« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

平野貞夫氏の永田町漂流記…ロッキード事件に見る検察と裁判の不条理

http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2011/10/78.html#more

 私はこの平野貞夫氏の書籍を持っていて、平野貞夫氏がなぜこの隠された真実をはっきりと公表しないのか、疑問に思っていました。

 もちろん今の石川被告や小沢裁判における構図とは同じではありません。しかし、田中角栄元首相の事件は二つの点で「無罪であった」とはっきり書いています。つまり、田中巨額金脈事件は捏造された事件であり、ある意味で「冤罪事件」であった訳です。

 ならば、誰がこの事件のウラ側にいたのか。

 ここでも、平野貞夫氏ははっきりと書いてはいませんが、匂わせています。

 今この本が廃刊になって手に入らないといいます。これには驚きました。また、この本が刊行された時、朝日新聞が動いていて隠された真実を表に出そうとしていたのに、なぜか途中で急に中止になった、というのも不可解な話です。

 日本を牛耳っていた政治の流れには、二つの大きな流れがありました。旧清和会系と小沢氏が属していた旧田中系です。

 この二つの大きな流れには決定的な大きな違いがあります。梶山静六氏、小渕元首相、竹下元首相、橋本龍太郎元首相、等々、いずれの政治家も非業の死を遂げているのに対して、元清和会系の政治家はすべて安泰で政治生命を全うしているのです。

 何かおかしいと思いませんか。確かにウラには隠された真実があるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

国会はTPP問題で菅直人と毎日新聞を証人喚問せよ

http://www.amakiblog.com/archives/2011/10/31/#002071

 私は新聞を読みません。だから新聞の書いている事は分からない、などとは決して言いません。こういう風にして様々な有為の人が新聞を読んで分析して解説してくれますから読む必要性をまったく感じないのです。却って新聞を購読する事によって下らないマスゴミを増長させるよりは、世論形成に役立つのです。

 ここに書かれている天木直人氏の記事はそれを証明しています。何故日本にこんなに売国マスゴミが氾濫しているのでしょうか。それはやはり庶民が新聞こそ社会の木鐸だと信じて購読しているからです。国民みんなが抗議の意味で新聞購読を直ちに止めれば、新聞社は悲鳴を上げて真実を書き始めるでしょう。そういう意味でもNHKが最も始末に負えません。公共放送の鎧を着てやりたい放題です。

 いつかこんな時代が解消される事を願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPPに関して新たな秘密文書が漏洩

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/pharmac-3597.html

 このような指摘を受けても、まだ野田総理はTPP参加を強行しようとしています。この売国行為は度を越しています。米・官・業・政・電の悪徳ペンタゴンは着々と国を売る算段を進めています。内容はこの記事を熟読して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴らしき1%の世界~橋本勝政治漫画再生計画第267回

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/ad7fdec6ea14193d1613c4dfe0f34f5f

 とうとう政治漫画の世界にも1%の富裕層と99%の搾取される層との問題が取り上げられる事になりました。オキュパイ・デモは全世界に拡がり、やがて世界を大変革する力を持つようになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPP交渉は米韓FTA交渉の二の舞以上だ

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/88344ad5ac27b36915c5655dbb116e33

 米韓FTA交渉の結果、韓国内で何が起こっているのか具体的に知る日本人は少ないようです。また、TPP交渉に賛成の世論調査の結果は60%以上に上るというのも不可解な話です。

 これは多分に新聞社の世論調査の意図的な作為があったものと思われます。いずれにしても国会議員400名以上が反対しているTPP交渉に、野田内閣が前のめりになっている現状は異常以外の何ものでもありません。

 こうなれば、革命でも何でも起こして阻止しない事には日本は壊滅します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節外れの大雪でも…NYの反格差デモ続く

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C81818A9993E2E2E2E78DE1E2E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 NYは29日季節外れの大雪になりました。しかしそれでも寒さに凍えながら反格差デモは続けられました。この事は、99%の人が残りの1%の富裕層のために搾取されている事を如実に示す証拠となりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

野田総理の所信表明演説…城内みのる氏のブログから

http://www.m-kiuchi.com/2011/10/29/nodarousinosyhosyoshinhyoumeienzetsu/

 ここにも一人極めて常識のある政治家がいました。国民の一人当たりの借金額を野田総理は述べた積りでしょうが、それは財務省の騙しの論理の受け売りであり、その事を極めて明確に述べています。即ち、生まれたばかりの子供に多額の借金がある事や、まだ国民的合意が得られていないTPP参加に舵を切った事に対する痛烈な批判です。

 野田総理を無能な政治家だとこきおろしましたが、反面では城内議員のように極めて常識の豊かな政治家もいる事に、ほんの少しだけ救われた思いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TPP交渉参加へ、首相 シンガポールに伝達方針

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011102901000705.html

 とうとう野田首相はTPP参加に舵を切ったようです。これほど日本にとって不利益になる事が明白な交渉に、日本国民全体の意志を確認するでもなく、大企業や官僚の言いなりになって国を売るとは何たる事でしょうか。現民主党政権はこれで内閣崩壊に陥るでしょう。

 大企業と言っても多国籍企業が殆どで、日本に本拠を形だけ置く利権追及のみの巨大企業であり、官僚はもともとアメリカに洗脳されています。マスメディアは売国奴の総本山です。植草一秀氏の言う、米・官・業・政・電の悪徳ペンタゴンに身も心も売り渡した格好です。

 これで日本の将来は終わったも同然です。韓国はアメリカとの二国間FTAによって既に国が売られました。その結果、ソウル市長選は野党の勝利に終わったのです。日本はTPPによってアメリカに乗っ取られるでしょう。

 ただ、その前にアメリカが崩壊し、日本もアメリカに食い尽されて、国が壊滅状態になる事でしょう。野田総理がこれほどの無能な宰相である事は、日本国民にとって最大の不幸です。こうなれば一日も早く野田内閣を内閣不信任なり民主党分裂でも引き起こして罷免に追い込まなければどう仕様もありません。

 野田氏はもう少し常識のある政治家だと思ったのは私の買い被りでした。日本を含めて、この世界から利権複合体を追放し、真の民主政治を取り戻すために、今こそ我々は立ち上がらなければなりません。

http://headlines.yahoo.co.jp/commercial/videonews/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田首相がTPPで暴走するなら内閣不信任だ

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-3d04.html

 まったく植草一秀氏の言うとおりです。この上、財務省の言いなりになって、増税路線を突っ走っているとするなら、内閣不信任はまっとうな議論です。これで国民が納得しない訳がありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TPP参加はまさに平成の壊国

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/f6ff72a9fcbe4a0721440ae7ad1a7680

 TPP参加は正に平成の壊国です。他に何も言う事はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税増税の国際公約とは何事だ!

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-8df4.html

 野田首相は消費税引き上げを国際公約にする、と吠えました。これを聞いて私は呆れました。「国際公約とは何事だ」と。これでこの首相の政治信条は完全に終わりました。

 国民の生活が第一の民主党の第一の政策を看板から引き下ろし、財務省などの言いなりになって、政治主導の看板が泣くような公約を掲げ、鳩山元総理が「私の任期中は消費税を上げない」という公約もあっさりと変えました。これで完全に終わりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TPPの全容が明らかにされた!

http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-7451.html

 これではまさしく、国の形が変わってしまうほどの酷い事になります。ヤツラは売国奴だけではありません。守銭奴です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円、連日の最高値更新、1ドル75円67銭

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011102701000965.html

 円の最高値更新が止まりません。現在1ドル75円67銭まで値上がりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマラヤの貴婦人と呼ばれる幻の蝶、ブータンシボリアゲハ再発見!

http://www.asahi.com/science/update/1027/SEB201110270025.html

 今晩はちょっと気分を変えて和やかな再発見のニュースをお伝えしましょう。幻の蝶と呼ばれてイギリスの博物館にしか展示された事がなかったヒマラヤの貴婦人と呼ばれる珍しい蝶が、日本の調査団によって80年ぶりに再発見されました。

 いま、NHKのニュースウォッチナインで見る事が出来ました。なるほど優雅で見事な大型の蝶です。こんな蝶がこの世に存在するなんてまるで奇跡のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊上杉隆…小沢一郎氏会見における『諍い』に関する読売新聞の記事に反論する

http://diamond.jp/articles/-/14608

 私もこの上杉隆氏の反論に全面的に同調します。読売新聞の恒次記者のやり方はルールを意図的に無視しています。記者会見の前後から通して見て見れば上杉氏や岩上氏の別室でのやり取りが些か不穏当な言葉使いがあったとしても、恒次記者に対する抗議は妥当なものです。

