« 日本がTPPに参加するとどうなるか…中野剛志し講演会 | トップページ | 黄金世紀の序章の始まり! »

現在の民主党政権を考える

 今日は最後の締めくくりとして、現在の民主党政権について考えます。

 国民の多くは、少なからずこう思っていると思います。こんな筈ではなかった、もっと我々の気持ちを汲んで、政策に生かしてくれる政党だと思って民主党に投票したのに…。

 この事は怒りになって国民一人ひとりの心にわだかまっている筈です。民主党は先の衆議院選でマニフェストを掲げて庶民の心を掴み、政権交代を果たしました。しかし、いまやそのマニフェストを掲げた民主党の多くの政治家は交代してしまって、殆ど政権内に残っていません。いまや現政権を動かしているのは別のグループとも言える政治家たちなのです。これを民主党Bというそうです。

 つまり、民主党Aとは小沢氏や総理大臣になった鳩山由紀夫氏などであり、本来の政権交代を果たした民主党正統派ですが、民主党Bは現政権を運営している野田総理を始め、菅前総理や前原仙谷氏などのグループを指すいわばクーデター派なのです。

 つまり、増税やTPP推進など、民主党Aのグループが掲げた政策とはまったく異なる政策を強引に推進しているグループなのです。

 特に菅前総理は消費税増税を参議院選前に掲げましたが、見事に惨敗し、勝利確実と言われた選挙に見事に敗れて今日の衆参ネジレ国会の原因を作りました。本来ならこの時点で菅氏は即交代すべきだったのですが、先の内閣不信任騒ぎの時のように居座りを決め込んで国民の顰蹙を買った訳です。

 また、その上に第三の開国と称して貿易関税の撤廃を目指してTPP推進を総理就任演説の時に突然政策の先頭に掲げ、結果的に今日の野田政権の暴走を招きました。日本の貿易の差別的不平等条約の典型と言われた戦前の関税自主権は小村寿太郎という先見的外交官によって回復されていたのです。

 つまり、私が言いたい事は、現在の民主党Bの政治家たちは元の民主党Aのグループの政治家とはまったく正反対の政策を推進しようとしている点であり、それを国民の審判を正当に受けた訳ではなく、国会で強引に進めようとしている事にあるのです。

 この事は、国会議員の資格喪失であり、言わば憲法違反なのです。植草一秀氏がこの事を見事に突き詰めて述べています。

 言葉を換えて言えば、現在の民主党Bのグループがやっている政策は国民の審判を受けていない騙し打ちの政策なのですから、国民の多くは自分たちが選んだ訳ではない国会議員の政策を、まるで騙し打ちのように実行され、増税やTPPの推進に突き進まれている、という訳です。これでは国民は堪ったものではありません。

 これほど不条理な事はありません。まさに菅前総理が総理就任演説の時に言った、不条理を正すという言葉そのままの裏返しなのです。また、政権交代前の民主党は、自民党に対して、政権のたらい回しはするな、と批判していた筈です。まさに今の民主党Bグループのやっている事は政権のたらい回しではないですか。これほど恥さらしな事はありません。

 この際は、以前の自民党時代に戻れという屁理屈は言いません。しかし、現在の民主党Bの政治家たちのやっている事は、自民党時代の新自由主義政策と何ら変わる事はないばかりか、むしろもっと酷い新自由主義政策であり、市場原理主義の怪物なのです。

 皮肉な事に、現自民党が唱えている国民の信を問い直せ、というのは当を得た議論なのですが、その自民党は同じ穴のムジナに過ぎません。確かに今選挙をやれば民主党は大敗するでしょうが、そうかと言って昔を今に返すような愚を犯しては何にもならないのです。

 いまは何をすればいいのか。それは、政治の根本を換えるしかないのです。つまり、既存の手垢にまみれて陳腐化し、利権化した政治手法を我々国民の手に取り戻し、1%の富裕層や企業家、官僚や、多国籍企業の手から政治権力を取り戻し、マスメディアの情報操作に左右されない前の自然な形の政治を行う事なのです。

 これは言うに易く、行うに難い、難問ですが、やって出来ない事ではありません。それには我々一人ひとりが自覚を持って選挙行動を行う事なのです。つまり、現在の国会議員の一人ひとりは我々が選んだに他ならないのですから。今こそこのような草の根運動にも等しい運動を起こさなければならないのです。

 皮肉な事は他にもあります。小沢元代表は、今、離党や分派行動を起こせば、先の衆議院選で政権交代を果たした意味が無くなる、と民主党員の自重を促しているようですが、これこそ無意味な事に他なりません。

 いまTPP反対を訴えている国会議員は民主党、自民党やその他の無所属議員を含めて400名以上に達しているという事です。今こそこれらの勢力を糾合して新しい政治を行うべき時ではないでしょうか。

|

« 日本がTPPに参加するとどうなるか…中野剛志し講演会 | トップページ | 黄金世紀の序章の始まり! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/42877535

この記事へのトラックバック一覧です: 現在の民主党政権を考える:

« 日本がTPPに参加するとどうなるか…中野剛志し講演会 | トップページ | 黄金世紀の序章の始まり! »