« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

西山元審議官に停職一カ月の処分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110930-00001104-yom-soci

 西山英彦氏の事など随分以前の事で、すっかり忘れていました。経産省の元審議官で、原子力安全保安院に出向していて、記者会見でおなじみの顔になっていました。

 その人物が、突然ニュースに出た、と思ったら停職1カ月と言うので驚きました。あんな人物の事などどうでもいいことなんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャロップ世論調査:主流メディアに対する信頼感は過去最低水準

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/628/

 この記事はアメリカでのものでしかも些か時間が過ぎています。しかし、よく読み直してみると重要な事が書かれている事に気が付きました。日本ではマスコミに対する信頼感は想像以上(不当に)に高いのです。それは国民に対する洗脳が行き届いているからでしょう。

 この記事にはNHKの事も取り上げられていますが、実際とは違ってNHKが最も信頼できないのです。その事を多くの国民は勘違いしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなウソだらけの判決はとうてい受け入れられない!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_0450.html

 まったく酷い裁判官です。『ヒラメ裁判官』と良く言われますが、この人物はヒラメ以下です。ウィキぺデアに記事の削除を依頼したらしいですが、酷い性格の裏側に卑劣で臆病なものが潜んでいるのでしょう。こんな裁判官なら世の中は闇です。

 これを暴いてくれた飄平氏に感謝します! 地裁判事なら、最高裁判事のように国民審査はない訳ですから。尤もいまの最高裁判事の国民審査なんてまったく意味はない制度ですが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

古賀茂明氏、ついに経産省退職

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/913_94ca.html

 古賀茂明氏がついに経産省を退職しました。官房付きであったため何も仕事がなく、1年9カ月も干されたままでした。その間の経緯はこの上杉隆氏の『ニュースの深層』を見て頂ければ解ります。

 いずれにしても、日本という国は優秀な官僚もいる代わりに、どうしようもない官僚が国を動かしているという事です。

 この映像を見て分かる事はただ一つ、日本の金融資本主義経済はもう終わっている、という事です。もっと言えば、日本だけではなく世界の金融資本主義経済が終わっているという事でもあります。今晩はもう遅いのでこの辺で終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藪中次官の米国大統領に依る広島訪問の反対意見の背景には省益防衛に走る外交方針が見え隠れする

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0e45f29199be78c8ffde2b2e85e16d43

 この記事も先日私が書いた事を裏付けするものです。官僚の売国行為は目に余ります。歴史的には、ここに書かれているように様々な出来事がありました。その背景には、日本国内に巣食う売国勢力の跳梁跋扈があったのです。

 日本は売国官僚どもに食い荒らされ、ズタズタにされましたが、そういう時代はもう直ぐ終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会答弁で口をすべらせた細野原発担当大臣

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/29/#002044

 この事は私も天木直人氏が指摘するまでまったく気が付きませんでした。また新聞報道もこの通りだったとすると、政府とマスコミはつるんで国民を欺いた事になります。

 福島第一原発の事故は全然終息には向かっていません。熔解した原子炉の情況も不明のままですし、冷温停止とは程遠い状況です。除染も地元住民の希望とはかけ離れた内容ですし、子供たちの被曝も改善されているとは言い難いです。

 今日の参院での最後の質問者の社民党党首福島みずほ議員の食い下がる質問にも野田総理はただはぐらかすだけの方策しかありませんでした。10万年もの間溜まり続ける核廃棄物をどうするのか、の質問に的確に答え得る政治家は誰もいないのです。いや、政治家だけではありません。人類は核をコントロールするテクノロジーを持っていないのです。それを称してトイレの無いマンションというのです。直ちに原発を停止せよという福島党首の質問の迫力に、野田首相ははぐらかしで答えるのが精一杯でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

九電社長、続投表明!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110928-00000112-jij-bus_all

 昨日の予算委員会で野田総理大臣をして「ヤラセなどは言語道断だ」と言わしめたほどの大企業のトップがなぜ続投なのか。大いに疑問が残ると同時に、電力会社の地域独占が大変な行政の歪みをもたらしている事に留意すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKが目論んでいるのは大増税だけでなく政権の財務省の支配の実態だ

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/nhk-efa7.html

 まさに植草一秀氏の言う通りです。NHKなどという報道機関はまったく必要ないだけでなく、直ちに廃止すべき機関です。

 昨日の予算委員会でも、雇用保険や労働保険料の優遇ぶりが突出しており、それが報道もされず、平等を旨とする各種保険料の徴収に著しく不平等感をもたらし、厚生労働行政を著しく歪めていると指摘されていました。

 天下の大NHKがこの体たらくでは、真実を知らされない国民は何を信じたら良いのでしょうか。この質問は、何と与党の民主党議員から出されたものなのです。

 NHKを始め、マスゴミは財務省にコントロールされ切っています。直ちに是正すべきは官僚の政権支配であり、マスコミ・コントロールです。これが日本の政治を悪くしている元凶です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本太郎氏告発は誰がしたのか

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_210f.html

 告発したのは京都の行政書士ですが、そのウラには様々な勢力が蠢いています。その様々な勢力とは何か。私たちの背後には宗教の殻を被ったヤカラが蠢いているのです。国民をコントロールするために。彼らはウラで皆繋がっているのです。大宗教団体も同じ穴のムジナです。更にその背後にはアメリカCIAが存在し、彼らは大々的にマインドコントロールを行っています。これは本当です。実に恐ろしい事ですが、そういう世の中はもう直ぐ終わろうとしています。これも本当で、そうなったら、世の中は目まぐるしく替わり、まさに天と地がひっくり返るようになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無制限野暴力装置=警察、そして、それに畏怖する裁判所!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_a60c.html

 まさにこの記事の通りです。その背景には国家の官僚システムがあります。警察はその最たるものです。竹原信一氏、大河原宗平氏、仙波敏郎氏、武田邦彦氏、これらの人達が先日岩上安身氏の司会で対談しました。その一部が竹原信一氏の記事になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ウィキリークス」は藪中外務次官が、アメリカ政府に対し、大統領の広島訪問は「時期尚早」として、これに否定的な考えを伝えていた

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/09ddd7397a500f42979b29f36e736c5e

 これを読めば、日本の官僚たちが如何に政治家を抜きにして勝手な事をやっているかが解ります。特に、財務、外務、防衛の三省が酷いです。

 広島市民だけでなく、これでは日本国民が怒るのも無理ないです。野田総理は特に財務省の官僚たちの操り人形に過ぎません。

※藪中三十二http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AE%E4%B8%AD%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%BA%8C

※佐藤優(藪中氏とのバトルがあった)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA_(%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかく裁判所が最後の牙城、諸悪の根源だ!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_4dbc.html

 小沢事件に関連する元秘書3人の判決は、歪んだ判決でした。これでこの国は歪んだ司法権力が国そのものを支配している事がはっきりしました。これは闇の世界そのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ダメ菅”機密費月1億円!

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110927/plt1109271554006-n1.htm

 菅政権では機密費がいくらだったのか興味がありました。それが月1億円とは驚き、呆れて空いた口が塞がりません。菅総理が何が何でも総理大臣を辞めたくなかったのはこれで頷けます。

 国民の血税を一体何だと思っているのでしょうか。裁判で小沢元代表の元秘書3人が有罪になりましたが、その際に根拠とされたのが4億円の土地購入代金の疑惑であり、ゼネコンからの5000万円の受け取り疑惑です。

 これに比べて、菅前総理の在任中の言わば無駄遣いは何のお咎めも追及もされません。こっちの方は税金そのものであり、小沢氏の方はある意味で自分の資金です。これで一方は罪に問われ、もう一方は何のお咎めもなく、使い放題の贅沢三昧をして、かつ使い道の追及もないのです。どこかこの国はおかしくはないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕、殺されてしまうかもしれないから…再掲

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_025f.html

 予想通り削除されてしまったようです。飄平さんが再掲してくれましたので、私も再掲します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリーマイル島のような融けた燃料の回収は絶対できない(小出裕章)…サンデーフロントライン反骨三人組

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/09/25/tvasahi-sep25/

 この映像に出てくる三人の人達の発言を多くの人がご覧になる事を望みます。その三人とは、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)、古賀秀明氏経産省官房付)、児玉龍彦氏 (東大医学部教授)です。

この三人は、いずれも立場は違いますが、自らを顧みず、ただひたすら多くの人たちを原発の被害から救うため必死に動いて来た人達です。ぜひ多くの人がこのビデオ映像をご覧になる事を望みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

参加したら終わってしまう国を売られる瀬戸際のTPP問題:中野剛志・緊急メッセージ

http://enzai.9-11.jp/?p=6623

 これは大変重要な問題です。農業だけではありませんが、農業だけを取って見ても国を売られる可能性が大です。日本は食料自給率が決定的に低く、もし世界が食糧危機に陥ったらまず最初にターゲットにされます。アメリカは日本を徹底的に食いものにしようと企んでいます。

