« TPP=貿易自由化の正体、そして、オキュパイ・デモの正体!! | トップページ | 年初来安値を更新して来た東証株価指数 »

イタリア国債が再び金利7%台に上昇

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111115-00000144-jij-int

 イタリア国債が首相交代にも拘わらず再び7%台に上昇し、更なる危機に直面しています。ある情報では、スペインも国債が売られ易くなっており、ヨーロッパの金融不安はこのまま終息する事はなく、最終的には金融崩壊してユーロは終焉を迎えるだろうと予測されています。

 これにつれてアメリカ・ウォール街の金融不安もいずれピークを迎え、やがて崩壊に至るだろうと予測されています。

 これは必ずしも世界の経済が崩壊する訳ではなく、より健全な経済体制へ向かう準備段階である、と見なされるべきです。また、これまで世界をリードしてきた巨大銀行はすべて倒産し、各国の中央銀行も閉鎖されるでしょう。 

 このような状態は見た目には金融崩壊のように見えますが、決してそうではありません。グラミン銀行はイルミナティに乗っ取られましたが、やがて新しい貴金属に裏付けられたより健全な貨幣制度の基に、新しい経済体制が造られるでしょう。その時が『黄金時代』の夜明けになります。

 まさしく1%の富裕層が99%の国民を支配する時代は終わりつつあるのです。これはまさにNESARAの実現に他ならないのです。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4014191.html

|

« TPP=貿易自由化の正体、そして、オキュパイ・デモの正体!! | トップページ | 年初来安値を更新して来た東証株価指数 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/43026811

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア国債が再び金利7%台に上昇:

« TPP=貿易自由化の正体、そして、オキュパイ・デモの正体!! | トップページ | 年初来安値を更新して来た東証株価指数 »