« 小沢氏、協力要請に難色 | トップページ | CNN:アルカイダの事はしゃべるな、さもないと殺されるぞ »

原子力帝国:訳者あとがき

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-0e0d.html

 この記事には触発されることがあります。直接記事の内容には関係ありませんが、小沢一郎氏の裁判問題。最近のNHK等の報道では、ことさらこの事を取り上げて煽っているような感じを受けます。

 そして、マスコミの劣化、これが限度にまで来ています。上杉隆氏の言っている事は的を得ています。今の民主党政権は落ちるところまで落ちています。上杉隆氏は小沢一郎氏のそばに居てその事をつぶさに見て来ている筈です。

 話は元に戻りますが、日本は原子力利権に汚染され切っています。その事は民主党、自民党を問いません。福島第一原発の事故は真相がいまだにすべて開示されているとは到底言えないのです。このような中にあって、犠牲になっているのは子どもたちであり、一般の庶民なのです。これは何度言っても言い過ぎる事はありません。

 話は更に変わりますが、小沢一郎氏の事は前原前外務大臣の代表選出馬に隠されて、氏の本音がいっこうに伝わってきません。

 これらの事は根っこのところですべて繋がっているのです。そもそも小沢一郎氏の政治資金違反事件は、まったくの冤罪です。検察が徹底的に捜査して二度も起訴しようとして、尚且つ裁判の公判を維持できるだけの証拠が揃わず、起訴を諦めた案件なのです。検察自身が自前で起訴しようとして起訴できなかった案件なのです。それで、無理にでも起訴しようとして検察審査会制度を利用してデッチ上げの裁判を行おうとしているのです。

 しかも、その裁判の時期が菅総理の退陣表明と重なり、後継の代表選びにかち合うように工作され、小沢氏が間違っても総理大臣に選ばれる事のないように謀ったのです(これはウラでアメリカCIAが工作している事が疑われます)。庶民はまったくツンボ桟敷に置かれているのです。

 考えて見れば、今回の島田紳助事件も、小沢氏の件があまり大袈裟に扱われないようわざとかち合わせた感すらあります(ウラで警察が蠢き、島田紳助が警察の利権を犯したために自分たちの利権を死守しようとしてわざとこの時期に事件が表沙汰になるように計算した様子が窺えます)。日本の政治、検察、官僚組織は腐り切っています。

|

« 小沢氏、協力要請に難色 | トップページ | CNN:アルカイダの事はしゃべるな、さもないと殺されるぞ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41344591

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力帝国:訳者あとがき:

« 小沢氏、協力要請に難色 | トップページ | CNN:アルカイダの事はしゃべるな、さもないと殺されるぞ »