 日本でなければできない食料は多いのです。有名なホ・オポノポノを教えて世界中を駆け巡っているハワイのイハレアカラ・ヒューレン博士は、日本は日本でなければ生産できない食料を造る役目を負わされている、と言っています。前原氏とは言う事がまったく逆なのです。車や家電製品を造るのは止めて、もっと食料を造るべきだと言っているのです。

 この事はまったく正しいと思います。なぜなら、最後に世界を救うのは『愛』であり、農業に欠かせない健全な光なのです。食料は健全な光の結晶なのです。

 日本は原子力産業に現を抜かして、とうとう原発事故を起こし、東北地方を中心として大切な農業を破壊してしまいました。

 この愚を再び繰り返すことなく、日本を再生しなければなりません。そのためには農業のような第一次産業を保護しなければならないのです。今からでも遅くはありません。アメリカに食いものにされる事なく、大切な『食』を守ろうではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕、殺されてしまうかも…山本太郎氏

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_025f.html

 敢えて再掲します。必死の思いで世間に訴え続ける山本太郎氏の姿を見て下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニュートリノが光速を超えた測定結果について…名大准教授衝撃

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000052-mai-soci

 この事ははっきり言えば、衝撃でも何でもありません。単にアインシュタインが間違っていただけです。光速が秒速30万キロのスピードである、というのは単なる暫定定理に過ぎないのです。人間の創り上げた幻想にしか過ぎません。今回それが打ち砕かれた、という事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京株、186円安で引ける

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000546-san-bus_all

 政治もダメ、株もダメ。日本は今何を頼りにすれば良いのでしょうか。今夜のNYダウが注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本はだんだん悪くなっている!

 今日、小沢元代表の陸山会事件の三人の元秘書に対する東京地裁の判決があり、三人とも有罪となりました。

 また、さっき衆議院の質問戦を聴いていて余りのつまらなさに呆れて聴くのを止めてしまいました。

 東電の補償事業に於いては、その内容のお粗末さ、営利企業としてしか考えない東電の態度のあり方に多大の疑問を持ちました。

 この国はいま、まったく国民の幸せとはかけ離れた方向に向かっている事を痛感してなりません。

 政治も、裁判も、マスメディアも、官僚も、企業も、国民の幸せとはまったくかけ離れた方向に向いています。

 こんな事でこの国は良いのでしょうか。まったく夢も希望もありません。

 一方、世界経済は崩壊に向かって突き進んでいる感じがします。今日も日経平均は下げ止まっていません。今晩のNYダウが注目されます。まったく暗黒に包まれた感じです。

 しかし、私は希望を捨ててはいません。夜明け前が一番暗いのは本当の事です。もう直ぐ明るい、人類の「黄金時代」が到来するのを信じています。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東電の被災者に対する補償極秘文書

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110926/dms1109261118007-n1.htm

 こんなものを以て補償交渉に当たるとは、東電もやるものです。しかし、営利企業であれば当然の事かも知れません。156ページもある説明書を詳しく読んで、交渉に当たる被災者はいない事を見越し、しかも対する社員も書かれていないものもあれば、誰が正当に判断できるでしょうか。

 日本の企業補償システムの限界がここにあると言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸山会事件…三被告に有罪判決

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000051-mai-soci

 小沢元代表の三人の元秘書に対する陸山会事件の判決が東京地裁でありました。内容は有罪でした。

 これで、小沢元代表に対する裁判の行方が注目されるようになりました。今日の植草一秀氏のブログに関連する記事が書かれていますが、事情を知る者に取っては、大変意外な判決です。

 しかし、これは今の検察と裁判制度に取っては意外でも何でもありません。偏向する裁判制度は、冤罪を生みやすく、真実とは何の関係もないのです。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-4e0d.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球を支配するブルーブラッドとは?

http://www.janjanblog.com/archives/51528

 高橋清隆氏が爬虫類人の事を書いた本を取り上げるとは思いも寄りませんでした。爬虫類人で有名なのはデービッド・アイクですが、この本はそれではありません(内容は一部触れてはいます)。

 しかし、イルミナティや国際金融財閥の事は書いてあるのでしょう。こういう陰謀論に近い書物の書評を書くのは随分と勇気が要ったものと思われます。

 しかし、敢えて書評を書いたところに高橋清隆氏の目の付けどころと、世界の現状に対する危機感があると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界金融危機に処方箋を示せなかったG20会議

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-3df5.html

 G20会議が何の効果も示せなかったのは明らかです。もはや世界の金融経済はコントロール機能を失っています。野田総理にこのような機能不全の金融経済情勢を任せるのは不可能です。野田総理には増税や原発の再稼働しか頭にありません。

 こうなれば、異論は多いでしょうが天木直人氏の言うように、一度小沢一郎氏に総理大臣を任せて見るのも手です。

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/25/#002040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本太郎氏の行為は勇気か蛮勇か

http://enzai.9-11.jp/?p=7050

 この動画は、削除される可能性があるそうです。ぜひ見て下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スイスUBS、巨額損失事件で経営トップが引責辞任!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110924-00000114-jij-int

 このUBS行員は31歳だそうです。それにしても日本円にして1770億円という金額は巨額です。

 この金額を見ると、もはや一個人で被る限度額をはるかに超えています。一個人が内部の行員といえどもこれだけの金額を自由に扱えるとは、常識を外れています。

 即ち、金融資本主義は、既に崩壊しているのです。まさにタガが外れています。昔、旧大和銀行がニューヨークで嵌められて巨額損失を出した事件とは訳が違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米、再びシャットダウン危機

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110924-00000518-san-int

 米国が再びシャットダウン危機を迎えています。この原因は米国議会のネジレ現象によるものですが、根底には米国経済の借金体質にあります。この事は日本も同じ様に衆参ネジレ状態にあり、また経済状態も手詰まり感が酷く、遅かれ早かれ日本も落ち込む可能性があります。

 日米とも苦境が続くという事です。

 いつまで世界はこんな状態が続くのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発建設のウラ側…NHKETV特集より

http://enzai.9-11.jp/?p=7024

 この保存された映像や録音テープの数々を聞けば誰も原発建設を容認する人はいないでしょう。

 徹底したコストダウン、無理な設計、等々そこには強引に原子力発電に向けて突っ走る官僚と電力業界、政治家たちの暗躍が見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレスチナ、国連への加盟申請提出!

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9C81E2E2E3E2E2E2E78DE0E1E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 パレスチナのアッバス議長は敢えてアメリカの説得を振り切って国連への加盟申請を提出しました。

 私は、この行為はオバマ大統領の腹の中を見透かした行為であるとおもっています。というのは、アメリカが拒否権を発動すると、アラブ圏や世界の多くの国々の反発を買う事になるからです。また、翻ってノーベル平和賞を受けた大統領への強烈な皮肉にもなるからです。この結果がどう出るかは未知数です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光より早いニュートリノ?

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E0E1E2E3E18DE0E1E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 この記事はあまり世間には大騒ぎされて受け止められていません。しかし、この出来事は世界のパラダイムを大変革し得る重大な結果を生むものです。

 それは、アインシュタインの相対論のようなこれまでの常識を覆すものになり得るからです。

 私は偉そうなことを言うようですが、アインシュタインは天才だとは思っていませんし、彼が正しいとも思っていません。相対論はフランスのポアンカレの論文の盗用であり、アインシュタインよりも何年も前にE=MC2乗という公式を発表していたのです。その際に、質量のあるものはその速度が光速を超える事はない、という誤った理論を打ち立てていたのです。

 しかし、宇宙的にはそれは間違いです。何光年も超えて宇宙を旅する事は不可能だという理論は馬鹿げています。だからこそ宇宙に知的生命は存在しない、などという理論的矛盾を生みだしているのです。(シャウベルガーのUFO飛行実験やグレベニコフ教授の反重力を利用したプラットフォームの制作は従来の理論をはるかに超えています)

 私の身近にもアインシュタインの相対論は間違っている、と勇気ある見解を発表している人がいます。れっきとした物理学者です。

 また、関英男博士という人は既に故人になられましたが、東工大教授まで勤められました。そして宇宙には光の一億倍も早い宇宙船や通信手段がある、と本気で考えていました。

 今回の発見は日本人も関係しているようなので、この光の速度の限界を超えるニュートリノの発見は、闇のパラダイムを突き崩す糸口になるかも知れません。闇の勢力は光を超える速度はあり得ないとして、遠い宇宙からの知的生物の存在を否定して来たのです。

 いずれにしても、この発見は画期的なものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フランスよそれでも原発を止めようとしないのか

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d008fdb2bac856790ade31da0a5fefb8

 フランスもそうですが、日本だって事故を起こしているのに総理大臣がまだ原発で世界に貢献する、なんてトチ狂った事を言っている始末です。人の事を笑えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界同時株安進行中!