 こういう意図的な印象操作をやるところに、我々一般読者はマスメディアに対する不信感を拭いきれないのです。もうこう言う取材テクニックは止めにしなければなりません。最も顕著なのが裁判における検察の取り調べ過程の全面可視化です。これが実現すると裁判はまったく様変わりするでしょう。

 もっとも、裁判官の中にも、登石氏のような異常な裁判官もいますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リビアで二度と見られなくなる16項目

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/16-6517.html

 この中のほとんどがそ通りだとしたら我々は何と判断するでしょうか。特にTPPに関しては日本政府はとんでもない大ウソをついてまで強行しようとしています。

 カダフィのやった事をすべて悪いと非難する事は簡単です。しかしそうするには正しい検証が必要です。

 反対に日本のマスメディアはプロパガンダ報道に徹して真実を報道していない事に気付く必要が我々にはあります。

 いずれにしても、カダフィ大佐のやってきた事は、かなり捻じ曲げられて伝えられています。

 同じような事がイラクでも起りました。故フセイン大統領はアメリカの軍産複合体によって潰されたのです。

 ただし、カダフィ大佐のやった事をすべて肯定する訳ではありません。しかし、少なくとも厳しい検証が必要である事は確かでしょう。

 また、キューバのフィデル・カストロも独裁者というレッテルを貼られて何度も暗殺されかかりました。この事も我々は良く知る必要があるでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ソウル市長選、野党の朴氏当選

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111026-00000123-mai-kr

 ここで韓国ソウル市長選の結果を伝えるのは大きな意味があります。それは、韓国では来年大統領選があり、野党が勝利したという事は与党が国民に支持されないという事に繋がり得るからです。

 いうまでもなく、韓国は直前に米国とのFTAの交渉が政府によって強引に妥結し、国民に批判を受けた可能性が高く、わが国もTPP参加にするかどうかによって国論が二分し、野田内閣が大きな批判に晒される可能性が高いからです。

 下手をすると日本の野田内閣も韓国与党の二の舞になるかも知れません。いや、その可能性が高まったと見るべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第11回TPPを慎重に考える会、勉強会

http://www.ustream.tv/recorded/18111050#utm_campaign=synclickback&source=http://iwakamiyasumi.com/archives/14048&medium=18111050

 現在、国会議員の多くを巻き込んで喧々諤々の議論が起こっています。しかし、かなり多数の議員はTPPの本質を掴んでいないか、わざと議論の方向を目晦ましさせて方向を別な面に向けさせようと企んでいるフシがあります。

 つい先日、評論家の内橋克人氏がNHKの朝のラジオ番組で反対意見を述べていました。内橋氏の論旨は明快で、この国の形が変わってしまう危険性がある、と警告していました。

 今回の勉強会の模様を良く聞いて皆さんが自分で間違いのない判断をして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩手のがれき処理、超大手の新日鉄が落札!

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2011/10/post-6170.html

 この国はどうしようもなく腐っています。本来なら地元企業が落札してしかるべきところを、超大手企業がかっさらって行くんですから。何をかいわんやです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公務員宿舎問題、騒ぐ国民がおかしい?

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111026/plt1110261138003-n1.htm

 一体民主党政権は何を考えているのか。思い違いも甚だしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYダウは乱高下を繰り返し、ドル/円は史上最高値を更新中

 現在、NYダウは100ドル余り値下がりし、乱高下を繰り返しています。また、為替市場はドルが史上最高値を更新し、明日の朝にはどうなるのか予想も付きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは何だろう?

http://blog.chemblog.oops.jp/?day=20111024

 この映像は一体なんでしょうか。私が唯一知っているのは、オスカー・マゴッチ氏の著した「我が深宇宙探訪記」(上)の中に出てくる、異次元の地球で、この地球にはノヴァ・テラという緊急避難用の施設が隠されているという事です。でも、これは中間次元にある筈ですからこんな映像に映る筈はありませんが…。この映像はケムログさんから拝借しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TPP参加を推進する野田政権やマスコミの愚

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/9effffa421d47243b50735143b028e76

 TPPが日米間の最悪の不平等条約である事は、米韓FTA交渉でも明らかになっている筈です。にも拘わらず、何も言わずにTPP推進を叫ぶ野田政権やマスコミは完全な売国勢力です。この事は何度言っても言い過ぎる事はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石井紘基、日本病の正体! 石井紘基議員刺殺9年

http://enzai.9-11.jp/?p=7380

 皆さんの中には、石井紘基議員の名をもうお忘れの人が多いかも知れません。しかし、石井議員刺殺事件の残した衝撃は決して忘れてはならないものです。この映像にはその一部が記録されています。本日は彼の命日なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法部を巻き込んだ小沢一郎議員攻撃 講演会

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_fb9a.html

 これに関しての説明は不要でしょう。まずは全部の動画をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラクの夜明け!

http://www.tanakanews.com/111023iraq.htm

 この記事は重大な意味を持っています。アメリカの軍産複合体、即ちイルミナティがとうとうオバマの軍門に下ったと言う事です。

 この記事にもある通り、オバマの発表にはウラがあるのではないかという憶測は確かにあるでしょう。しかし、歴史はそのようには動いていません。アメリカ国防省のパネッタ長官は多分オバマ大統領と相談した上でアメリカのイラク撤退を発表した筈です。(パネッタ国防長官はオバマ大統領の腹心である事が公然の秘密です)

 いよいよ世界に平和が到来する可能性が出て来ました。それにしても、時を狙ったかのようなトルコの地震発生は、トルコのイラクへの影響力増大を恐れたイルミナティの最後っ屁のような気がしますが…。

※参考http://enzai.9-11.jp/?p=8232

| | コメント (1) | トラックバック (0)

弁護士郷原氏、大阪府知事選出馬を断念

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000353-yom-pol

 大略は今日の天木直人氏のブログ記事で知っていましたが、経緯はこの記事で知りました。橋下前知事が大阪市長選に出馬する事が決まったため、民主党の要請により郷原信郎氏が大阪府知事の後釜として出馬を検討していたものです。

 郷原氏が出馬すれば、極めて激しい選挙が予想されていただけに、一転して大阪府知事選は普通の選挙戦に成り下がった格好です。一方の大阪市長選に立候補する橋下氏は、自分の思い通りの選挙戦が戦えるでしょう。結果はどうなるか解りません。

 それにしても、佐賀県の玄海原発を巡る九電と古川知事のやり方は民意を踏みにじるものでしかありません。

http://www.amakiblog.com/archives/2011/10/24/#002065

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコでマグニチュード7.2の大地震発生!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111023-00000595-yom-int

 このブログでトルコの大地震を取り上げるのには理由があります。それは、日本が原子力発電所を輸出しようとして経済産業省を中心にして活発に運動していたからです。

 日本は福島第一原発の事故でもまだ懲りていないと見えます。原発は毎度言うようですがトイレのないマンションと同じで、人類には核のコントロールテクノロジーを今だ保有していないのです。

 それなのに、トルコにも輸出しようと経産省を中心にして活発に運動していたところに今回の大地震です。これがもし原発建設後だったらどうするのでしょうか。政府・官僚の節度の無さに呆れ返ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKのビジョンなき値下げ論議

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111023-00000063-san-soci

 NHKが値下げ論に揺れています。しかし、根本的には公共放送のあり方そのものを抜きにしてNHKの公共放送としての存在が語れない筈です。今のように国民に背を向けた報道姿勢、捏造に近い番組を平気で放映するようでは、その価値がどこにあるのかすら考えさせられます。

 言うまでもなく一般視聴者はマスメディアに対して無防備です。国民世論は、NHKを始めとするマスメディアに弱いのです。つまり、俗に言う“マスゴミ”にコントロールされていて、何が自分の意見なのかさえ分からなくなっているのです。

 こんな状態で果たして国民一律に支払う視聴料に合目的性があるのでしょうか。既に一部の有識者はNHKの視聴料徴収方法に疑問を呈しています。

 確かに、NHKは優良な番組も制作しています。ですが、その陰に隠れて悪質なヤラセに近い番組や、政府のちょうちん持ち番組も数多く存在します。このような状態を放置して値下げや値上げを論議する事の無意味さをもっと考えるべきです。

