« 絶望的な第三次補正予算ともう一つの日本作り | トップページ | 9月10日鉢呂経済産業大臣辞任会見の顛末 »

911テロ満10年を想う

 911テロが起こって満10年を迎えました。その間、日本のマスメディアの報道姿勢はまったく変わっていません。いや、むしろ後退している感すらあります。NHKを始めとして大メディアが911テロの不可解さをまったく報じないのは異常ですらあります。

 国会では民主党の勇気ある藤田議員が911テロの不可解な点を追及して質問しましたが以降ナシのつぶてです。きっこの日記の著者が、この藤田議員の事を誹謗中傷して、何とバカバカしい質問を国会という権威ある場所で行うのか、と言った時、私はついに堪忍袋の緒が切れて『きっこの日記』を直ちに消去して、ゴミ箱に捨てました。日頃利いた風な事を書くきっこもただのバカな、ものの道理をまったく知らないハネ上がりの若い女の子に過ぎないと思ったからです。

 当時は自民党の小泉政権でした。その小泉氏はイの一番にブッシュ政権の行動を支持し、イラク戦争を侵略戦争とせず対テロ戦争の一環として支持したのです。天木直人氏がこの事を抗議して外交官を辞めたのはこの時です。

 今では、世界の言論界は対テロ戦争という言葉は既に『死語』にすらなっています。

 今晩のNHKの報道では、キャスターが慎重に言葉を選んで決してアメリカの公式発表に疑念を感じさせるような言葉を挟みませんでした。今日の夕方のニュース解説に、東大の児玉教授を登場させたのとは大違いです。

 911テロでは日本人の被災死亡者が24名も出ているのです。先日、その中の一人の遺族、御子息を911テロで亡くした父親の一人がどうしても子供を殺された理不尽さに納得が行かず、アフガニスタンにまで出かけて行って戦争のありさまを具に確認して来たというニュースが放映されていました。

 その中でこの父親は戦争で苦しむアフガニスタンの子供たちを目の当たりにして、これ以上戦争で苦しむ人間を出してはいけないと思い定めて、アフガニスタンの子供たちの生活支援を行っている、という事を報じていました。同じ父親なら、子供が戦争で苦しむ姿を見ていられなかった、という事でした。アメリカ人に果たしてこのような父親がいるでしょうか。

 今日のNHKの報道はこのような視点がまったく欠けています。恐らくアメリカに遠慮したのだと思われますが、NHKのキャスターも、911テロが、インサイドジョブ=自作自演であった事が判明した時、どんな反応をするでしょうか。その時のギャップを考えると人間の愚かしさが目に浮かびます。

 911テロから10年を経過した今日、このニュース報道に登場した父親の驚きを思わずには居られません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110911-00000093-jij-int

|

« 絶望的な第三次補正予算ともう一つの日本作り | トップページ | 9月10日鉢呂経済産業大臣辞任会見の顛末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

武山さん こんにちは

先日は、返信ありがとうございました。

私は詳しい情報は持っていませんし、そんな理解力も無いですが、私的に見て、現在の世界の動きは、なんか、あからさまな動きと化していると見えます。アフリカの民主化運動、リビアへの国連主導の有無を言わせぬ宣戦布告、日本に対してのロシア、中国、朝鮮半島の国のあからさまな動き・・・。これらは、一連の動きと視ています。(その反面、アデン湾などの海賊退治の名目での世界中の軍隊の集結・活動状況は、情報封鎖されています) 世界支配勢力は、何か焦っている動きに見えて仕方がない。連中の計画の時間が迫っているのだと想うが、其々の手足の下部組織の動きが連動しているようで、小さな齟齬を産み出しているのでは無いかとも見れる。その最大の齟齬は、日本の民主党の菅政権だったと想う。連中の操り人形としての動きが出来なく、右顧左眄していただけですからね。

この世界は、福島原発事故(テロ!?)と同じで、手の施しようがなくなっているのでは無いでしょうか。その為に、色々と目先を変えての問題の先延ばしをしている。そうすると、先延ばしすればするほど、その反動は大きくなる。しかし、支配組織は、そのような事は考えていないでしょうね。元々、民衆のことなど考えていなくて、単なる労働力ぐらいにしか視ていないでしょう。そんな労働力がどうなろうとも知った事では無いでしょうね。

ユーロが104円台になってきています。
ユーロ圏からの大崩壊が始まる兆しでもあると思うが、イスラエル、イランの関係も、現在は大きく取りざたされていないようですが、おそらく、あからさまな動きに耳目を集めておいて、突如として、噴火するのでは無いかとも想う。

今後の人類全体の動きに注目ですが、世界に支配され、いいように搾取され続けている!といってもよい日本ですが、やはり、一度潰れたように為らなければ、再生は出来何のでしょうね。倭人としての日本の底力の発揮、見えない世界の加護と誘導を期待していても、崩壊を先延ばしされてきたのですから、その反動はいかばかりかと危惧します。

長々と失礼しました。

投稿: やまと | 2011年9月12日 (月) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41638605

この記事へのトラックバック一覧です: 911テロ満10年を想う:

« 絶望的な第三次補正予算ともう一つの日本作り | トップページ | 9月10日鉢呂経済産業大臣辞任会見の顛末 »