« TPP問題「日本政府の説明は不十分」94%、11・17日産経新聞 | トップページ | 東北地方のある漁師が自殺! »

今、消費増税?

http://www.m-kiuchi.com/2011/11/22/imasyouhizouzei/

 いま、こういう正論を述べる政治家が本当に少なくなりました。いても城内氏のように無所属か国民新党のように少数派です。

 つまり、何のことはない、政治家といえども多数に流され、わが身がかわいいのです。しかし、それでは何のために政治を志したのかわかりません。

 しかし、政治には数は力である、とも言われます。これが民主主義の本当の姿だとしたら、民主主義とは横暴なものであると言わざるを得ません。

 むかし、日本は国民が望みもしない戦争に雪崩れ込んで行って、結局敗戦に至り、極端な辛酸を嘗めました。これで良かった、いう人は今は皆無ですが、当時は戦争に反対でもしようものなら寄ってたかって非国民扱いされました。ただ、未熟だったとはいえ、戦前戦後を通じて政治に民主主義が適用されなかったことはありません。

 という事は、今のような民主政治には限界がある、ということです。

 今、消費増税を唱え、それを実行しようとしている野田内閣も、2009年に政権交代を果たした民主党が中心となって構成された内閣です。選挙は民主的に行われたはずです。しかし、今は完全に民意からずれています。

 このあたりが民主主義の限界なのです。背景に何があるのか、今こそ我々は真剣に考えなくてはいけません。

 という事は、現在の民主主義政治は本物ではないという事です。日本の権力構造の中には、戦前も戦後も、官僚や金持ちや新聞・テレビなどのジャーナリズムが入り込んでいて、一人ひとりの有権者をマインドコントロールし尽くしているのです。

 野田総理は、いま到底選挙する気はないでしょう。やれば負ける可能性が高いからであり、仮にやってもまた陰で暗躍する電波芸者たちによってコントロールされるからです。

|

« TPP問題「日本政府の説明は不十分」94%、11・17日産経新聞 | トップページ | 東北地方のある漁師が自殺! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

野田佳彦(去勢された売国奴)首相は世界の公の場で消費税増税を国際公約したとんでもない狂人アンポンタンです。もはや民主主義国家のリーダーとは思えません!
北朝鮮の将軍サマにでもなったつもりなのか………日本国民は野田佳彦売国奴にいつ独裁政治を許したでしょうか??勘違いもイイところです。
消費税を上げるなら、それより先に、宗教法人への最高税率課税と米国債ン百兆円売却を先にやってもらいたい!是非!
日本と日本国民と日本の未来の為に、命賭けて欲しいなァ(笑)

投稿: 願!NWO完全消滅! | 2011年11月22日 (火) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43106056

この記事へのトラックバック一覧です: 今、消費増税?:

« TPP問題「日本政府の説明は不十分」94%、11・17日産経新聞 | トップページ | 東北地方のある漁師が自殺! »