 極論すれば、今のままではNHKの存在価値はありません。

 また、地デジ化などという下らない施策で一般大衆からテレビの買い替えを強要したため、却って家電メーカーは苦境に陥り、現在極端なテレビ価格の値下がりを経験しています。これなどは目先の利益ばかりを追求した結果が、政府・家電業界の浅はかさを露呈しただけだという事を如実に示しているのではありませんか? まったく浅はかの極みというべきです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カダフィ殺害は、シオニストによる殺害というよりも地球上の利権政治の終焉を示す

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/631/

 この記事について、多くを語る必要はありません。地球における利権に基づく支配が終焉したという事に過ぎません。つまり、人間の大部分を奴隷にして支配しようとする企みはもう終わったという事です。欲得づくの時代は終わったといえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田正彦前農相、野田政権がTPP参加なら離党も否定せず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111023-00000015-jij-pol

 山田正彦前農相はTPPを慎重に考える会の会長です。その山田会長のもとに民主党議員を中心に国会議員200名が結集し、何回も勉強会を開いていて、度毎に有名な講師を招いて有識者の意見を聞いています。

 ですから、山田前農相にはTPP参加に慎重な考え方が根付いているのです。それを無視してアメリカの要求に唯々諾々と応ずるようなら現民主党政権は空中分解する可能性さえあります。野田総理はそれを抑えてまでTPP参加に踏み切れるかどうかが今後の焦点になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小沢一郎氏周辺事件が示す日本民主主義の危機

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-3d0e.html

 久しぶりに植草一秀氏のブログから引用します。植草氏の言われる通りですが、これ以外にもマスゴミと称されるマスメディアの暴走、歪んだ報道、これらの背後にアメリカCIA等の存在があります。この事を抜きにしては日本の危機は語れません。

 しかも、日本の現民主党政権はTPPを始めとするアメリカの隠然たる要求に前のめりであり、極めて危険な状態です。

 今こそ、日本に真の国益を確保する政権の誕生が希求されますが、まさに民主党は二分状態であり、菅政権に引き続いた野田政権では到底この難局は乗り切れそうにありません。菅政権が無能を理由に政権を下ろされた訳ですが、それ以上に菅政権を引き継いだ野田政権はアメリカに前のめりです。

 このままでは日本は崩壊です。この危急の時に国を救える政治家は小沢一郎氏以外にはありません。

 しかし、マスゴミはこぞって小沢批判を続けています。これを普段見聞きしている一般大衆はまさに洗脳状態に陥っています。国論は真っ二つに割れているのです。しかも正論を言っているのは少数派なのです。

 事ここに至っては、奇跡を望む以外に無いと思うのですが…。

 奇跡とは神頼みのように思えますが、決してそうではありません。古い話ですが、マリリン・ファーガソンという社会学者が『アクエリアン・コンスピラシー=水瓶座の陰謀』という書物を表したのは決して偶然ではないのです。庶民の草の根運動=何の組織も持たない一般大衆の無意識の革命意識、これこそが世界を変え得るのです。これを正に奇跡というのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒次徹読売新聞記者に対して自由報道協会の上杉隆氏が文書で抗議!

http://alcyone.seesaa.net/article/231654060.html

 この時の情況は、先のブログでアップした通りです。上杉氏はよほど頭に来たのでしょう。また、余りにも目に余る質問に、耐えかねたものと見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎氏記者会見の後の読売新聞と岩上安身氏と上杉隆氏、畠山氏等とのバトルの模様

http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/archives/51924029.html

 この記事の後に、大変重要なビデオシーンが出て来ます。この内容は私も知りたいと思ってIWJ等を探していたのですが、どこにもありませんでした。たまたま今日このブログを見ていたらそこにありましたからアップして置きます。

 問題の読売新聞の記者は平身低頭に受け答えしているように見えますが、岩上氏と上杉氏の気迫に圧倒されて、しどろもどろになっている様子が良く解ります。

 さすがにIWJはこの映像を流していません。上杉隆氏も同様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由報道協会主催、常岡浩介氏記者会見

http://www.ustream.tv/recorded/17864262#utm_campaign=synclickback&source=http://iwakamiyasumi.com/archives/13770&medium=17864262

 このビデオは些か時間が経過していますが、聞く価値は充分あると思われますのでアップしました。これを見て痛切に分かる事は、日本のテレビメディアの劣化ぶりです。

 それと、世界の情勢は現地で何が起こっているのか、フリーランスのジャーナリストたちの決死の取材によってしか報告されないと解りようがないという現実です。これを噛み締め見る必要が充分あります。その典型がアフガン戦争であり、イラク戦争である訳です。逆説的になりますが、イラクで高遠菜穂子さん等3人が人質になった時、政府(時の総理大臣・小泉純一郎氏)が言った『自己責任』という無責任な発言はその典型です。

 困難を承知の上で取材を重ねている、フリーのジャーナリストに敬意を表するとともに、我々が如何に井の中の蛙状態に置かれているのかを知る必要があります。

 常岡氏が何度も言っている言葉に、人類を分断し、戦争を起こさせている原因は言葉にある、という事に重みを感じます。一体何が世界で起っているのか庶民が良く知らないという事が身に沁みて解ります。

 このような状態は人類が来るべき『黄金時代』に入れば、たちどころに解決されるだろう事が期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北を放置して、韓国に5兆9000億円もくれてやる野田政権

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0c6a89ad5ae78b7d8418f94a088bebd2

 この記事の重要なところは、自民党の旧田中派の流れを汲む経世会と、現在の自民党の主流派になっている清和会の余りにも極端な差です。これは政治家というよりも、官僚とマスゴミが結託した結果であり、小沢一郎氏の政界からの抹殺の動きもそこに原因があります。

 野田政権は、民主党の流れの中で、本来なら自民党とは別な政治を行う筈なのですが、そうはなっていません。政権交代を果たした小沢一郎氏や首相となった鳩山由紀夫氏とは、まったく違った政治を行っているのです。

 その違いをこの記事の筆者は小泉純一郎氏と同じだと断じていますが、それだけではありません。小泉構造改革の流れよりもさらに悪辣なTPP導入を図り、韓国に5兆9000億円もくれてやるような売国政治を行っているのです。

 この背後には、言うまでもなく日本の政治の中に於ける官僚組織と売国奴が存在するのですが、更にそのうしろには、アメリカ軍産複合体やCIAに牛耳られたアメリカのウォール街の金融マフィアが存在するのです。

 見て下さい、このやり方がすべて上滑りで、ユーロが事実上崩壊し始め、イギリスやアメリカ国内の歪(いびつ)な経済構造が浮かび上がって来ているではないですか。それを何とかカバーしようとして日本を韓国に協力させ、日本には更なる搾取を目的としてTPPを押し付けようとしているのです。

 野田政権はそれを唯々諾々として受け入れ、日本をアメリカに売り渡し、日本を骨の髄までしゃぶり尽くそうとしているのです。もちろんこれを支援しているのはマスゴミです。そのマスゴミは、読売、NHK、毎日、朝日等で、先日の小沢一郎氏の自由報道協会主催の記者会見におけるマスゴミ記者たちの悪意極まる質問にそれが表れているのです。

 地方へ行くと、野田政権とTPP参加批判が猛烈で、これに脱原発とで猛烈な政治批判が起きています。今の野田民主党内閣はこの事を見て見ぬふりをし、聞く耳を持たぬかのように脱兎のごとくアメリカ追随を続けています。

 これではいずれ近いうちに野田政権は崩壊し、まったく新しい政権が政治を行うように促しているのも同然です。

 いま、ギリシャやアメリカのウォール街で起きているデモ、ゼネストは野火のように全世界に拡がり、庶民は立ち上がって、政治を変えるよう要求し始めるでしょう。その日は近いと言えます。

 ※小沢氏の記者会見場におけるマスゴミ記者とフリー記者との場外バトルの様子http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111021/plt1110211119003-n1.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アテネに数万人結集、ギリシャ全土で2日連続ゼネスト

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011102001000855.html

 アテネで2日連続のゼネストが起きています。これはギリシャ国会が緊縮財政を可決したためで、国民はもう我慢の限度に来ている、と反発を強めています。

 このギリシャ危機をきっかけにして全ヨーロッパが崩壊の危機に直面する可能性があります。

 もちろん、アメリカにも飛び火しそうですが、結果は今晩からのNYダウの動きに表れる可能性があります。世界は俄然、風雲急を告げて来ました。

 これに加えて、中国も最近様子がおかしいとも伝えられています。今日の小沢一郎氏の記者会見の中でも小沢氏が最も危惧しているのは中国の経済状態だ、と述べている事でも解ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リビアのカダフィ大佐、拘束され死亡か

