« 天木直人氏のブログより…亀井静香が本物か偽物か、それが11月8日に分かる | トップページ | 米倉経団連会長の発言 »

依然として下がり続けるヨーロッパの株価とイタリア国債

 G20では殆ど何も決まらないないまま閉幕しました。例によって日本の大メディアは何ら意味のある報道を行いませんでしたが、G20が何の意味もなかった事は、その後のヨーロッパ各地の株式市場の値動きに表れています。

 NYの株式市場は今日から夏時間が終わり、一時間遅れで開きますのでまだ株価の最新情報は入っていませんが、月曜日の常で下がって始まっても不思議はありません。

 それと時期を合わせるように日本の自動車メーカーのトップが顔を揃えた途端、円高が止まっています。為替相場に介入したのは間違いのないところです。いずれにしても、上がるにしろ下がるにしろ、今日のNYダウの値動きが注目されるところです。

|

« 天木直人氏のブログより…亀井静香が本物か偽物か、それが11月8日に分かる | トップページ | 米倉経団連会長の発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/42919762

この記事へのトラックバック一覧です: 依然として下がり続けるヨーロッパの株価とイタリア国債:

« 天木直人氏のブログより…亀井静香が本物か偽物か、それが11月8日に分かる | トップページ | 米倉経団連会長の発言 »