« 11月2日に行われた村上正邦氏のインタビュー | トップページ | 読売世論調査、TPPを評価する…51%! »

TPP問題で露呈した「みんなの党」の限界

http://www.amakiblog.com/archives/2011/11/14/#002083

 そもそもみんなの党」という名前を付ける時に、渡辺代表が『アジェンダ』と平気で言った事がもともと異常なのです。agenda=アジェンダとは、課題・協議事項という意味であり、まさに今回のTPP参加における野田総理の協議事項入り、という意味に通ずるのです。

 この言葉から、エージェント、エージェンシーという言葉が連想されます。これだけで「みんなの党の性格が理解されます。

|

« 11月2日に行われた村上正邦氏のインタビュー | トップページ | 読売世論調査、TPPを評価する…51%! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

どうせならいっそのコト、イラン、シリア、トルコ、パレスチナ、イラク、キューバ、アフガニスタン、ネパール、北朝鮮等もTPPに参加させてはいかがなものか………ベネズエラやコロンビアなんかもイイんでね!?(笑)

投稿: アンチNWO&TPP | 2011年11月14日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43007487

この記事へのトラックバック一覧です: TPP問題で露呈した「みんなの党」の限界:

« 11月2日に行われた村上正邦氏のインタビュー | トップページ | 読売世論調査、TPPを評価する…51%! »