 ロイターやCNNの情報によると、カダフィ大佐は拘束され、その際に死亡したとの説が有力です。ただし、情報が交錯しており、NHKなどはまだ確認できていないとしています。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE0E2E2E7948DE0E2E3E2E0E2E3E39F9FEAE2E2E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/20 自由報道協会主催小沢一郎元民主党代表記者会見

http://iwakamiyasumi.com/archives/13713

 このビデオ記録は大変重要なものです。特に途中で読売新聞の記者が抗議ともとれるような質問をした事に対して、小沢一郎氏本人からとフリーランスの記者から文句が出たようですが、しまいの方ではビデオが切れてしまい残念です。

※朝日の記事はミスリードです。

https://twitter.com/#!/ozawa_jimusho/status/127314696754835456

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPPを慎重に考える会勉強会、金子勝慶応大教授他講演

http://iwakamiyasumi.com/archives/13701

 TPPを慎重に考える会の勉強会です。この会の後半では総務省等官僚側からも出席していましたが、かなり厳しい批判意見が出されていたようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アメノウズメ塾⑪!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_b0f6.html

 いまだにNHKは911テロをアルカイダとビン・ラディンの仕業とう言う報道を続けています。この事がいかにおかしいか、何度言い続けても言い足りる事はありません。もう一度この映像を見て判断して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分と子供を放射能から守るために…ウラジーミル・バベンコ講演会

http://iwakamiyasumi.com/archives/13520

 この講演者はチェルノブイリ原発事故の経験を踏まえた著作の作者です。大変参考になると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アテネで13万人のゼネスト!

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819499E3EBE2E1858DE3EBE3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9381959FE3EBE2E7808DE3EBE3E2E0E2E3E39C9CEAE2E2E2

 これは大変な事です。ギリシャ危機は全世界に波及する可能性が出て来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪会社東電…エイプリルフールのような日本の実話…ドイツニュース風刺番組

http://enzai.9-11.jp/?p=8120

 これを見れば、ドイツ人が東電と日本政府のやり方をどう見ているか良く解ります。情けないの一言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャ、今月二度目のゼネスト 政府の緊縮財政に抗議

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011101901000735.html

 これもオキュパイ・デモの延長線上にあります。ギリシャだけではありません。イタリアもスペインもアイルランドもストが発生する可能性があります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111019-00000604-san-bus_all

※アテネでは13万のデモ!http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819499E3EBE2E1858DE3EBE3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9381959FE3EBE2E7808DE3EBE3E2E0E2E3E39C9CEAE2E2E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォール街に拡がる報酬カットの波

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111019-00000991-reu-bus_all

 ただし、これは額面通りに受け取るには抵抗があります。いくら減ったとは言っても基が高いのですから、普通の庶民とは較べものにはなりません。

 ただ、オキュパイ・デモの影響もかなりあるでしょう。ウォール街は闇の勢力の巣窟なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平野達男復興担当大臣のバカ発言

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111019/plt1110191148002-n1.htm

 この発言の真意は確かに友人を思っての事でしょう。しかし、一般にはそうは受け取られない可能性があります。

 自民党などは、まるで挙げ足を取るかのように批判していますが、その方がどうかしています。

 ただ言える事は、どっちもどっちであり、目くそが鼻くそを笑うようで、まったく次元の低い話です。

 政治家はもっと国民目線で政治内容に邁進しないといずれ民意から離されるでしょう。その事は、民主党のみならず自民党にも言える事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もはや脱原発憲法を作るしかない!

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/b15149f7bd3333350b8e3eeb89085b20

 今回の橋本勝氏の政治漫画は、作画の秀逸性よりも書かれている思想の方が重要です。まぁ、橋本氏の政治漫画の根底には卓抜した思想があるのは言うまでもない事ですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田政権は小泉以上の売国政権だ!

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/901a5ba74e3fdd2c609f116d13cedab9

 まさにこの記事の言う通り。このままで行けば、日本はアメリカと心中して共倒れになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の株式市場はもはやコントロールできない状態に落ち込んでいる

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011101801000469.html

 今日の東証は137円余りの下落で、売買金額も落ち込んでいます。前日のNYダウも247円余の大幅下落になっていて、東証はこの流れを引き摺った形になっています。

 世界の株式金融市場はもはやコントロール不能の状態に陥っており、このままズルズルと低落現象が起きる可能性があります。

 これは、イルミナティの経済金融を支配する力が目に見えて衰えている事を示しているのかも知れません。ここ暫くは要注意です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

野田首相、TPP参加に強い意欲!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111017-00000064-jij-pol

 この記事を見て、日本は終わったな、と思いました。これから世界がどんな大変革期を迎えるか解りませんが、少なくとも今のままでは日本は終わりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウォールストリートのデモ行動にについてのマスメディアの反応

 先ほど午後5時からのNHKニュース解説に於いて、とうとうNHKもマスメディアの雄としてこのニュースを取り上げました。しかし、解説委員たる人物がデモに参加して取材をした訳でもなく、ただツイッタ―やソーシャルネットワークを見聞きしただけの情報量で解説していたのに驚きました。

 解説者は強引にアメリカ大統領選と結びつける議論誘導を行い、共和党やティーパーティ運動などの政治運動と結び付けてウォールストリートデモが強力な社会運動化する可能性は少ない、と断じていました。

 これはまったく世の動きを見ない偏狭な見解です。天下のNHKがこの有様ですから他の新聞・テレビ等の扱いも知れています。

 アメリカでは国民の99%が、残り1%の富裕層に支配され、搾取されている事lなどまるで眼中にないかのようです。また、ヨーロッパで何が起き、中東で民衆の蜂起が起きている事も無視しています。これで天下のマスメディアを代表するNHKが全国放送で情報を流すのですから呆れてものが言えません。

 少なくともデモ会場に出かけて行って、参加者の声を聞くなり、掲げているプラカードを見て、大衆が何を訴えようとしているのか、アメリカのウォールストリートまで行けとは言いませんが、NHKの支局がニューヨークにはある筈ですから情報を取る位の事は出来る筈です。それともそんな事は無視しているのでしょうか。

 世界が音を立てて変革しようとしている時に一体何を考えて情報を集めているのでしょうか。マスメディアは少なくともこの運動が世の中に広まるのを望んでいないようです。

 しかし、世界は大変貌を遂げようとしています。彼らマスメディアの記者連中にはまったく見えていないようですが、あっと驚くような出来事がこれから頻繁に起る事が予想されます。日本人はそうなればパニックに陥る可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

TPP議論が反小沢VS親小沢の代理戦争に

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111017/plt1110171541006-n1.htm

 この議論の後ろに親米VS反米=新中国の議論があるのは当然です。

 しかし、大切な事を見誤っています。それはアメリカ寄りだろうが中国寄りだろうが、いずれも世界の大変革の後には、生き残れないという厳然たる事実です。要するにTPPどころではないのです。

 世界はヨーロッパに端を発した経済危機により、金融資本主義さえ崩壊する可能性があるのです。その事を忘れたり、抜きにしては今後の世界のあり方を議論しても意味がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在の円高は世界最大の債権国にも拘わらず増税を行って震災復興を行おうとする愚かさに現れている

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/2a659555f6e92de853edb32dce5a8ddd

 まったく日本の野田政権は経済音痴が揃っていると言えます。しかも、財務省幹部はアメリカの方しか向いておらず、アメリカの国益のみを優先する政策を取っています。この国はまったく狂っているとしか言いようがありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

車で1000キロ、寿命で20年の蓄電池新技術開発!

