« 日経平均終値8628円、年初来安値に近付く | トップページ | 50年以上前にソ連で核兵器工場爆発事故があった! »

衰退する帝国:国債の危機は戦争の「前奏曲」?

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/615/

 確かにアメリカの債務問題は一時的なデフォルトを免れたと言ってもそれは時間の問題でしかありません。

 この記事の筆者は戦争への「プレリュード=前奏曲」だと表現していますが、もう一つ別な見方があります。それは金融資本主義経済の崩壊です。もう彼らイルミナティに戦争を起こすだけの余力が残っているとは考えられないからです。

 それにしても、日本の政治家どもの菅総理後継選出のための民主党代表選騒動の程度の低さはどうでしょうか。余りのKYぶりに呆れを通り越してバカバカしくなります。

 ※ただし断って置きたい事が一つあります。それは金融資本主義経済が崩壊するという事が、即この世の崩壊(終わり)という事にはならない事です。むしろそれは来るべき人類の『黄金時代』のプレリュードになるだろう、という事です。資本主義経済が人類の最高の体制ではないように、貨幣経済がもたらしてきた幾多の悪弊はこれまで人類を苦しめて来たのであり、戦争がその代表的な事例です。もう直ぐ人類の夜明けが始まり、幾つかの情報が示すように貧困と環境汚染と抑圧と、いわれなき戦争に人々(庶民)が駆り出される事がもう直ぐ終わるのです。

|

« 日経平均終値8628円、年初来安値に近付く | トップページ | 50年以上前にソ連で核兵器工場爆発事故があった! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41313862

この記事へのトラックバック一覧です: 衰退する帝国:国債の危機は戦争の「前奏曲」?:

« 日経平均終値8628円、年初来安値に近付く | トップページ | 50年以上前にソ連で核兵器工場爆発事故があった! »