 いま日本時間で夜中の午前4時過ぎです。現在NYダウは480ドル余り下げています。これからどれだけ下げるか恐ろしいようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パレスチナ国連加盟申請へ

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2011/09/post_46c4.html#more

 このネットゲリラの記事は意外と核心を突いた内容が多いのに驚かされます。この前の記事、ユーロが日本円に対して暴落して1ユーロ102円台に突入したという記事も世界同時株安の現実を伝えるものです。

 このパレスチナの国連加盟申請については、最後の最後にオバマの大どんでん返しが起こるような気がしますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界同時株安の再来か

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011092201001078.html

 日本時間の午前0時現在で、360ドル安となっており、明日の朝までに幾らになっているか不透明です。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE0E0E2E4868DE0E0E2EBE0E2E3E39F9FEAE2E2E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干されてしまった古賀茂明氏の本音炸裂!

http://enzai.9-11.jp/?p=6892

 古賀茂明氏は経産省のエリート官僚です。その古賀茂明氏が本音を炸裂させています。ぜひ聞いて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉢呂前経産大臣の辞任のウラ側

http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2011/09/73.html#more

 鉢呂氏の辞任のウラ側については些か不透明なところがありました。ですが、鉢呂氏にはメディアスクラムがあったらしい事も事実のようです。

 しかし、この平野貞夫氏の発言の重要さはそこにあるのではありません。野田総理の総理としての資質にあるのです。千葉県知事選に出馬した白石ますみ氏の背後関係、小沢・細川・野田会談の真相、等々表に出る事のなかったウラ側が語られています。これにはちょっと驚きました。政治の闇を垣間見た感じです。

※白石ますみ氏http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%9F%B3%E7%9C%9F%E6%BE%84

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田総理は国連総会に出席する必要があったのか

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/21/

 私もこの天木直人氏の論に大賛成です。特に昨日今日は日本が台風15号の襲来で空前の規模の避難騒ぎに至っており、不測の事態に備える必要があったのではないか。

 幸い今のところ大きな被害は出ていないようですが、何も今回に限ってわざわざ国会を中断してまで出席する必要はなかったのでは無いでしょうか。ヘタをするとオバマ大統領からTPP参加を迫られる可能性があります。それともTPP参加を前向きにするためにわざわざこの時期を選んで出席したのでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月19日の6万人デモの模様

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2011/09/919.html

 9月19日6万人デモの模様をきくちゆみさんがアップしてくれました。動画を拝借しましたので詳細をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常に発達するなど不可解な動きを繰り返す台風15号

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/typhb.html

 日本本土に近付いてから台風15号は急速に発達し、現在午後11時過ぎに940ヘクトパスカル、最大風速は50メートルになっています。この台風は聞いた事もないルートと経過を辿って南大東島から四国に近付き、急速に速度を増して東北地方へ進みそうです。一番気になるのは、先の台風12号で甚大な被害を出した紀伊半島方面に近付いている事です。

 既に名古屋地方は100万人近い避難勧告や避難指示を出している事で、これ以上甚大な被害を出さない事を祈らずには居られません。

 これが悪意の気象操作ではないと誰が言えるのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ギリシャ危機とユーロ破綻の可能性

 【2011年9月20日】 ドイツの国家的な意志が変わるとギリシャはデフォルトに追い込まれるが、ドイツの国家意志が変わることは考えにくい。EU統合は、冷戦終結とともに始まって以来、一方通行の戦略だ。EU諸国は、統合をあと戻りする選択肢を何も作らず、統合案が国民投票で否決されても、1-2年後に似たような統合案に別の名前をつけて再び同じ国に意志決定させ、統合案が通るまで繰り返す。民意は事実上、EU統合に関係ない。欧州の政治意志は昔からビルダーバーグ会議に出るようなエリートにゆだねられ、彼らはEUの統合を推進したい。ドイツの民意が「ギリシャのユーロ離脱」で固まっても、ドイツが国家意志としてギリシャを見捨てる可能性は低い。

 上記 の記事は田中宇氏の有料記事の一部です。ここにはある重要な記述があります。それは、ユーロ結成がビルダーバーググループが画策したものであり、脱退する思想が盛り込まれていない、という部分です。

 即ち、ユーロ圏はイルミナティの画策によって生まれたものであり、後戻りのできない政策であったという事です。

 これは何を意味するのか、大変重要な意味を秘めています。つまりイルミナティが崩壊の危機にある現在、ヨーロッパ経済はまさに崩壊寸前であり、ヨーロッパが崩壊する事は、来るべき「黄金時代の到来」を告げるものだと言えるからです。

 時あたかも、ギリシャ首相はギリシャのEUからの撤退のため国民投票を計画している、と複数の政府要人が明かしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000552-reu-bus_all

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の政治家は国民を守ろうとしない!

 それだけではありません。この中には官僚も含まれます。大企業も入ります。もちろんマスゴミも入ります。昨日のニュースを見て下さい。NHKを始めとして大メディアは反原発のデモをまったく報じないか、報じてもデモの内容を矮小化して報道しています。

 また、国政では増税しか道(方法)がないかのように言っていますが、そんな事はまったくありません。日本には埋蔵金もあり、外貨準備金会計の余裕もあるのです。最後にはアメリカに押し付けられた米国債を担保にする方法があります。財源がないというのはまったくのウソです。

 特にNHKなど大メディアの解説委員というのは、政府の御用学者や御用アナリストばかりで、見え透いた大ウソをついて国民を騙しています。

 京都大学の原子炉実験所の小出裕章助教(博士)は、政治家には希望を持っていない、という言葉を言っていましたが、私はその言葉を政治全般に投げかけたいと思います。それほど日本の政治は酷いものです。これで暴動が起きないのが不思議なくらいです。

 こうなれば、私は天にましますキリストではなく、ETに助けを求める以外にないと思っています。今の日本には夢も希望を存在しません。まったく呆れ返る情況です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

世界同時株安! 現在NYダウは240ドル余り下げ

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381E19E939C8BE2E38DE3EBE2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E3

 ヨーロッパやアメリカの株式市場が大幅に下げています。NYダウは現在240ドル余り下げ、明日の東京市場の株価が注目されます。アジア株も下げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら原発1000万人アクション

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-6b5b.html

 この模様はさすがのNHKも報道していました。著名人が多数参加した集会ではさすがに無視する訳には行かなかったのでしょう。後で何処かのサイトが参加したスピーカーの発言を報じてくれると良いのですが…。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110919-00000044-jnn-soci

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2011/09/blog-post_19.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨーク金融街にデモ隊

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/624/

 これはいよいよアメリカのおひざ元にまでアラブの春の機運が押し寄せたという事です。これから世界中にこのようなデモが頻発するかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪国家の戦犯たちが手を挙げている日本の新政権by上杉隆

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2011/09/by.html

 このきくちゆみさんのブログをでぜひ読んで、聞いて下さい。重要な指摘があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月15日、小出裕章氏と神保哲生氏のラジオ対談

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/09/18/timeline-sep15/

 福島第一原発の事故の原因は何か。ストレステストが如何に馬鹿げたテストか、を解説しています。この記事も多くの人に聞いて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九電、知事を庇い過ぎ…第三者委員会と対立

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110918-00000274-yom-soci

 第三者委員会の代表は有名な検事上がりの郷原氏という弁護士です。九電が知事を庇っているのは、知事が原発再稼働に肯定的だからです。こんな事を続けていたら日本はその内破滅するでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110910-00000001-maiall-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1945年の原爆投下・被害の隠蔽は311原発震災の隠蔽まで貫かれている

http://enzai.9-11.jp/?p=6673

 1945年の日本に対する原爆投下の被害は、詳しい事は大本営によって隠蔽されていました。それに前後して起きた東南海・南海地震の被害も詳しい事は何も報道されず、戦後の相当後になるまで不明でした。

 この事は、今年の311東日本大震災時にも行われ、日本は伝統的に真実を国民に知らせない、という事に繋がっているのです。この悪しき伝統は直ちに断ち切らなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の自衛隊の基地がオハイオ州メアリーズビルに建設される?

http://blog.chemblog.oops.jp/?day=20110916

 この信じ難い情報はケムログというブログから得たものです。記事を読んでみると既にオバマ大統領は署名を終わったようです。

 結論から言って、アメリカがこんな驚くべき手段に出たのは、多分日本に基地建設費を出させ、米国財政の一助にする積りでしょう。詳しい事は分かりませんが、それほどまでにアメリカは財政が逼迫しているという事です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%93%E3%83%AB_(%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B7%9E)

http://quasimoto.exblog.jp/15464864/

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_246c.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第三次補正予算に無人偵察機や無人ロボットの予算要求!