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9C8197E09B9C99E2E38DE3E4E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 今朝の日経新聞にこう出ています。しかしこの記事は確かに画期的な新技術を紹介してはいますが、究極の新技術ではありません。

 ケイ・ミズモリ氏の書かれた、『超不都合な科学的真実』という本には、「誰が電気自動車を殺したのか――石油業界、政界、自動車業界を結ぶ危険な関係」という項目があります。

 この中には、将来的には水で車が走る可能性が書かれています。つまり、究極的には「フリーエネルギー」の可能性にまで言及されていますが、著者はフリーエネルギーの実現性にまでは言及されていません。

 ですが、既に日本には『オオマサガス』という極めて可能性の高い新技術が公開されているのです。このオオマサガスは、ブラウンガスの一種で、水を特殊な技術で酸素と水素に分解し、それを燃焼させる技術なのです。要するに水を燃焼させる超技術なのですが、これを認可するか、どうかで経済産業省の見解が得られていないのです。

 つまり、水を電気分解すれば確かに酸素と水素に分解されますが、それを燃焼させると、「爆鳴気」というものになって、大変危険な物質になるだけだ、というのです。実はこの事を証明する科学的理論が存在しないのです。

 このケイ・ミズモリ氏の書いた本には、ニコラ・テスラのフリーエネルギーの事実にも触れていますが、今から100年も前の議論であり、その技術の継承が行われなかった事を嘆いておられます。

 ですが、究極的には水が燃える事は確かであり、この事実によって車が水で走る事は充分可能性があるのです。そして、将来的にはフリーエネルギーが実現し、今の化石燃料利用の社会構造は大変革する事が考えられます。

 この事は皆さんが考えている以上に早く実現する思います。私が今の自動車の技術は遅れた技術でしかない、と思うのは、かのシャウベルガーの理論でも著されているように、音や熱を生みだすエネルギー利用技術は幼稚であり、将来性はない、という見解に与するからです。

 これらの証拠は意外に早く示されるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7つの警告、世界の金融資本主義の崩壊が現実になる!

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/630/

 皆さんはこの現実を突きつけられてもピンと来ないかも知れません。日本に於いてはマスコミ=マスゴミが真実を報道しないからです。その一つがオキュパイデモの真実の姿を報道していない事でもわかります。

 しかし、世界、特にヨーロッパではまったく事情が違います。ギリシャでゼネストが起き、ギリシャを含め、イタリアとスペインの国家破綻が近いとあっては、事態は一刻の猶予もならないのです。

 事ほど左様にマスコミが真実を報道しない事の影響が大きいと言えます。

 世界の金融資本主義が崩壊する、と言っても、日本人は何の事か解らないのです。この記事をよく読んでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイの洪水被害

 タイの洪水被害が拡大している、というNHKラジオのニュースを午前4時に聞いて突然目が覚めました。普段ならこれは大変な出来事だ、と思ったに違いありません。しかし、昨日のオキュパイ・デモの情況を見聞きしていた私にはある考えが閃きました。

 というのは、これらの企業のほとんどは大企業と、その関連企業で、自動車産業が殆どです。復旧に4カ月以上を要するというアナウンサーの説明を聞いて私はハッとしたのです。これは世の中が大転換を始めた一つの証拠ではないのか、と。

 時代の大転換の際には、当然の事ですが大きな変化が伴い、民間の雇用が損なわれ、人的被害も起り得ます。しかし、時代を変えるような大変化の際には変化の前に徹底的な破壊が起きるものです。現在のタイの洪水被害は、自動車産業が中心であり、産業構造が大きく変わる可能性がある事から、今後数カ月の内に時代の大転換が促進されるだろうと咄嗟に思ったのです。自動車産業はある意味で時代遅れの産業なのです。というのは、車を買うという事は貨幣経済の中心的行為であり、物を無駄に生産して消費を促すという資本主義経済の最も象徴的な行為に他ならないからです。

 これは真夜中に目覚めて、たまたま聞いたラジオニュースの所為ばかりだとは思われません。自然は、そして地球は音を立てて自ら姿を変えようとしているのだとしか思えないのです。ただし、これは私の真夜中の妄想の可能性もあります。以上、思い付くまま書いて見ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10/11 石川知裕議員インタビュー

http://iwakamiyasumi.com/archives/13414

 このインタビューはジャーナリストの岩上安身氏が議員会館を訪問して収録したものです。中身は言うまでもなく先日の東京地裁の有罪判決について中心的に語られていますが、それに止まらず、石川議員の人となりを良く表しているものになっています。

 特に、今後の議員活動、政治姿勢は、これからの石川議員の行く末を指し示す貴重な意見です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京でのオキュパイデモはたった100人位ではない!

 東京でのオキュパイデモは100人のデモだった、とマスメディアは伝えています。しかし、あれはどう見ても100人程度のデモではありません。

 マスメディアは何としてもデモを大きく見せようとはしないのです。ここのところにもマスメディアが『マスゴミ』と呼ばれる所以です。

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1318672754

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京でもオキュパイ・東京デモ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111015-00000037-mai-soci

 大新聞も止むを得ず報道したようです。しかし、数十人が参加したとだけ書いていて正確に何人が参加したのかまでは伝えていません。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011101501000600.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

米韓FTA条約、笑っちゃうような不平等条約なのだ

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/ee5b1a96788ce2b9df82ba54988e7256

 ただ日本も笑ってばかりはいられません。韓国は米国に乗っ取られても笑えますが、日本は米国に乗っ取られたら笑えば済むという問題ではないからです。

 FTAは二国間の協定ですが、TPPは多国間協定です。ベトナムやオーストラリア・ニュージーランドなどが大挙して日本市場に参入するでしょう。これは大変な問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“本当の総理”勝栄次郎の正体

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_7f1d.html

 勝栄次郎氏の事については、ついに出たか、という感想を持っています。と言うのは、野田首相が就任の際の演説で勝海舟の言葉、“正心誠意”を敢えて使ったからです。

 詳しく調べて見ると、勝事務次官は財務省では知る人ぞ知る人材であり、殊に予算編成についてはこの人の右に出る人物はいないと言う事です。

 私は、“勝”という名前を聞いて、はたと思い当たるフシがあったのです。この人物には財務省官僚の影が何時も付き纏っていたからです。その第一は藤井裕久元財務大臣です。私は鳩山政権が発足する際、絶対藤井氏だけは財務大臣にはしない方が良いという説を唱えていたのです。案の定、藤井氏には後ろに財務官僚がくっついていました。

 勝栄次郎氏は勝海舟の曾孫である、と言う事は否定しているようですが、はっきりとはしません。しかし、野田総理が勝海舟びいきであり、その最初の演説に勝海舟の言葉を引用するとは相当なものです。これを聞いた財務省幹部は一瞬絶句した、といいます。

 とにかく、野田総理は勝事務次官との繋がりが強烈であり、まさに本当の総理は勝事務次官である、と、見抜いた飄平氏の眼力は相当なものです。ネットで調べて見ると、野田総理の勝次官との繋がりは、幾つか出て来ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

10/11TPPを慎重に考える会会長、山田正彦元農水大臣インタビュー

http://iwakamiyasumi.com/archives/13430

 このインタビューは大変重要なものです。日本にTPPが導入されるかどうかの瀬戸際にある現在、日本が生き残れるかどうかのギリギリの選択を迫られているのです。

http://www.janjanblog.com/archives/52852

| | コメント (1) | トラックバック (0)

武器輸出三原則緩和を米大統領に通知へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111014-00000078-yom-pol

 これも何で今の時期に、という疑問が残ります。地球は平和を追求しなければならない時です。世界中で殺し合いを止めて、平和を達成しなければならない時に、武器を作って輸出しなければならないとは時代錯誤も甚だしい。民主党、即ちリベラルを表明する政党の名が泣きます。

 しかも、日本は戦争を永久に放棄した筈の国です。すべての面で建前とは相反する決定です。大方経団連の圧力に屈したのでしょう。情けない話です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京都世田谷区の高濃度放射線測定は民家の床下に置かれた壜が原因

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111013-00000089-jij-pol

 世田谷区内で測定された高濃度の放射線は、民家の床下に置かれた壜が原因である事が判明したそうです。

 しかし、これは実に不可解な事です。壜が一人で歩いて自分から床の下に入る込む訳はありませんから、意図する、しないに関わらず、誰かが何かの目的を持って置いたものに相違ありません。

 要するに人がわざと置いたという訳です。

 だとすると、深読みをすれば、何かの政治的意図を持って故意に置かれた可能性があると言う事です。考えて見れば、世田谷区長は先日選挙が行われ、元社民党の代議士の保坂展人氏が新しく区長の椅子に座りました。

 NHKは今晩のニュースウォッチナインで、世田谷区長は脱原発派の人物であると殊更強調していました。

 この事が今回の事件に関係があるとは思われませんが、何となく釈然としません。何者かが悪意を持って、人が住んでいない民家の床下に、測定不能なほどの高レベルの放射線が存在する壜を置いたとしたら、この行為は犯罪以外の何ものでもありません。

 今のところ、この事件が犯罪であるという報道はなされていません。しかし自然には絶対存在する筈のない場所に、測定不能なほどの高レベル放射線を発する壜を置くなど考えられません。

 何にしても、この国は不可解な事が多過ぎます。

※放射線の原因はラジウムhttp://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E3E1E2E7E38DE3E1E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島米、安全宣言!…狂っている

