« アメノウズメ塾!!⑨ | トップページ | 福島第一原発は最悪の事態に陥っている! »

アメリカ独裁制と蔭の権力者

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/601/

 私はアメリカのオバマ大統領が蔭の権力者たちの召使だとは思っていません。このブログの筆者もそう思っているフシが感ぜられます。

 オバマは嫌々ながら蔭の権力者の言いなりになっている風を装っているだけだと私は思っています。いつか時期が来たら、彼はその仮面をかなぐり捨てて、本当の政策を実行する筈です。

 そして、その時期は極めて近い、と思います。その意味で、日本の大多数の評論家たちは彼を見誤っています。

|

« アメノウズメ塾!!⑨ | トップページ | 福島第一原発は最悪の事態に陥っている! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

深く武山さんに同感しま
す。そしてまだオバマ大統領を信じたい。ここ半年前からのやつれ疲れきった顔と白髪の増え方からとてつもなく苦しむ胸のうちが垣間見れます。大統領就任時の回りに希望を抱かせずに入られない清潔な聡明さ、半年ほど前にローリングストーン誌に載っていた、歌いおわったあとのボブ・ディランとの握手をした時の心なしか寂しげな笑顔、作り話のビンラディン氏殺害を報じた時のスポークスマンのような惨めな姿。信頼感ある取り巻きを次々と切られ、オバマ本人の意向が、議会を通過すると総て骨抜きになってしまうと言われるなか、彼は二種類の帽子をかぶりわけていると言われています。そうせざるを得ないと言われています。武山さん同様、まだ彼を信じたい。間もなくやって来るであろうデヴィッドの死期を見計らい、つまりはじめから二期目まで
標的を絞り、命を賭けて暗殺の可能性も覚悟の上で世界の劇的な変革に関わり携わってくれると期待し願います。

投稿: コムロ | 2011年8月 2日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41054538

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ独裁制と蔭の権力者:

« アメノウズメ塾!!⑨ | トップページ | 福島第一原発は最悪の事態に陥っている! »