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/18/

 天下の大新聞が報いているのだから事実でしょう。もしもう一度原発事故が起きたら天木直人氏が言うように日本はお仕舞です。

 こういうふざけた予算要求を出す防衛省も防衛省だが、初めから増税ありきの財務省も財務省です。これでは到底日本再生はあり得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

311震災は起こるべくして起こった人災だ、原発は津波の前に破損していた

http://enzai.9-11.jp/?p=6655

 この記事を見た時、私は私の見方が正しかった事を実感しました。この事を私は過去のブログで指摘していました。もちろん私はズブの素人で原子力の専門家ではありません。私は私の見方が正しかった事を自慢するのでもありません。私ごとき素人でも理解できる配管や施工の拙さ、設計ミスなどをそのままにして原発を運転する事に大きな危機感を持ったのです。

 政府はなぜこんな事実を隠蔽し、あくまでも津波が襲ったから冷却系統が喪失し、原子炉が破壊してメルトダウンに至った、と偽ったのは、この記事に書かれている通りです。福島以外の56基の原発でもこの手の事故は今も起る可能性を秘めているのであり、そうなると日本全国の原発の稼働が難しくなるからです。

 もう一度我々は福島第一原発事故の本質をきちんと解明し、日本全国の原発の脆弱性を再認識して原発の運転を直ちに止めるべきです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

311震災は起こるべくして起こった人災だ、原発は津波の前に破損していた

http://enzai.9-11.jp/?p=6655

 この記事を見た時、私は私の見方が正しかった事を実感しました。この事を私は過去のブログで指摘していました。もちろん私はズブの素人で原子力の専門家ではありません。私は私の見方が正しかった事を自慢するのでもありません。私ごとき素人でも理解できる配管や施工の拙さ、設計ミスなどをそのままにして原発を運転する事に大きな危機感を持ったのです。

 政府はなぜこんな事実を隠蔽し、あくまでも津波が襲ったから冷却系統が喪失し、原子炉が破壊してメルトダウンに至った、と偽ったのは、この記事に書かれている通りです。福島以外の56基の原発でもこの手の事故は今も起る可能性を秘めているのであり、そうなると日本全国の原発の稼働が難しくなるからです。

 もう一度我々は福島第一原発事故の本質をきちんと解明し、日本全国の原発の脆弱性を再認識して原発の運転を直ちに止めるべきです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊首相、政府専用機に売春婦

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011091701000898.html

 これは言語道断な行為です。イタリアは深刻な財政危機に喘いでおり、この時期に政府専用機に売春婦を連れ込むなどもっての外です。

 ヨーロッパの先進国の一つと言われる国がこれでは、世界が崩壊しようというのは無理もない事です。政治家の質が堕ちるところまで落ちて来ています。

 現世界の政治家に政治を任せていては、世界の国家体制が必ず堕落して崩壊してしまいます。

 この情報は、NHKでさえ報じているのです。もしイタリアがユーロ圏で財政破綻すれば、忽ちのうちに全世界に波及し、世界の資本主義経済は瓦解するでしょう。今の中央銀行制度はごく一部の富裕層にのみ恩恵を与える歪んだ制度です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小出裕章氏と森啓太郎氏の討論

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/09/17/osen-sep13/

 このビデオは大変示唆に富むものです。多くの人が視聴して下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

資本主義は滅びる運命にある

 今日は記事ネタになるものを探していたのですが、そんなものはありませんでした。そこで、自前で考える事にしました。

 思い出したのは、庭に植えてあるカエデの木です。この木にはテッポウムシが入り、今年の春先から枯れ始め、とうとう夏前にすべての葉が黄色くなって枯死してしまいました。

 この事実を見て思った事があります。寄生虫やヤドリギ等は、時には自分に栄養を与えてくれる宿主を殺してしまって、もともと自分が拠り所としていた生存を支える存在をダメにしてしまう、という事実です。

 これは今のアメリカに言える事です。アメリカは自らの侵略戦争を支えて行くために、日本を食いものにして来ました。日本はアメリカに守られているという事を後生大事にして、せっせとアメリカに貢ぎ続けていましたが、そのうち余りにもアメリカが日本を頼りにし過ぎ、食いものにし過ぎたため、アメリカ自身が自活力を喪失してしまい、自らの力だけでは生きて行く事が不可能になってしまったのです。

 まさに宿主と寄生虫やヤドリギの関係そのままです。

 このままでは共倒れします。その事を日本の政治家は考慮さえしていません。世界は何時までもこのままで続くと思っているかのようです。

 その内、木は根元から腐って音を立てて崩れ落ち、崩壊するでしょう。まさに私の家の庭木の樹液を吸い取られて枯死したカエデのようです。

 アメリカが滅びればどうなるのか。それは即ち現状の世界の崩壊であり、資本主義の崩壊なのです。

※添付した記事は直接の関係はないように見えますが、クルーグマンのような経済学者は、経済学がもともと庶民を騙す学問であること、TPPはさらに日本を食いものにするアメリカの作戦である事、等に思い至れば自ずと結果は理解できるでしょう。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-beee.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャ公務員、二日で一万人辞表

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011091701000102.html

 これは、ギリシャの財政事情が想像以上に悪い事を如実に証明しています。この状態では公務員不足により、国家の機能がマヒするでしょう。

 いくら周辺国やユーロ圏内の国々がギリシャを買い支えて支援しようとしても、自らが崩壊する可能性さえあります。

 遅かれ早かれ、スペインやイタリア、ポルトガルなどの財政に不安を抱える国々は、同じような状況に陥るかも知れません。

 これは財政に不安を抱える日本も同じことで、ある意味で公務員制度の不備とも言えるでしょう。官僚機構など所詮は自らが安寧な生活を確保するための手段にしか考えていない事の証であり、彼らには身を呈して国を守ろうという気概などもともとないのです。国家が滅ぶのは案外公務員制度からかも知れません。

 このように、行き過ぎた資本主義は内側から崩壊し得るのです。

 アメリカに於いても深刻な雇用不安が国内を覆っていますが、オバマ政権は、政府が雇用を増やす事によってこれを解決しようとしていますが、その限界が表面化しているのは、もともとの金融・貨幣制度の欠陥によるものものなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参加したら終わってしまう国を売られる瀬戸際のTPP問題…中野剛志・緊急提言

http://enzai.9-11.jp/?p=6623

 今日の国会の代表質問を聞いていても、野田総理は巧妙に質問者の質問内容をはぐらかして答弁していました。また、自民党の中のも多くのTPP参加推進者がいます。その事を良く知ってこの中野剛志氏の緊急提言を聞いて下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

民主党政権はなぜ古賀茂明氏を使えないのか

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/b8b7702f9c10d80f3cd97a03a45da2c2

 この記事は民主党政権の本質を伝えています。つまり、民主党政権は官僚主導を本気で止める気がないのです。それは元大臣のか海江田氏に強く言えます。言い換えれば、政治主導をやる気がないのです。

 さっきまで今日の参議院での代表質問を聞いていましたが、当面の問題であるTPP参加にしても、野田総理大臣は決して慎重に考えるとは言わず、言外にTPP参加に含みを持たせる答弁をしていました。

 つまり、野田総理も官僚の言うなりなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPP参加と大企業減税に前のめりになっている野田民主党政権

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-96d0.html

 この記事に書かれているようにTPP参加は日本の農業を破壊するだけではありません。医療も、建設業も、弁護士業務も含むほとんどすべての国内産業を破壊するものです。

 この記事にあるように、経団連が大企業の、特に輸出産業のみを擁護するためにTPP参加に前のめりになる事は許されません。

 この輸出企業のみを優遇するTPP参加推進は、国内産業のほとんどすべてを破壊するものである事を再認識するべきです。

 輸入についても、中小企業は惨めな環境に置かれています。例えば個人経営のガソリンスタンドです。円高によって原油の輸入価格は低下していますが、その利益のほとんどはガソリンメーカーに吸収されて末端のガソリンスタンドには廻されず、却って激烈な価格競争によって過酷な競争環境に晒され、廃業を余儀なくされるスタンドが続出しています。

 野田政権は、大企業優遇の政策を画策していますが、日本のほとんどの産業は中小企業で構成されている事を考慮し、大企業優遇の政策を直ちに改めて、国民生活に密着した国民が第一の政策に立ち戻るべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

911十周年で再考するテロ戦争の意味

http://www.tanakanews.com/110914WTC.htm

 同時多発テロと言われた911事件が起きて10年周年の今年、10周年記念の式典が盛大に行われました。そして、日本の大メディア、特にNHKが大々的に特集番組を組んで報道しました。そのどれもが妙に白々しく、心に訴えるものが少ない、言わばヤラセ的な番組構成でしたが、それを指摘したブログやネット記事は余り見かけませんでした。そ背景には、明確にこれはテロ事件であるという意図的なメッセージが存在します。

 911事件に直面したのは米・共和党政権でしたが、その前後は民主党政権でした。これは大きな問題です。この事を指摘した世に数ある911事件解説書は皆無です。アメリカは共和党であろうが民主党であろうが大した違いはない、というのが根底にあるのでしょうが、それは違います。この田中レポートはその事を明快に分析して見せています。