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_7047.html

 この宣言は確かに狂っている、と言えます。490ベクレルなら安全で、500ベクレルなら安全でないと、誰が言えるのですか。これは単に政府が勝手に決めた基準を基にしていっているだけであって、危険度にそれほどの違いはない筈です。

 この佐藤雄平知事も、政府や官僚たちも狂っています。なんなら彼らは出来るだけ汚染米を食べるべきです。まったく飄平氏の言うとおりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スロバキア野党、EFSFに合意

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000948-reu-bus_all

 スロバキア野党は、EFSFに合意したと発表しました。これで一応承認へ向けてスタートした事になりますが、来年3月に総選挙を実施する事でも合意したという事です。従ってスロバキア首相は退陣します。

 ただ、これはスタートであって、ギリシャや欧州の金融危機が収まった訳では決してありません。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011101201001211.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デクシア解体、政府が9兆円余の保証

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011101102000030.html

 これで10日のNY株の急反発の謎が解けました。昨日書いたようにユーロ圏は銀行を助けるためにデクシアを解体し、そのために各国政府が多額の債務保証を行ったのです。つまり、これこそまさにイルミナティのやり方であり、ユーロ圏はイルミナティが作り上げたという事の証拠です。

 庶民はここでも犠牲にされ、17国の中でただ1カ国残ったユーロ圏のギリシャに対する欧州基金拡大策の批准にすべてが懸かってくる事になりますが、場合によっては最後の土壇場でひっくり返される事もあり得ます。理由は、ユーロ圏の小国スロバキアがなぜギリシャを助けるために犠牲にならなければならないのかというスロバキア国民の素朴な疑問です。

 ここで一つ思い出した事があります。それはある宗教団体の管長が、ユーロ圏の事をやけに持ち上げ、ユーロが成立発展する事は必然である、と法話で述べた事です。一宗教団体の管長がなぜユーロの事をこれほど肩入れするのか不思議に思っていたところ、その宗教団体はアメリカCIAと深い関係にあり、CIAは即ちイルミナティの別動部隊ですから、その管長はユーロに肩入れしていたのです。つまり、日本のS学会と同じように宗教団体のほとんどがイルミナティ=CIAの影響を受けている事の証拠なのです。

 その事は日本の政党や政治団体にも言えます。同じ事が暴力団や右翼にも当て嵌まるのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000007-jij-int

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢被告が初公判を終え会見…ノーカット版

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_33a4.html

 この動画を見る前、私は今晩のNHKのニュース9を見て来ました。そこで気が付いた事は、NHKが余りにも作為的な報道をしている事でした。この記者会見の冒頭でも、朝日新聞や共同通信の記者の質問が小沢氏の違法性をことさら引き出すような下らない質問に終始していた事は特筆に値します。飄平氏の言う通りこんな質問を聴く我々はまさに耳が腐ります。

 マスコミの下らなさ、意図的に特定の政治家を陥れようとする作為は国民全員を覆います。もっとマスコミは国民全体の事を考えるべきであり、司法の自殺行為を嗜めるべきです。このままでは日本は戦前の大本営発表の時代に逆戻りし、国全体を破壊してしまいます。

 天にまします我らがETさんに言います。今こそ真実が通用する日本にしていただきたい、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の朝日は経済右翼なのです

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/da2a6b24d29ecd3d52dc060efe8a91fd

 この記事も現在の世相のウラ側を衝いています。庶民は騙されています。マスコミがどんな手を使って庶民をコントロールしているかを知れば、容易には騙されないでしょう。しかし、ほとんどの人々はそんなウラ側を知りもしません。

 すべてが明るみになった時、多くの人は唖然とするでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャの国家破綻に備える欧州連合

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-20ec.html

 昨日もアメリカNYのダウは上がり、今日の日本株も上がっています。これによって何が見えるのか。世界経済は資産家によって動かされている、という実態の姿です。間違ってはいけません。株が上がっているのは株を運用して利益を得ようとするためであり、庶民のためではありません。

 ギリシャも庶民を救済するためではなく、逆に庶民を犠牲にして自分たちがカネを得ようする銀行家の企みなのです。

 日本のTPP参加も諸々の政策もすべてそうです。ものごとを表面だけしか見ようとしないマスゴミはまさに庶民を誑かすために存在します。この記事の意味は、ギリシャ危機をきっかけにして欧州連合が更に銀行家の懐をこやそうするとんでもない企みなのです。日本の官僚や大企業、銀行も同じです。マスゴミはその走狗なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人1万人無料招待!???

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111009-00000814-yom-bus_all

 この国は一体どうなってしまったんだ? そんなカネがあるなら福島の子供たちを疎開させたらどうなんだ。まったく政府はやる事がトチ狂ってる! 無茶苦茶です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横田めぐみさん、生存か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111009-00000031-jij-int

 これは有力な韓国議員からの情報らしいです。しかし、国際的な問題でもあり、迂闊な事は言えません。

 ただ、この問題の解決が近い事も予想されます。私は予感として、すべてに亘って色々な懸案事項が一挙に解決するような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

10月6日郷原信郎弁護士インタビュー

http://iwakamiyasumi.com/archives/13307

 先日行われた小沢元代表の3人の元秘書に対する東京地裁の判決と、それに先立っての九電と佐賀県知事とのメールヤラセ事件における第三者委員会の問題を含めて、岩上安身氏がインタビューしています。

 石川知裕代議士の有罪判決が如何にメチャクチャな判決であったかが良く解ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間もなく欧州発で世界金融が再崩壊する?

まもなく欧州発で世界金融が再崩壊する?
 【2011年10月9日】 IMF顧問でハーバードのシャピーロが「十分な危機対策をとらない場合、今後2-3週間以内にEU国債の崩壊が起こり、欧州の大手銀行が次々に破綻し、米英など世界に危機が伝播する。08年(リーマンショック)よりひどいことになる」と発言した。英国の中央銀行総裁は「大恐慌よりひどい史上最悪の金融危機が起きそうだ」と述べた。グリーンスパンは「ギリシャがデフォルトするだろう。欧州にリーマン型の金融危機が起き、米国に飛び火するかもしれない」と発言した。いよいよ大危機が起きるのか。(以下は有料記事のため掲載できません)

 この記事は 、田中宇氏の有料記事の一部です。全文は記事の有料申し込みをする必要があります。

 さて、幾つかのサイトで世界金融崩壊の現実が報じられていますが、確実なものはありません。しかし、田中宇氏は現実の英文や各地の情報を集めて分析しているので、他の諸々の情報とはひと味違います。

 という事は、田中氏がこう言う限りはかなり確実性が高いと判断すべきです。いよいよ世界の資本主義崩壊が現実味を増して来ました。まさに肥田舜太郎氏の予言通りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

財政難だと言いながら超豪華超高層公務員住宅を建てる財務省

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/b887e6e001720e4735610554060006f7

 まったく財務省のやり方は狂っています。国民からは増税でカネをむしり取り、必要もないのに超豪華な公務員マンションを建てる。

 これで国民のためを思っているとほざく野田政権は何を考えているのでしょうか。公務員住宅は凍結が決まりましたが、いつ、何をやり始めるか解りません。

 現在、民主党内は真っ二つに割れています。言うまでもなくTPPに参加する事の是非について、山田元農水大臣たちが反対署名を始めていて、既に180名を超えているというのです。今の民主党内閣は正当な内閣ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射線被曝を舐めているこの国の指導者を国民は否定すべきだ

http://www.amakiblog.com/archives/2011/10/09/#002052

 まさに正論! 今日のNHKニュースではIAEAの除染指導チームが来日した事を喜ぶ国民が多くいて、国の対策を歓迎する旨の感想を述べている事が報じられていましたが、これは多分に作為的であり、何も分かっていない国民をたぶらかすものでしかありません。昨日の肥田舜太郎氏のインタビューにもありましたが、少なくとも子供たちだけは直ちに国費を使って避難させるべきです。他の地域には廃校になった学校や生徒数が減って学校を維持する目的がなくなっている小中学校が沢山あります。

 また、野田総理はTPP参加に傾いている、というニュースが流れていますが、総理大臣を始めとしてこの国の指導者はどうかしています。国民をバカにするのもほどほどにし、棄民か何かのように扱うのを直ちに止めるべきです。この国の政府はいまや国民のためになっていないどころか、国民を外国に売り渡そうとする売国奴でしかありません。

