報道しか行われていないことになります。まったく情けない限りです。

 この事に関して我々庶民は何をすれば良いのか。ひょっとすると、これから旬日、あるいはそれほど期間を置くことなく、何か突発的な大事件が発生した時、流言飛語や途轍もない嘘とデマが流され、国民が大混乱に陥る可能性があります。

 そうでなくとも、この地球の周りには地球外知的生命体のUFOが飛行している、と噂されており、その事が反体制派のデマに繋がる恐れがあるのです。

 おそらくこのETたちは善意の存在でしょうが、それを証明するものは何もないのです。

 この金正日死去のニュース一つを取って見ても、なかなか真実が見えてこず、大NHKに至ってはまともな取材すら行えない状況に陥っています。

 この時に当たって、我々は、誰が、あるいは、どこが真実を伝えているのか、よく見極めて置く必要があります。これは喫緊にやって置かなければならない事です。と言うのは、いかに普段真実そうな情報を流していても、陰ではどんな勢力が操っているか、まったく分かりようがないからです。

 かくいう私も、数年前までは信じていた評論家や経済学者、著名人もいましたが、その内の何人かには完全に裏切られました。東日本大震災の時、学者や評論家、政治家などがいかに信用ならないかは皆さんがご覧になられた通りです。

|

« 大手マスコミの書く記事を信じたらこんな事になる | トップページ | ますますアホらしい小沢裁判…「期ズレ」はまったく問題なし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

武山さんいつもありがとうございます!
私は、金さんは数年前にすでに亡くなられていると思います。
その後は影武者だと思われます。
そんな馬鹿な!キチガイか?と思われる方もいるかも知れませんが…

投稿: 思いやり | 2011年12月22日 (木) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43462448

この記事へのトラックバック一覧です: 金正日死亡に関する情報の取り扱いに関して思う事:

« 大手マスコミの書く記事を信じたらこんな事になる | トップページ | ますますアホらしい小沢裁判…「期ズレ」はまったく問題なし »