 それに、イスラム諸国とイスラエルの対応の違い、最近のトルコやエジプトの対応には大きな変化が見られますが、その事も明確に説明する記事が世にまったく出ていません。この田中レポートはそれにも明確に答えています。アルカイダは米CIAが蔭で操っていた組織ですが、アフガンのタリバンはアルカイダとはまったく違います。そのタリバンがなぜアメリカと敵対して戦争をするように至ったのか。その事も明確に答える記事は余り存在しませんでした。

 私の説明は些か牽強付会に過ぎるかもしれませんが、様々なチャネリングメッセージもその事に触れていないのはそれが原因ではないかと思うのです。

 いずれにしても、この田中レポートは今まで分析されて来なかった点をも見事に分析して見せてくれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日デモ逮捕者フランク夫妻のインタビュー

http://iwakamiyasumi.com/archives/12496

 私はこのIWJのインタビュー動画を見落としていました。明日(今日か?)時間を見てゆっくりと見て置きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州発の『有事』に備える日銀、ソブリン危機の波及を懸念

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110914-00000889-reu-bus_all

 今日昼の日本の株式市場は安値を更新しました。しかし、今のところ今夜開いているNYダウはそれほど下がってはいません。ですが、私はこれは嵐の前の静けさではないかと思っています。

 世界の金融経済は、欧州発の危機を迎え、最後の土壇場で踏み止まっている感じです。これが一旦土手が崩れれば、後は奈落の底に落ち込むような債券市場の崩壊が待っているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャのデフォルトは織り込み済み!

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/eb4f56899968cec9a6e3d9a3c7e42307

 既にギリシャ国債は紙切れ同然になっています。ギリシャの破綻を契機に通貨の不安定が全世界に及ぶ可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東電、ツラの皮厚過ぎ!

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110914/dms1109141147008-n1.htm

 この記事に対して何も付け加える事はありません。単に酷過ぎだという事だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マシュー君のメッセージ(49)

http://moritagen.blogspot.com/2011/09/blog-post_13.html

 マシュー君のメッセージ(49)が更新・翻訳されて森田玄氏のホームページに掲載されました。私は今回のメッセージを大変注目していました。その理由は、かの911テロの10周年記念式典がつい先日行われたばかりであり、NHKを始めとする大メディアが、テロがいまだにビンラディンやアルカイダの仕業であった、と間違った『公式発表』を流し続けているからです。また、どうでも良いような解説者や大学教授、知ったかぶりの一般人を登場させて、人びとを惑わせているからです。

 その事を、マシュー君は明確に否定しています。タカが冥界からのメッセージではないか、と否定する事は簡単です。しかし、その説明には否定し難い説得力があるのも事実です。

 911テロがヤラセ=インサイドジョブ(自作自演)である事は論を俟ちません。しかし、マシュー君はそれを誰が起こしたかに拘わらず、余りその人物を人物を責めて闇の根源にまで突き落としてしまうのを戒めているのです。

 大事な事は、ここ数カ月の内に真実が徐々に明らかにされるだろうという事です。

 それと、アセンションや次元上昇は、何時いつから明確に始まる、という事ではないとマシュー君ははっきり言っている点です。つまり、アセンションや次元上昇は線を引いてから始まるのではなく、振動数の問題であって、徐々に波動が上がるから結果的に第三密度から第四密度の世界に上がるという事です。この事は私が読んでいる別の情報でも言われています。20世紀の終わりには振動数が3.7に上昇している、という事です。

 ですから、私はある人々が、2012年の12月何日には地球がアセンションし、その前後三日間くらい地球の自転が止まったり、暗黒の日を迎える、という事をまったく信じてはいません。つまり、アセンションとは振動数の上昇であり、2000年の末には3.7の振動数になっている、という説明の方が正しいのです。

 いずれにしても、私がいつも言う事ですが、世界は現在大変革期を迎えています。それは、何時いつからアセンションして5次元世界に行く、という事では決してなく、既に地球は次元上昇を始めていて、少なくとも現在3.7~4.0以上の振動数になっているのです。

 詳しくは実際にマシュー君のメッセージをお読みください。そして、闇の勢力にコントロールされたマスメディアが如何に誤った情報を流して続けて来たかを如実に知って下さい。ただ、大事な事は、911テロがヤラセであった、という事だけではありません。911テロは人類を目覚めさせる、単なるきっかけであったという事に過ぎないのです。また、多数の犠牲者が出ましたが、その人たちは生前に魂の契約としてこの時期に地球を去る事を選択していたという事です。もちろんこの事は証明などできません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全米の貧困家庭4600万人に達する

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110914-00000014-jij-int

 貧困家庭の年収は日本円にして4人家族で172万円と規定しています。これに対応する制度としてフードスタンプがあります。要するに国の援助がなければその日の食事にもあり付けないという家庭です。

 これは聞きしに勝る貧困の数字で、過去最悪になっています。ブッシュ大統領の時、世界の警察官を標榜し、イラク戦争とアフガン戦争を起こしても、実態は厳しい貧困が国民の間に蔓延っているという事です。更に貧富の差が、どうしようもないほど拡がっているという点にも目を向けなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉢呂暴言記者、コソコソ逃げ回り最後はハイヤーで逃走

http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1315883255/

 最後はこういう顛末だった訳ですな。時事通信も大した事ないなぁ。いずれ日本の記者クラブ制度は崩壊するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉢呂前経産大臣の辞任のウラに政・官・報の合作によるメディアスクラムが存在した

http://enzai.9-11.jp/?p=6431

 この映像を見て納得しました。また、後を襲った枝野経産大臣が今日公式に言った事も、背景に鉢呂氏の姿勢があった事も解りました。これでは日本は官僚どもに良いようにコントロールされているだけです。政治家も情けない

 それで序に思い出しました。鉢呂氏は農協出身なんですね。農協がTPPに反対なのは、TPPに参加すれば日本の農業は崩壊するからです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110913-00000003-mai-pol

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原爆から原発へ、人類は滅びの道をまっしぐら

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/46b283f47afbff3cc444d17020874613

 昨日もフランスの核施設が爆発しました。この爆発の詳細は分かっていませんが、何だかテロの匂いもします。しかし、いずれにせよ核施設が危険で、ひとたび間違えば、周辺のみならず人類全体の危機になる事は間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

原発大国フランスで核施設爆発

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110912-00000135-mai-int

 これはロシアの航空機事故以上の大変な事故です。詳細は解りませんがサルコジ政権を揺さぶる出来事である事は間違いありません。これまでフランスはフクシマの事故を他人事のように見て来ました。自国だけは事故は絶対起こりようがないと。

 しかし、それは創られた神話に過ぎなかった訳です。逆に日本でも脱原発の動きが加速するでしょう。野田政権は定期検査とストレステストが終わって地元の了解が得られれば、徐々に原発を稼働させる方針であっただけに、このフランスの事故は今後の原発の再稼働と原子力発電の将来を大幅に見直す必要が出て来たというべきです。

 新しく経産大臣に就任した枝野氏も突然降って湧いたようなフランスの核施設での事故に頭を悩ます事でしょう。また、先日の東京での原発反対デモに厳しい取り締まりを行った警視庁も批判の矢面に立たされる筈です。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9C8197E09B9C99E2E08DE3E0E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.11自作自演テロ10周年記念…懲りない連中の追悼式典!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/91110_2a66.html

 アメノウズメ塾⑭は、これでもか、これでもか、と洗脳されている事を暴露し続けています。これで真実が解らなければどうしようもない低能です。

 ただ一つ解らなかったのは、これをやった人間は、因果応報という事を信じないのかという事でした。その事は、彼らが『神』というものの存在を認めていない=信じていない、という事です。神が存在しないのなら、何をやっても罰せられる事はなく、のうのうと生きて居られるというものです。

 ただ、そんな事はありません。宇宙には、『カルマの法則』というのが厳然として存在するのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月10日鉢呂経済産業大臣辞任会見の顛末

http://iwakamiyasumi.com/archives/12421

 私は当初、鉢呂氏が福島県へ首相ともども視察に行った際に発言した言葉を目にした際、これでは経産大臣になる資格はないな、と咄嗟に思いました。

 しかし、後でよく調べたりネットで出てくる内容をチェックして見るとどうも様子がおかしい。それで、実際はどうであったのか詳しく聞いて見る必要がある、と思ってこの会見を注目して聞いて見ました。

 そうしたらこの映像の後の文字起こしした部分を読んで、これでは日本の記者クラブ制度が崩壊しているという評判も当然だな、と思いました。

 というのは、私の最初の疑問が、大臣の辞任会見にしては異常に長い時間を掛けているな、という事と、途中で乱暴な言葉使いを発する記者が出てくるに及んで、これ以上見るに堪えなくなって見るのを止めてしまったのです。聞いていてまるでヤクザが被告をとっちめているような記者会見のようであり、大臣を吊るし上げるかのような記者会見は見る意味がないと思ったからです。