 繰り返します。政府が除染に積極的だ、などと有り難がっている場合ではありません。これほど汚染された国土をそのままにし、さも政府が国民のためを思っているかのようなマヤカシや誤魔化しは直ちに止めて、真実の情報を正確に包み隠さず国民に晒し、本当の事を国民に知らせる事です。そうしないとこの国は取り返しのつかない状態になります。特にマスメディアは真面目に国民のための真実の報道姿勢を取り戻すべきです。

 IAEAは原発容認に傾いており、核の平和利用に積極的なのですが、分かって欲しいのは『核の平和利用』のどあり得ない事なのです。物質の原子構造を破壊する原子力の平和利用などあり得ないのです。日本中に溜まりに溜まった核のゴミを見ればその事は分かる筈です。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウォール街デモ、4週目に突入

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381959FE2EAE2E1948DE2EAE3E2E0E2E3E39494EAE2E2E2;bm=96958A9C9381959FE2EAE2E1E28DE2EAE3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 この記事は、日経新聞の切り抜きです。従って余り全面的には信用できませんが、それでも他の一般マスコミはウォール街デモについて何も報道しませんので、参考にはなるかも知れません。これによると、デモは鎮静化するどころかますます拡大しており、全米各地に拡がっており、人数も膨らんできております。

 この事について、浅川嘉富氏も取り上げており、強ち私だけの思い過ごしだけでもなさそうです。今後の動きに注目しなければなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

被災3県に支援経費請求、22県で44億円

http://www.asahi.com/national/update/1008/OSK201110080033.html

 この記事を読んで仰天しました。法律でこういう風に請求する事になっている、と言っても納得が行きません。どうせ支払うなら国に請求すればよいのであって、被災した県に請求するなど、住民感情が許さないでしょう。

 先ほどアップした肥田舜太郎氏のインタビューでも最後の方で、肥田氏は資本主義体制はここ30年以内に別な新しい制度に置き換えられるだろうと言っていましたが、まさにその通りで、今の法制度や体制はどう仕様もなく疲弊して老朽化しています。その典型が国の諸制度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオマサガスの威力、見通し、戦略……!!?

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_5311.html

 これは実現すれば画期的なものになります。世界でも初めての物質であり、テクノロジーです。

 しかし、立ちはだかっているのは経産省という超保守的な政府機関です。政府は根拠が示されなければ、爆鳴気と呼ばれる危険なガスを認可したりはしません。一歩間違うと人命に関わるからです。

 いつも画期的発明は権威筋からの無理解に晒されて潰されてきました。この状態を乗り越えてこそ日の目を見る事が出来るのです。フリーエネルギーはその最たるものです。

 しかし、何時か近い将来に必ず実現するでしょう。私はそれを期待しています。日本から画期的テクノロジーが生まれようとしているのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

IWJによる肥田舜太郎氏へのインタビュー

http://iwakamiyasumi.com/archives/12979

 このビデオは10月6日に収録されたもので、大変長時間にわたります。しかし、肥田氏は90歳を超える高齢にも拘わらず、真摯に収録に応じ、記録されています。特に冒頭の広島での被爆体験は驚くべきもので、誰もがその凄惨な有り様に度肝を抜かれる事でしょう。

 おまけに氏は医師であり、最高度の学識を持っておられ、何冊もの著作や翻訳も存在し、国連にも出かけて行って訴える事も厭わない行動力も備えておられます。見応えのある映像です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E7%94%B0%E8%88%9C%E5%A4%AA%E9%83%8E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インタビュードキュメンタリー 岩井俊二氏、上杉隆氏、小出裕章氏等

http://enzai.9-11.jp/?p=7626

 この映像はじっくり観る必要があります。多くの示唆に富む発言があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎公判、冒頭陳述、罪状認否の全文

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_0d7c.html

 これを読めば小沢一郎氏の言いたい事が分かるでしょう。なお、小沢氏の急病は尿道結石だったらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界は変わる! 資本主義は崩壊する!

http://www.y-asakawa.com/Message2011-2/11-message114.htm

 この事を詳しく説明する必要はもうないでしょう。資本主義と貨幣制度の崩壊は必然なのです。それにしても、日本のマスメディアはこのような動きを真剣に報道してはいません。所詮、マスゴミは体制側の手先なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安倍晴彦元裁判官、冷遇の果てにすべてを語る

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_82ae.html

 この映像を見る限り、日本の裁判制度は少なくとも文明国ですらありません。裁判官には俗に言う『ヒラメ裁判官』というのが現実に居る、という事が実感として理解できます。

 こうして見ると、小沢元代表の3人の元秘書の裁判も起るべくして起こった裁判結果である事がよく解ります。

 このままで行けば小沢元代表の裁判自体も大変危惧されます。これは三権分立の危機であり、民主主義の危機でもあります。いや、もともと日本には先進国並みの三権分立も民主主義も根付いていなかったのかも知れません。それほどお粗末な裁判制度であり、議会制民主主義の形骸だけなのです。

 今日も参議院の特別委員会の審議に於いて、質問に立ったみんなの党の議員が小沢元代表の国会招致を声高に叫んでいましたが、これなどは現在裁判中である事、小沢元代表が何度も不起訴になり、結局最後の手段として検察審査会の強制起訴に依らざるを得なかった事など、まるで無視しています。

 こんな国会議員や裁判官などではまともな国の制度とは到底言えず、特に国会議員などは国民の投票行動によって選ばれている訳ですから、国民に民主主義が根付いていないという事になります。

 まったく嘆かわしい限りです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アメリカ、対パキスタン作戦を画策

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-eb33.html

 この記事で重要なのは後半部分です。アメリカはTPP推進に奔走しようとしています。そのTPPの欺瞞ぶりは民主党内閣の売国派の議員たち、特に安住財務相を含む前原政調会長などの一派の動きです。

 そうしているのは既に二進も三進も行かなくなったアメリカ経済を何とか日本の力で立て直そうと画策している愚かな売国奴たちの動きに他なりません。

 パキスタン作戦など単なる目隠しに過ぎず、タリバンやアルカイダなどはもともとアメリカのCIAのおとりか隠れ蓑に過ぎないのですから、何時までもそれに踊らされている日本の政治家の愚かさに目を覆うばかりです。いや、それも分かっている筈ですが、彼ら売国奴たちは見て見ぬフリを決め込んでいるだけなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済音痴の安住財務相…国民新党の亀井代表

http://www.janjanblog.com/archives/52433

 国民新党の亀井代表はこう言っていますが、多分本音は安住財務相は売国奴の一人だと言いたかった筈です。それを言ってしまうと身も蓋もないので言わなかっただけで、生粋の日本経済自立派の同氏としては、今の野田内閣における安住財務相のやり方には相当な不満がある筈です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャでゼネスト突入か!

 さきほど、NHKの午後10時のニュースでギリシャが折からの経済不安に伴う緊縮財政の実施に国民が猛反対するストライキが表面化した、と報道しました。これは見た目以上に重大な事態に発展しかねません。

 ギリシャは極限まで財政悪化が表面化しており、これ以上の国民生活の切り詰めは、国民の猛烈な反発を呼びかねず、政治的にも財政的にも不安定化が加速する可能性が大です。空港も鉄道も止まっているとの事です。

 本日のNYダウの始め値は前日の引け前の猛烈な買い上げの反動で値下がりして始まっており、これからどういう値動きをするか注目です。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE2E7E2E6EA8DE2E7E3E2E0E2E3E39494E3E2E2E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平均年齢70歳の農業なんか保護する価値ない!

http://alcyone.seesaa.net/article/228911766.html

 この言葉は安住淳財務大臣が週刊誌上(週刊文春)で発言したらしいですが、これはとんでもない暴言です。こんな人物が財務大臣を務める野田内閣は日本の内閣ではありません。また、国民の生活が第一という政権交代を果たした当時の民主党の内閣とも思えません。まさに売国内閣そのものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NYデモ賛同者、46周12カ国で組織結成

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011100502000186.html

 若者らによる格差是正、失業者救済要求のデモは米国46州と世界の12カ国に組織が結成されたという事です。10月15日に次のデモが計画されているとも言われています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ギリシャ国債がデフォルトすればフランスやドイツだけでなくアメリカの金融機関にも影響が及びかねない

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/4ab6c300e33d98bbe222797ffb10ef64

 要するに現在のギリシャに端を発する経済不安は、ギリシャだけやヨーロッパだけでは済まないという事です。その影響はアメリカの金融機関にも及び、世界はガタガタになる可能性が高いという事です。

