« 11月9日に何かが起こる? | トップページ | 米・英、対イラン戦に備える »

世界を変えるNESARAの謎

 私は先日のふるやの森に掲載された2003年のマシュー・メッセージに大きな刺激を受けました。

 それで、平成16年(2004年)12月12日に明窓出版から刊行された、ケイ・ミズモリ氏著の『世界を変えるNESARAの謎』という本を読み返していました。

 NESARAについては不肖私も、平成20年3月17日に同じ明窓出版から『ヤヌスの陥穽』という名称で本を出しました。きっかけはアメリカFRBの欺瞞と日本財務省の陰謀の連鎖、というものでした。

 私の本はともかくとして、ケイ・ミズモリ氏の本は以前から気にはなっていました。それで今回、ふるやの森の記事をきっかけにして読み返してみたのです。

 それでふと感じた事は、今回のマシュー・メッセージが2003年の日付けであり、NESARAが一体どの時点で、どういう経緯で表に出て来たのか、という疑問でした。

 NESARAがクリントン大統領時代二期目の最末期、2000年3月9日に極秘裏に米議会を通過し、署名もされて公布を待つばかりになっていたのに、不可解な事に今日に至るも厳密な緘口令が敷かれ、今だ公表も公布もされず、日本に至ってはNESARAという名称さえ、疑わしく胡散臭いものと見なされ、一般にはマスメディアにさえ登場することもなく、闇に葬られたままである事でした。

 何で日本ではNESARAのネの字も報道されないのか、これほどTPPについてマスゴミが騒いでいるのにおかしいではないか、と思ったのです。このウラには必ず何かある、と睨んだのです。

 それとは反対に、アメリカ国内ではTPPについて、一般国民にはまったく知らされておらず、メディアの報道も皆無である事が判明し、胡散臭い限りだと思ったのです。

 それで、この本をいま一度読み返してみて解った事があります。それは今日のヨーロッパの経済危機、ギリシャの債務問題、イタリアの経済(社会)不安がEUの成立とまったく無関係ではなかった、という事でした。

 ご承知のように、EUはイルミナティが陰で画策して成立したようなものなのです。イルミナティはあくまでも陰に隠れた存在であり、表向きはCIAが中心になって動いていたのです。その中には日本に対する働きかけも含まれています。何と、CIAは日本の暴力団や宗教団体にさえ働きかけていたのです。その意味で日本の数ある新興宗教団体のほとんどはCIAの影響下にあると見て間違いはありません。

 その事と、NESARAとどんな関係があるのか、と一般の人は疑問に思われるでしょう。

 つい先日、京都大学大学院准教授の中野剛志氏の講演を動画でお伝えしましたが、中野氏は“私も命を狙われている可能性がある”と言って、最後まで相手の名前を明かしませんでした。動画の提供先である飄平氏という人物は、それがロックフェラーである事を明かしています。

 つまり、TPPも元はと言えばアメリカイルミナティが働きかけの根源であり、日本の政治家や官僚のほとんどはイルミナティに動かされている、という事なのです。マスメディアもそうです。それで、なぜ日本のマスコミがNESARAについて報道して来なかったのかが解ります。

 また、ケイ・ミズモリ氏は後半部分で、表に出ているNESARA情報の元を書いている人物として、シャイニ・グッドウィン氏という女性が居る事も明確にしていました。アメリカでは、色々な場面でNESARA公布の要求デモが多数の人を駆り出して行われている事も日本とはまったく事情が異なる点です。

 さらに、ケイ・ミズモリ氏は、背景に精神世界や宇宙人からの働きかけ、およびチャネリング情報も含まれる、と書いています。つまり、いまの精神世界からの情報は、聖ジャーメイン、またの名をサンジェルマン伯爵にもある、と書いているのです。

 ここまで来ると、何が真実なのか良く解らない事になりますし、サンジェルマン伯爵など存在する訳がない、と、頭から否定する人もいるでしょう。しかし、必ずしもそうとばかりは言い切れないのです。

 話題を変えますと、前FRB議長、アラン・グリーンスパン氏もロスチャイルドと関係があり、グリーンスパン氏の二面性を示している、とも書いています。

 いずれにしても、いま現在、世界は猛烈な勢いで動いています。世界で起きているオキュパイ・デモもこの動きと無関係ではありません。それに、日本で起きている激しいTPP議論です。これらの根底にはNESARAがある、と言えば、大多数の人はそんな事はあり得ない、というでしょう。

 しかし、世界の動きは深い所で繋がっていると見るべきです。そして、この世界は大転換を起こし、まったく様変わりした世の中が一気に(一瞬の内に)出現する可能性があるのです。

 また、この事は、闇の勢力、イルミナティの崩壊と無関係ではないのです。世界は一般庶民の目覚めと、オキュパイ・デモのような力づくでない草の根のような運動によってまったく変わろうとしているのです。

 これらの動き(謎)は、ごく近い将来必ず明かされるでしょう。それに、日本では政変の可能性さえあるのです。これから数カ月間はこれらの動きから目を離せません。尤も、この見方は私だけの妄想かも知れませんが…。

|

« 11月9日に何かが起こる? | トップページ | 米・英、対イラン戦に備える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/42898868

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を変えるNESARAの謎:

« 11月9日に何かが起こる? | トップページ | 米・英、対イラン戦に備える »