 文字起こしの文章を読んで、さもありなん。これでは何故大臣が辞任しなければならなかったのか、ある意味で、嵌められたのではないのか、というネットでの評判に納得が行った次第です。

 一般の国民は、鉢呂氏がトンデモナイ大臣失格者(いや人間失格)であるという理解が定着しているようです。しかし、この記者会見を聞いて見る限りでは鉢呂氏は何も辞任する必要はなかったのではないかと思うようになりました。

 それにしても、日本の記者クラブ制度は最悪です。IWJがこの会見の模様を取り上げたのは大正解です。あるネットでは、記者会見の終了直後、ヤクザのような質問を繰り返した記者は一体誰だろうと調べる積りで、名刺交換をして見たら解ると思っていたら、件の記者はそそくさとある大新聞の記者控室に逃げ込んだそうです。まるで頭隠して尻を隠さず、というお粗末な態度ですナァ。記者である前に、もっと人間力を磨いたらどうでしょうか?、呵々!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

911テロ満10年を想う

 911テロが起こって満10年を迎えました。その間、日本のマスメディアの報道姿勢はまったく変わっていません。いや、むしろ後退している感すらあります。NHKを始めとして大メディアが911テロの不可解さをまったく報じないのは異常ですらあります。

 国会では民主党の勇気ある藤田議員が911テロの不可解な点を追及して質問しましたが以降ナシのつぶてです。きっこの日記の著者が、この藤田議員の事を誹謗中傷して、何とバカバカしい質問を国会という権威ある場所で行うのか、と言った時、私はついに堪忍袋の緒が切れて『きっこの日記』を直ちに消去して、ゴミ箱に捨てました。日頃利いた風な事を書くきっこもただのバカな、ものの道理をまったく知らないハネ上がりの若い女の子に過ぎないと思ったからです。

 当時は自民党の小泉政権でした。その小泉氏はイの一番にブッシュ政権の行動を支持し、イラク戦争を侵略戦争とせず対テロ戦争の一環として支持したのです。天木直人氏がこの事を抗議して外交官を辞めたのはこの時です。

 今では、世界の言論界は対テロ戦争という言葉は既に『死語』にすらなっています。

 今晩のNHKの報道では、キャスターが慎重に言葉を選んで決してアメリカの公式発表に疑念を感じさせるような言葉を挟みませんでした。今日の夕方のニュース解説に、東大の児玉教授を登場させたのとは大違いです。

 911テロでは日本人の被災死亡者が24名も出ているのです。先日、その中の一人の遺族、御子息を911テロで亡くした父親の一人がどうしても子供を殺された理不尽さに納得が行かず、アフガニスタンにまで出かけて行って戦争のありさまを具に確認して来たというニュースが放映されていました。

 その中でこの父親は戦争で苦しむアフガニスタンの子供たちを目の当たりにして、これ以上戦争で苦しむ人間を出してはいけないと思い定めて、アフガニスタンの子供たちの生活支援を行っている、という事を報じていました。同じ父親なら、子供が戦争で苦しむ姿を見ていられなかった、という事でした。アメリカ人に果たしてこのような父親がいるでしょうか。

 今日のNHKの報道はこのような視点がまったく欠けています。恐らくアメリカに遠慮したのだと思われますが、NHKのキャスターも、911テロが、インサイドジョブ=自作自演であった事が判明した時、どんな反応をするでしょうか。その時のギャップを考えると人間の愚かしさが目に浮かびます。

 911テロから10年を経過した今日、このニュース報道に登場した父親の驚きを思わずには居られません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110911-00000093-jij-int

| | コメント (1) | トラックバック (0)

絶望的な第三次補正予算ともう一つの日本作り

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/11/#002027

 この天木直人氏の議論はよく解ります。しかし、実際には実現不可能です。今の日本の政治家にはこれを実行できる政治家は殆どいません。

 こうなればまったく政治の体制を変えなければならないのです。特に野田政権の財務省主導、アメリカ追随の姿勢ではこれまでの過ちを繰り返すだけであり、まったく絶望的です。

 エジプト革命を、と天木氏は言いますが、それも不可能です。今の日本にはエジプト革命を起こすほどの民衆の力も覚悟もありません。

 ではどうすれば良いのか。その答えは、今の世界の流れのように国の政治と経済体制を徹底的に崩壊させ、システムを造り変えるしかないのです。

 そうするには人間技では無理です。外部の力、ETの力にでも頼るほかはないのかも知れません。何をバカな事を、と殆どの人は思うでしょう。しかしよく考えて下さい。人類はこれまで他に知的生物はいない、頼るべき地球外生物など存在しない、という間違った考えに取り付かれてこれまで過ぎて来ました。例えば、そのテクノロジーも存在しないのに核エネルギーを弄んできてとうとう福島第一原発事故を引き起こしました。人類は間違った道を歩んできたのです。

 地球はいま、宇宙的な大変革期に遭遇しています。この大変革期に我々だけで存在を続けようとする事はもはや不可能です。こんな時にETの力を借りようとする事は考え違いだという人がいるかも知れませんが、そんな事はありません。人類という存在は孤独では無く、はるかな昔から、いやもともと人類は星からやって来たものなのです。進化論は間違っていますし、レムリアやアトランティスもお伽噺ではありません。人類は過去に何度も滅んで来たのです。同じ過ちを繰り返してはなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

嗤った!『前田武志国交大臣と私の超危ない関係』

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_b5c0.html

 この記事には驚きました。正直いって飄平氏が言うようにこの動画だけを見て事実関係を証明する事はできませんが、胡散臭い事はあります。

 また、民主党が北朝鮮と関係が深そうな事は、前菅内閣の時から噂され(国会質問等で)ていました。

 よって、私もこの拡散に賛同し、記事を再掲させていただくことにしました。

※前田武志参議院議員http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E7%94%B0%E6%AD%A6%E5%BF%97

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前原発言の乱暴性と野田内閣閣僚のトンチンカンな発言の違い

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/10/#002026

 天木氏の述べているように、前原発言と鉢呂経産大臣との発言内容は、まったく次元が違います。前原氏の発言は武器輸出三原則の見直しと集団的自衛権に絡むもので、場合によったら憲法問題に関係するものです。

 一方、鉢呂氏の発言は、内容的にはお粗末極まるもので、放射能を持って来た、という言葉は毎日新聞の記者一人のものであり、ウラもとれていません。全然次元の違う話です。

 前原氏の発言は米国にすり寄ったもので、売国的発言です。この発言こそ問題にすべきで、対ロシアや中国の尖閣諸島漁船衝突事件から何も学んでいません。こんな政治家が民主党の政務調査会長というのでは日本のこれからの政権運営が思いやられます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110910-00000024-mai-pol

| | コメント (0) | トラックバック (0)

911の公式説明を信じているのは911の公式説明を知らないせいだ

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/911911-4e1d.html

 私が911テロに疑問を抱いて世間に言い始めたのは、余りにもおかしな議論がまかり通って一般庶民が騙されていたからです。そのため私は一時キチガイ扱いされました。友達も無くしました。しかし、おかしいものはおかしいのです。NHKはいまだに911テロはアルカイダが画策し、オサマ・ビンラデインが犯人だと言い切っています。それはつい数日前の報道でも変わっていません。世界に冠たる大メディアが大ウソをいまだに報道し続けているのです。そのどこがおかしいのかはこの記事に詳しく書いてあります。

 しかし、そんな事よりも誰が何の目的のために911テロを起こしたのか、それが有耶無耶にされて何処かに置き去りにされ、最近ではオバマ大統領までがオサマ・ビンラディンを殺害=暗殺した事を公式に喜んでいる有様です。

 ですがこれは余りにも胡散臭く、おかしな事です。オバマの態度に不自然さが感ぜられます。オバマ大統領は何か下心があるように思えてなりません。

 それと、最後の映像で、ショック・ドクトリンの話が出て来ますが、現在の民主党政権が本気で大震災の復興を考えている訳ではないという議論もまったく同感です。TPP不参加を表明しないで、なし崩しに日本を対米従属に巻き込もうとしているからです。

 これらの事を総合的に判断すると、この国はまさに小泉構造改革以来自民・民主党内閣によってズタズタにされたと言っても過言ではありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どじょう内閣、早くも機能不全! 経産官僚がやりたい放題

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110909/plt1109091602003-n1.htm

 鉢呂新経産大臣などは軽率な発言で取り消し、このようなスキを衝いて官僚どもが蔭で蠢き始めたとして何の不思議もありません。このような内閣では早晩行き詰まる事必定です。

 ※鉢呂経産大臣の発言要旨http://www.asahi.com/politics/update/0909/TKY201109090380.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀は要らない!