 これは即ち世界同時株安や通貨不安で済ませられる問題ではまったくなく、貨幣経済の危機です。

 ですが、この事は世界の危機ではなく、世界が金融貨幣経済の歪んだ体制から脱皮するための通過儀礼とも言うべき問題です。

 何時も書く事ですが、こうして世界は大変化を遂げようとしているのです。そして大メディアや経済界、政治家、官僚などはこの事をまったく無視しているかに見えます。

 しかも、そういう人たちは、自分たちが滝壺の手前まで来ている事を認めようともしていないのです。

 まさに世界は大変革を迎える間際に来ています。日本の東日本大震災を見ても、もう人間業でこの悪夢が救えるとは到底思えません。子供たちは心の即では自分たちは癌や白血病で死ぬかも知れないと潜在意識の中で覚悟しているフシが感じられます。要するに、日本の窮状は人間ではもうどう仕様もないのです。

 こうなれば早く世界経済が破綻し、各国そのものの構造を作り変えないと手遅れになります。そのきっかけが経済の破綻によって生まれる可能性があるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NYダウ、引け際に猛烈な買いが入り153ドル上げ

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381E19E939C8BE2E08DE2E7E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E3

 NYダウは引け際に猛烈な買いが入り、一時は250ドル余り下げていたものが、引けでは153ドルの上げになりました。これは異常です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登石郁朗という裁判官

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BB%E7%9F%B3%E9%83%81%E6%9C%97

 登石郁朗という裁判官は、東京地裁の裁判官で、小沢元民主党代表の元3人の秘書の裁判に判決に於いて有罪判決を出した人物です。

 このウィキぺデイアの記事も削除依頼が出されており、現在審議中です。噂ではこの裁判官は、高裁判事に出世したという事です。

 また、過去にも様々な問題事件の判決を出しており、言わば札付きの裁判官です。この小沢元代表の3人の元秘書の裁判内容は昨日の平野貞夫氏のブログに詳しい内容が記載されています。添付して置きますので、是非目を通して下さい。

 いずれにしても、この登石判事という人物は『ヒラメ裁判官』の典型である事は明らかです。

http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2011/10/75.html#more

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ユーロ/円・10年ぶりの安値

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011100401000038.html

 ユーロは10年ぶりの安値をつけ、ニューヨークダウも258ドルを超える値下がりになっています。為替と株は共に大幅な値下がりを経験し、一層の不安感を煽っています。ウォール街の若者のデモも鎮静化していません。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011100401000028.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本を語ろう、小沢一郎を囲んで

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_3974.html

 このビデオ映像を是非ご覧ください。これは去る11月2日に司会と5人の一般市民が小沢一郎氏を囲んで語りあったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米抗議デモ各地に拡大 格差、高失業率に抗議

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011100301000166.html

 ウォール街に始まった抗議デモが全米各地に拡がっています。組織作りも始まっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの田母神さんも日本はアメリカから自立せよ!といい出した

http://www.amakiblog.com/archives/2011/10/03/

 世界はアメリカからの束縛から逃れよ、と動き始めました。そのアメリカでは若者が格差の是正、貧富の差の拡大、大企業の横暴や不正を糾弾してウォール街でデモが勃発し、全米各地に拡がっています。

 日本のマスメディアはこの事を恐れて、積極的に報道しようとしていません。

 この事態はいまや全世界に及ぼうとしています。ギリシャに端を発した金融経済の危機はいまや全ヨーロッパに波及し、不満を募らせた若者や非正規労働者のデモに発展しています。スペインでも異常な比率に達した失業率を背景に、不穏な動きが表面化しつつあります。

 この動きは全世界で同時発生的に表面化する可能性があります。

 日本の民主党や自民党などの政治家もこれらの動きに敏感になり、恐れてさえいるのです。

 下手をすると野田民主党政権は早期に政権を追われる可能性さえあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ借金不履行を!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_c318.html

 私はかねてからこの世界の借金経済は近々崩壊する運命にある、と唱えて来ました。この記事では飄平氏までがそれを言い出した事に感慨無量です。

 この金融貨幣経済はユダヤ(偽ユダヤ)が作り出した偽りの経済です。その中心はFRBや日銀などの中央銀行制度です。1913年にFRBが創設された時、その萌芽が作られたのであり、諸悪の根源だったのです。

 従って、不換紙幣を基本とする信用創造はいずれ崩壊する運命にあり、世界はその不都合さ故に呻吟し続けて来たのです。いまようやくその闇が晴れようとして来たのであり、その意味で、ヨーロッパ即ちユーロの崩壊は闇の社会が急激に崩れつつある事の証明なのです。

 つまり、闇に牛耳られて来た世界は、新たな『黄金時代』へ舵を切りつつあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォール街でデモ、若者700人逮捕!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111002-00000332-yom-int

 アメリカで何かが起こり始めています。今回の700人逮捕のきっかけになったのは、貧富の格差の増大です。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011100201000264.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本ではマスメディアが社会を悪くしている最大の存在である

 今日、夢うつつで日本の現状を考えていた時、ふと我に返って思った事は、日本ではマスメディアが社会を悪くしている最大の存在である、という事です。

 もちろんそれは政治家ではありませんし、官僚もある意味ではマスメディアに振り回されています。

 なぜ、日本はこんな事になったのか。それは、故・正力松太郎を始めとする大企業化したマスメディアが、原発を初めとする様々な利権構造に食い込み、そこに記者という忍者を忍び込ませ、様々な情報を掬い上げてはある意味でそれに捏造を加えたり隠蔽したり、でっち上げたりして自らに都合の良い情報のみを新聞やテレビで流し続けて来たからです。

 海外、特にアメリカでは特定の企業や産業界から一定の率を超える寄付金や広告料を受け取る事を禁じています。ところが日本にはその歯止めがまったくありません。

 また更に、記者クラブ制度によって自らの記者以外のジャーナリストの動きをコントロールし、鉄の結束を以てがっちりと砦を守って来たのです。その最たるものが電力業界に対するマスメディアの食い込みぶりです。

 他の欧米先進諸国ではこんな事はありません。日本だけが特殊なのです。そして、蔭では警察権力や裁判官等ともつるんで権力をほしいままにし、国民大衆を欺き続けて来たのです。

 最近では、あの悪名高い暴力団ですら日本での活動がやり難くなった、と言ってマカオなどに脱出を図り、口座を移転する動きを強めています。

 表面上は、暴力団と言えば社会の悪の権化のように思われていますが、実際はそうではないのです。やはり陰の闇社会には違いありませんが、そこには言うに言われぬ掟というものがあるのです。

 しかし、マスメディアにはそんなものはありません。悪く言えば、まさにやりたい放題なのです。

 政治家や表の権力者といえども、マスメディアには敵いません。変幻自在・自由闊達に立場を変え、手を変え、品を変えて庶民をコントロールして来たのです。最近、その幾つかに気が付かされてきました。国会での法律の審議現場に於いて、マスメディアだけに都合の良い法律が幾つか存在する事が暴かれたのです。

 真の悪は隠れている、と、今までもよく言われてきました。「社会の木鐸」などとは嘘っ八でデタラメあり、平気でウソや隠蔽やデッチ上げを行い、そのくせ自らは真実を報道している、嘯いていたのです。これほど始末に負えない存在はありません。

 しかし、最近は少しずつ様子が変わってきました。フリージャーナリストが記者クラブ制度に風穴を開けようとしている事に加え、独壇場であった中継現場でもフリーの一般市民が中継現場に出入りして活動するようになり、真実とは如何なるものであるかがやっと解り始めたのです。

 このように社会は根底から変わり始めています。この分で行くと、人類が目指す『黄金時代』は案外早く到来するかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界同時株安、半年間で10兆ドル消失

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111001-00000168-yom-bus_all

 これは株安が世界的に起っている証拠であり、どの国も経済が落ち込んでいる証です。事態は資本主義経済と貨幣経済の崩壊に向かって進んで行っていると言えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山本太郎氏動画、再・再掲!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/10/post_b32d.html

 またまた消されたようです。今度の動画はアメリカ経由らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これ以上紙くずになる可能性のある米国債を買い増しするのか

http://enzai.9-11.jp/?p=7389

 政府は為替介入のための資金を15兆円積み増ししました。こんな事をするくらいなら、増税をこの分減らし、国民の痛みを減らすべきではないのですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYダウ反落、240ドル 安世界経済の減速懸念

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011100101000058.html

 昨晩から乱高下が気になっていましたが、結果は240ドル安でした。これを見ると、ドイツも支援の効果が限定的でユーロの安定化にはもはや手がない事が見て取れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »