« アメリカ、対パキスタン作戦を画策 | トップページ | 世界は変わる! 資本主義は崩壊する! »

安倍晴彦元裁判官、冷遇の果てにすべてを語る

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_82ae.html

 この映像を見る限り、日本の裁判制度は少なくとも文明国ですらありません。裁判官には俗に言う『ヒラメ裁判官』というのが現実に居る、という事が実感として理解できます。

 こうして見ると、小沢元代表の3人の元秘書の裁判も起るべくして起こった裁判結果である事がよく解ります。

 このままで行けば小沢元代表の裁判自体も大変危惧されます。これは三権分立の危機であり、民主主義の危機でもあります。いや、もともと日本には先進国並みの三権分立も民主主義も根付いていなかったのかも知れません。それほどお粗末な裁判制度であり、議会制民主主義の形骸だけなのです。

 今日も参議院の特別委員会の審議に於いて、質問に立ったみんなの党の議員が小沢元代表の国会招致を声高に叫んでいましたが、これなどは現在裁判中である事、小沢元代表が何度も不起訴になり、結局最後の手段として検察審査会の強制起訴に依らざるを得なかった事など、まるで無視しています。

 こんな国会議員や裁判官などではまともな国の制度とは到底言えず、特に国会議員などは国民の投票行動によって選ばれている訳ですから、国民に民主主義が根付いていないという事になります。

 まったく嘆かわしい限りです。

|

« アメリカ、対パキスタン作戦を画策 | トップページ | 世界は変わる! 資本主義は崩壊する! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる通り本当に異常な国ですね。この日本という国は既に国家としての機能・形態を完全に失っています。国家の運営に携わる政府の政治家・官僚・裁判官は、信じがたい話ですが、人でなし犯罪者の巣窟と化しています。医者や教師、警察官もろくでなし集団と言っていいほど、人間としての倫理観・道徳観、自己判断能力すら無くした犯罪国家の家畜と成り下がってしまったようです。今の内閣の異常な顔ぶれを見ただけで、まともな人間なら吐き気を催さずにはいられません。政治家としてというよりは、人間としての能力・資格がゼロゆえに辞任に追い込まれた殺人菅直人政権のメンバーが居ること自体がまともではないにも係わらず、売国新聞やテレビでは問題視もされません。暴力団献金、外国人献金問題をとってみただけでも腹が真っ黒な無能売国の前原、「ただちに健康に影響はない」発言等自分の子供以外の被曝・殺人旗振り役の枝野、小学生の学級委員にも劣る安住、単なる元クラリオンガール・お飾りでしかない蓮蓬、総理大臣の野田にいたっては濁りきった目つきと醜い顔つきからして一国の責任者の資格すらなく、目を覆いたくなる連中ばかりです。本来刑務所行きの筈のコイツらが何故大臣なの?「何故この国はこれ程までに悲惨な国に成り果てたか」この連中の顔ぶれを見ただけでそのあとの二の句が継げません。国が正常な機能を果たさないどころか、異常な発狂政府である以上、もはや我々国民にとっては法律遵守の義務すら意味がない国なのではないでしょうか?大暴動から強姦、殺人が横行する国家の無政府状態が迫っている可能性の予感すらあります。ただ一つだけはっきり断言したいことは、世の中の最終的な結果責任は、我々大人の国民一人一人にある、ということです。無能売国政治家どものせいでもない、破廉恥裁判官やアメリカの家畜官僚、犬に飼われた犬のテレビ大新聞のせいでもない。この国が滅びる責任と原因は我々成人国民一人一人にあるのです。

投稿: コムロ | 2011年10月 7日 (金) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/42328734

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晴彦元裁判官、冷遇の果てにすべてを語る:

« アメリカ、対パキスタン作戦を画策 | トップページ | 世界は変わる! 資本主義は崩壊する! »