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/147ccc62e98e606c0037c62a1c42b5ae

 このブログでも過去に何度も日銀不要論を書いて来ました。この記事にもあるように現日銀白川総裁の感度の鈍さはどう仕様もありません。

 こういう人物でも総理大臣よりも高い給与を食んでいるのです。皆さん、おかしいと思いませんか。日銀を廃止して通貨は財務省が発行すれば何の問題もないどころか、政府債務にもならないのです。それを解って居ながらそうしないのは、日銀がアメリカFRBの出先機関であり、アメリカイルミナティの締め付けがあるからです。

 それももう直ぐ終わりです。世界各国の不況は極限に来ており、パンク寸前なのです。そして不換紙幣に基づく何の根拠もない金融資本主義なる怪物も破綻して終わりになるのです。そうすれば全世界の借金は帳消しにされ、新しい黄金時代が始まるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

石巻・大川小学校の教訓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110908-00000020-khks-l04

 いざという時に教師たちや大人たちの状況把握の拙さが浮き彫りになりました。頼りにならないのは政治家や行政ですが、日頃からの危機感の無さがこういう時に表面化するのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK解約申し込みが9万件、地デジ化でTV離れ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110908-00000851-yom-ent

 どだい地デジ化は何の意味もないのです。民放もNHKも地デジ化は収益機会の拡大と経営の安定化の機会だと見て大キャンペーンを展開した訳ですが、かなりの人がこれを機会にテレビを見なくなるのではないでしょうか。

 また、今のように政府の御用機関と化したNHKや民放のテレビ番組は、その存在意義が徐々に薄らいで行くでしょう。これ以上国民をコントロールする事は止めてほしいものです。また、下らないおバカな芸能人を重用するばかりの視聴率狙いの低俗な番組は、見ていてバカバカしく何の値打もありません。1億総白痴化は昔言われた言葉ですが、今になってその弊害が表面化して多くの人に認められ始めたという事です。

 地デジ化はそれほど国民を馬鹿にして甘く見た事業だったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人とライオンが同居

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1315469331

 この映像を見てハッとしました。ライオンやトラなどの獰猛性は恐怖心に基づくものだという指摘です。ですから、恐怖心が動物に無くなれば人間といえども安全に同居できるという訳です。

 地底世界では、既に肉食の獰猛な動物が恐怖心を取り去って菜食になり、おとなしくなって人間とも共に平和に暮らしているという事です(手塚治虫マンガ=ジャングル大帝)。ただし、この事は証明できる訳ではありません。何と言っても今だ地底世界が存在している、という事実すら一般に知られていないのですから。

※ジャングル大帝http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E5%A4%A7%E5%B8%9D

| | コメント (2) | トラックバック (0)

増税で政府内が紛糾

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110908/plt1109081608009-n1.htm

 今の時期に増税を強行するのは、危険であるのは分かり切った事です。小沢グループが政府内に入ったからという説明は成り立ちません。 

 財務省も考えを変えないと、野田政権は行き詰まる事確定です。財務省のいうなりなる政策ではどう仕様もありません。藤井元財務大臣が妥協案を作ったようですが、あまり姑息な事はせず、今回は亀井国民新党代表のいうとおり政府が保有する郵政株や一般会計と特別会計の一本化などの方策により財源を捻出すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武田邦彦中部大学教授の一関市長への返事

http://takedanet.com/2011/09/post_d44c.html

 先日批判された一関市長への返事がネットに公開されました。大変興味深い内容ですので転載します。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-8b7b.html

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_8d83.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アルカイダというプロパガンダ

 今朝はNHKラジオのアルカイダ、アルカイダと連呼する放送で目が覚めました。NHKはいつまでこのようなプロパガンダ放送を流し続ける積りでしょうか。

 そういえばNHK局内にアメリカCIAの隠れた組織が陣取ってNHKの放送内容をチェックしているという事を思い出しました。考えてみればNHKも哀れなものです。日本政府の増税増税と叫ぶ姿も同じ様な構図です。

 それが無くなった時、初めて日本政府の政策の独自性が担保されるのかも知れません。

 しかし、その日は意外と近いような気がします。

 今日は目覚めの気分が悪かったのですが、考えて見れば夜明け間際に悪夢を見たのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田内閣の増税路線を国民新党の亀井代表が批判

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110907/plt1109071542005-n1.htm

 野田内閣の増税路線は財務省のリードのよるものである事は明らかです。国民新党の亀井代表はこれを批判して、「増税は壊れた井戸からつるべを使って水を汲もうとする行為に等しい。井戸には水がないのだ。愚かな事だ。そんな事をしなくても一般会計と特別会計を一本化したり、郵政改革法案を早期に成立させて郵政株を売却すれば40~50兆の資金はいますぐにでも作れる」と。(NHKニュースより)

 まったくその通りです。国民は騙されています。郵政改革法案は、アメリカのウラ工作によって自民、民主の売国勢力によって店晒しにされています。それをアメリカの工作を排除して日本の窮状を打開するために野田政権が本気になって成立を図れば、すぐにでも財源は出来るのです。(アメリカは郵貯や簡保の資金を狙って郵政民営化を画策したのであり、小泉構造改革はそのために行われようとしたのです。亀井静香氏や自見庄三郎氏等はその事のために自民党を追われ、一中小野党に成り下がってでも郵政民営化を阻止したのです)

 野田政権は財務省の傀儡でしかなく、増税しか眼中にありません。増税すれば増税の利権は財務省に転がり込み、未来永劫に亘って国民を絞り上げる事が可能なのです。まったく愚かな事です。

 こういう不正な事を目論む官僚や政治家は直ちに追放しなければなりませんが、いま世界は猛烈な勢いで変わりつつあります。時間を置かずして一般庶民を騙したり、絞り上げたりする勢力は居なくなるでしょう。

※自見庄三郎http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%A6%8B%E5%BA%84%E4%B8%89%E9%83%8E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、世界で何が行われているのか? 風雲急を告げる混沌の世界情勢

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_ff6b.html

 この映像の中でのベンジャミン・フルフォード氏の警告は、「ふるやの森」に翻訳されて掲示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYダウ大幅下落…現地時間午前10時半現在296ドル安!

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381E19E939C8BE2E38DE2E4E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E3

 NYダウが大幅に下げています。現在日本時間23時50分で296ドル安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロの破綻とは、ユーロ加盟17カ国の同時破綻と同じだ

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/573be39584545cab960407424b05743f

 いよいよユーロの危機が真に迫ってきました。ギリシャの国債は43%という驚くべき金利で売却されています。これで正常な金融政策と言えるでしょうか。

 世界を覆う金融資本主義の危機は、ユーロ圏のヨーロッパを巻き込み、アメリカを粉砕し、世界の資本主義経済の終焉に至るでしょう。そうして初めて新しい時代が始まるのです。

 即ち、水瓶座=アクエリアスの時代というのは、創造の前に徹底した破壊がなければ、決して齎されないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故前、私は超原子力推進派でした…作業員Tさんの思い

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/t_d040.html

 この映像を見て思う事は、京都大学原子炉実験所の小出裕章博士の言葉です。それは、「3月11日を境にして世界は変わってしまった」です。この言葉の重みをよく考えて見なければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島第一原発で何が

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_3fd9.html

 国と東電はこの現実を真摯に認め、対策を講じなければ人間ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売国奴前原誠司という男

http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/06/#002022

 この記事は元外交官である天木直人氏ならではのものです。それにしても、菅前総理といい、前原元外務大臣といい、日本にはまともな政治家は一人もいません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

菅首相の献金疑惑

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110906-00000087-san-soci

 これは大問題です。徹底的に調査し、いやしくも政治とカネの問題を有耶無耶にする事のないよう公表すべきです。それにしても額が膨大すぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国のUFO騒ぎ

http://www.epochtimes.jp/jp/2011/09/html/d34516.html

 先日のクロップサークルの件もあり、迂闊に信ずる訳には行かないようにも思います。普段見慣れたUFOとはちょっと違うように思いますが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

飯島秀行氏講演、ゼロの法則!?

