« 隠された臨界事故、志賀原発で何が起きたのか | トップページ | ハリケーン、NYを直撃 »

議会政治を崩壊させたのは誰か

http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2011/08/70.html#more

 この平野貞夫氏の論には説得力があります。日本で最初の政権交代を成し遂げたのは小沢氏であり、鳩山由紀夫氏の内閣でした。菅内閣になってからそれがまったくひっくり返されました。ウラには財務・外務・防衛の官僚どもが蠢いていたのです。

 私は一昨年の政権交代がなしとげられる直前に、この動きを直接霞が関から見ていました。財務・外務・防衛の官僚どもが秘かに動き始めたのです。その背後にはアメリカCIAとマスコミのリークがありました。その直前の動きを私が霞が関に行っていた時に感じたのです。

 この平野貞夫氏の記事はそれを裏付けています。

 海江田氏がこの動きを制する事が出来るか。その一手に今後の海江田内閣の成否が懸かっています。また、TPPも海江田氏は慎重に進めると今日の議員に対する討論会で明言しています。つまり、如何に「国民の生活が第一」の政治を取り戻す事が出来るかに海江田内閣の存亡が懸かっているのです。

|

« 隠された臨界事故、志賀原発で何が起きたのか | トップページ | ハリケーン、NYを直撃 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「議会政治を崩壊させたのは誰か」
犯人探しに終始していたら、何にも見えないと思います。
菅内閣が、最後の引き金を引いたのでしょうが、彼らだけが悪いわけじゃないと思います。

戦後日本の国会議員全員の連帯責任だと思います。
国会議員だけでなく、官僚、教師、そして、国民全員でしょう。

誰かがやるから、自分はやらなくていい、考えなくていいといつのまにかそういう風潮になってしまったのは何故なのか。
その部分をしっかりと見つめなおさないと、今は解決したとしてまた繰り返すのではないかと思います。

日本人全員が試されているのだと思います。
偉そうなこと言ってますが、これは、自分自身の無関心に対しての反省でもあります。

投稿: ひろみ | 2011年8月28日 (日) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41392572

この記事へのトラックバック一覧です: 議会政治を崩壊させたのは誰か:

« 隠された臨界事故、志賀原発で何が起きたのか | トップページ | ハリケーン、NYを直撃 »