« 九電社長、続投表明! | トップページ | 藪中次官の米国大統領に依る広島訪問の反対意見の背景には省益防衛に走る外交方針が見え隠れする »

国会答弁で口をすべらせた細野原発担当大臣

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/29/#002044

 この事は私も天木直人氏が指摘するまでまったく気が付きませんでした。また新聞報道もこの通りだったとすると、政府とマスコミはつるんで国民を欺いた事になります。

 福島第一原発の事故は全然終息には向かっていません。熔解した原子炉の情況も不明のままですし、冷温停止とは程遠い状況です。除染も地元住民の希望とはかけ離れた内容ですし、子供たちの被曝も改善されているとは言い難いです。

 今日の参院での最後の質問者の社民党党首福島みずほ議員の食い下がる質問にも野田総理はただはぐらかすだけの方策しかありませんでした。10万年もの間溜まり続ける核廃棄物をどうするのか、の質問に的確に答え得る政治家は誰もいないのです。いや、政治家だけではありません。人類は核をコントロールするテクノロジーを持っていないのです。それを称してトイレの無いマンションというのです。直ちに原発を停止せよという福島党首の質問の迫力に、野田首相ははぐらかしで答えるのが精一杯でした。

|

« 九電社長、続投表明! | トップページ | 藪中次官の米国大統領に依る広島訪問の反対意見の背景には省益防衛に走る外交方針が見え隠れする »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この度政府から福島原発周辺20Km区域の緊急避難地区解除を発令
したと言うニュースに異常な違和感を覚えた。今現在でもこの地区
で刈り取った草や、土地からまだ高濃度の放射線が測定されている
のに何を持って「安全」とするのか?(避難地区解除をするからに
は「安全」が大前提であろう)

世界に対して野田政権は「着実に事故処理が出来ている」をアピー
ルしたいのか?そうであれば小学生以下の精神だ。また補償を押さ
える為の工作なのか?いずれにしろこんな事で国民をごまかせると
思ったら大間違いだ。

また鉢呂大臣の辞任も納得がいかない。原発事故で近隣の町を「死
の町」にしたのは一体誰なのだ!鉢呂氏が現場を見て心から感にじ
たことを記者に話しただけだはないか。鉢呂氏自身放射線による子供
の健康を真剣に考え、20mmシーベルトに引き上げられた事に反対し
ていた人物ではないか?むしろ20mmシーベルトに引き揚げた人間を
殺人未遂で逮捕すべきだろう。原発推進亡者の意の沿わぬ人間の
切り捨てにしか受け取れない。

野田も口先ばかり奇麗事を並べるが、官僚、アメリカの操り人形
のように思える。それを証拠に総裁選では「脱原発」を語っていた
が、国連会議では「原発の輸出」を言い、「日本の原発を最高水準
にする」と演説した。少しの間に言う事が逆転している。
一刻も早くETの宇宙文明導入を急ぐ必要がある。

投稿: 日本 憂太郎 | 2011年9月30日 (金) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/42117858

この記事へのトラックバック一覧です: 国会答弁で口をすべらせた細野原発担当大臣:

« 九電社長、続投表明! | トップページ | 藪中次官の米国大統領に依る広島訪問の反対意見の背景には省益防衛に走る外交方針が見え隠れする »