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/20110514_7cf1.html

 このビデオははっきり言って私には解りません。しかし、フリーエネルギーはこうして生まれるのかも知れないとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラエルを悪者に仕立てるトルコ

http://www.tanakanews.com/110905israel.htm

 イスラエルはいま窮地に追い込まれています。かつての盟友エジプトのムバラクが革命によって裁判に掛けられ、国内ではインフレ政策に不満を持つ国民のデモが起きています。

 現に今日も現地からの報道では45万人デモが起きていると言う事です。まさに内憂外患で、イスラエル国家が消滅する事もあり得ます。そしてパレスチナが国家として承認(国連加盟)される日が来ようとしているのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110905-00000200-reu-int

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故こんなに台風12号は大災害をもたらしたのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110905-00000042-jij-soci

 台風12号が日本列島に甚大な被害をもたらして現在日本海にあって、温帯低気圧に変わったとの事です。

 しかし、先ほどNHKラジオを聞いていましたら、ある解説委員が驚くべき発言をしました。それは、これほどの被害をもたらしたのは「地球温暖化の影響」ではないのか、と言った言葉です。さすがにこの時NHKに出演していた、気象学の専門家はそれはない、と断言していました。

 私はこの解説委員の発言に驚くと同時に、この解説委員の不勉強もさることながら、ジャーナリズムに蔓延する「地球温暖化シンドローム」の酷さを今さらながら再認識させられました。さすがに気象学の専門家はその言葉には迂闊に乗りませんでしたが、では、今回の台風12号は何故こんなに大災害をもたらしたのか、という答えには窮していました。

 これは、気象学者といえども、地球全体の現象に気を配っている訳ではない事を示しています。即ち、地球温暖化の現象は太陽活動の活発化が根本の原因である事を余り認識していないのです。

 それに付け加えるに、自然現象と言うものを大局的に捉えていない事です。つまりその場その場の小さな現象のみを捉えて大局を判断しようとするから全体の動きを捉え間違うのです。つまり、木を見て森を見ず、の弊に堕ちいっているのです。

 端的に言って、地球は宇宙的なサイクルの大変動期に入っています。それで局地的には気象現象が従来のデータからは捉えきれなくなっているのです。 

 また、自然は雲も河も海もみな生きています。例えば河一つを取って見ても、人間は自然を征服しようとばかりしていて、上手く活かそうとはしていないのです。川岸はコンクリートで固め、堤防はより高くし、流れは蛇行を避けて直線化させ、自然に生える葦や魚などの生き物が済み難くしているのです。それが自然をコントロールしている、と誤解しているのです。

 今も言ったように河も生きています。その事は小さな田舎をチョロチョロと流れる小川にも言える事です。今回の奈良や和歌山の川は大河ではありません。しかし人間はそれらの流れまでも改変して自分たちの都合の良いように作り変えているのです。いざと言う時にはその小さな流れが激流に変わるのです。小川も怒る時があるのです。言わばそのツケと言うか、反動が今回の台風災害に反映したとは言えないでしょうか。

 大局的には地球は宇宙的な大変革期に直面し、気象学的には太陽活動の活発化と、中小河川といえども自然な現象を無視した河川工事により川の自然な流れを阻害し、自分たちに都合の良いようにばかり改変したツケなどが総合的に作用したのではないでしょうか。

 人間は自然を征服し、コントロールしようという、奢り高ぶった考えを今こそ変える時です。今回の災害で犠牲になられた方々にはお気の毒ですが、政府の対応にも疑問が残りますし、先の東日本大震災の傷跡も残っている最中に起った今回の台風災害は、これまでの人間の営みの儚さを感じさせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二大政党制は日本の終わり!

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-f162.html

 この植草一秀氏の記事を読んで、私はある事を思い出しました。それはもう二元性の時代は終わりだと言う事です。二元性とは、善か悪か、右か左か。白か黒かという時代です。一つの象徴的な現象が勧善懲悪という時代劇の手法が、視聴者のニーズに飽きられてテレビのドラマから消えようとしている事です。

 植草一秀氏はそのような事は頭にないでしょうが、時代ははっきり替わろうとしているのです。自民党の復活はあり得ない事はもちろん、民主党の再生もないという事、つまり二大政党制はもう終わりなのです。

 その端的な例がイギリスの二大政党の衰退であり、その予備軍としてのアメリカの民主・共和の二大政党の終焉なのです。結果として日本が二大政党制を求めようとすればするほど国民からは遊離し、民意から離れて行くでしょう。時代は決然として逆流のない奔流になろうとしているのです。我々はその事に気付かなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リビアで起っている民衆蜂起の真相!

http://enzai.9-11.jp/?p=6157

 今のリビア紛争は極めて不可解な動きをしています。カダフィが中東の狂犬だと言う話はNATO勢力が作り上げたプロパガンダに近い話です。本当は何が起こっているのかよく見極める必要があります。

 キューバのフィデル・カストロ前議長がリビアの反カダフィ勢力を認めない、と宣言した事のウラには、NATOが不当にこの戦闘に介入した事が窺えます。一般の人からすればカストロのキューバはどうせ共産主義者からだろうと思うかもしれませんがそれはとんでもない誤解です。

 フィデル・カストロはアメリカに巣食うイルミナティに抵抗したただ一人の知識人であり、現在ではロシアのプーチン首相もその一人に加わっています。いずれにしても、リビアで起っている事はよく見極める必要があり、イルミナティが崩壊しようとしている現在、何らかの最後の抵抗が、リビアの反政府組織に食い込んでいる可能性があります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110904-00000035-mai-int

| | コメント (1) | トラックバック (0)

台風12号の動きには不可解な点が多い!

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110904-00000837-fnn-soci

 台風12号のこれまでの動きには不可解な点が多いです。極めて遅いスピードと、広大なエリア、衰えない強さなどこれまでの台風の概念を変える常識はずれの台風でした。

 あるサイトではこの台風が人工デジタル台風であるような事を書いていました。俄かには信じ難い話ですが、あり得ない事ではありません。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110904/k10015364911000.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福島で一体何が起きているのか

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-827.html

この記事には異論がある人もいるでしょう。しかし、幾つかのメディアで明るみに出された事は真実の一端を示している可能性があります。 

 福島県知事ともあろう公的人物が、福島県民の他県での診察を妨害するなど信じられない事ですが…。ただ、山下俊一氏と言ういかがわしい人物を福島に呼んだのは佐藤雄平知事です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

車内から見た津波瞬間!!、走行中に…濁流が襲う

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_b5f7.html

 これを見て驚くのは、人間の営みのちっぽけさです。大自然の猛威の前に何もなすすべなく、ただ立ち竦むばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走行中に津波瞬間「濁流に飲まれる」

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_b5f7.html

 この映像はショッキングです。これを見て思う事は、人間の営みの何とちっぽけな事か。自然の猛威の中でただ茫然と立ちすくむばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米当局、サブプライム問題でバンカメや野村などの大手金融機関を提訴

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110903-00000069-reu-bus_all

 この動きは、世界の金融システムの大変革に繋がる可能性があります。日米の大手金融機関はただ儲けるために庶民を食いものにして来ました。もうそういう時代は終わりです。ゲームオーバーなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田政権は直ちに財務天下りを全面禁止せよ

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-dc76.html

 この植草氏の記事により野田政権がどのような閣僚を起用したのかが良く解るでしょう。野田政権は増税と緊縮財政に邁進する積りです。

 このような中にあって、野田政権に取り込まれた小沢一郎氏のグループがどのような動きをするのかが今後の注目になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢系3グループ統合、小沢氏自ら会長に就任

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110901-00000085-mai-pol

 これは当然小沢新党への布石でしょう。野田新総理の今後の政治の進め方次第では決然と民主党を出て、自らが先頭に立って新しい道を切り拓く覚悟の筈です。

 民主党も自らが政権交代を果たした時の意味が消え失せてしまい、また自民党も元いた頃の自民党とはまったく変わり果ててしまって、往年の面影はありません。

 国民生活が第一の政治を取り戻し、かつ政治主導の政策を復活させ、この動きの中に鳩山元総理のグループや弟の鳩山邦夫氏を取り込み、将来の総理大臣候補として原口一博氏も加わるなら、言う事はありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いやはや、痛快極まる久々の政界展望

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_cf11.html

 この飄平氏の分析は的を得ているかも知れません。野田氏の総理選出の過程には些か割り切れないものを感じてもいましたし、輿石幹事長選出の過程でも不可解な思いがしていました。 

 野田氏が豹変するのは大歓迎です。どうせ財務官僚がいくら頑張ったところでタカが公務員であり、本物の政治家ではないのです。国民が第一の政治と政治主導が本物かこれからが見ものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島田紳助問題が意外なところに飛び火!

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/14cf6f45004eba1962361cc446d727ac

 島田紳助問題が意外なところに飛び火しました。しかし、これは考えて見ると世界の大転換の一部の動きと見る事ができます。

 マスコミはこれまで偏向記事を書いても咎められる事は余りありませんでした。それが行き過ぎて一般社会から批判もされない増長姿勢を生み、一部の世界的権力者にのみおもねる報道姿勢を生んだのです。つまり、身から出た錆です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大600億ドル浪費…イラク・アフガン戦争で

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110901-00000100-san-int

 いよいよアメリカにも厭戦気分が蔓延ってきました。軍産複合体やペンタゴンの浪費・不正が明らかになりそうです。アメリカも末期的症状を示しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀井国民新党代表、延長国会は今のいかれた日本の象徴

http://www.janjanblog.com/archives/48714

 国民新党から見ればまったくこの通りでしょう。野田新首相に対して財務省官僚に乗っ取られるな、とクギを刺したところなどはまさに図星。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »