« マシュー君のメッセージ(48)が翻訳・更新された! | トップページ | 野田氏の悲劇、財務省からの『洗脳』 »

郵政改革の遅れは米国の圧力

http://www.janjanblog.com/archives/47754

 この事は、今の日本のマスメディアにはいくら言っても糠に釘です。それほど日本の大メディアの記者連中は骨抜きにされています。これを正面切って取り上げているのは国民新党だけです。

 なぜ日本人のカネを日本のために使う事が彼らに理解されないのでしょうか。つまりは外務省も財務省も売国奴ばかりが幅を利かせている、という事です。まったく日本の官僚どもは腐っています。カネを握らされれば何でも言う事を聞くんですから。このカネをアメリカに送っても、アメリカの債務の解消に使われるか、軍事費の肩代わりにされるだけです。つまり、ドブに捨てるのと同じ事なのです。情けない!

|

« マシュー君のメッセージ(48)が翻訳・更新された! | トップページ | 野田氏の悲劇、財務省からの『洗脳』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41266495

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政改革の遅れは米国の圧力:

« マシュー君のメッセージ(48)が翻訳・更新された! | トップページ | 野田氏の悲劇、財務省からの『洗脳』 »