« イスラエルで再び大規模デモ! | トップページ | 保坂展人世田谷区長の参加した夏まつり »

アメリカはいま戦争を起こした事のカルマの清算を受けている

 夜中の午前二時に起き出してこれを書いています。それは、ふと思いついてこれだけはどうしても書いておかなければいけないと思った事があるからなのです。

 昨日は朝、午前8時15分過ぎから66回目の広島の原爆投下忌の式典がありました。この原爆投下で一体何人の死者が出たか、その事は歴史が示しています。悲惨な歴史は、語り部が少なくなったとは言え、なお直接の経験者から今や第二世代の語り部に引き継がれて語られ始めています。

 しかし、私は複雑な感情を持たされています。一体日本人の何人の人がこの原爆投下の本当の意味と真実を受け止めているのだろうか、と。

 私の親戚にも一人被爆者がいました。

 そこで、敢えて言います。多くの日本人のみならず、アメリカ人でさえ原爆投下の真の意味を知っている人は居ないと言う事を。この原因になった第二次世界大戦は、専ら日本の天皇制と軍国主義的世界制覇のためであった、と聞かされ、学校でもそう教えられて来ました。また、原爆投下は戦争を早く終わらせるためであった、と。

 でも、それは嘘です。日本はアメリカの謀略によって戦争に巻き込まれたのです。それは数々の歴史的事実によって証明されつつあります。ヴェノナ文書もその一つです。

 ですが、その事を今さら蒸し返しても何の意味もありません。それよりも、最近のアメリカの窮状は目を覆いたくなるほどであり、4,000万人以上もの人々がフードスタンプという政府の食料支給制度によって、やっとその日の食事にありつける、という有様であり、失業率も9.1%という高率です。この数字は日本の約2倍です。しかも、アメリカはこの数字には下駄を履かせている疑いが濃いのです。ということはアメリカの国民生活は見た目よりも更に酷い状況だという事です。

 翻って日本は、そこまでは悪くなってはいませんし、人情にしても東日本大震災を見ても分かるように、温かい助け合いの精神がまだ健全に残っており、アメリカほど酷い事にはなっていません。

 経済状況を見ても、アメリカは借金まみれで、これでよく生活が成り立つものだと思わざるを得ません。

 これはなぜでしょうか。それは、ごく一部の為政者のやった石油利権による戦争行為などの残虐なカルマのせいだと言うのは言い過ぎでしょうか。

 アメリカは既に破産状態です。経済は破綻しています。アメリカがデフォルトしそうだったのは記憶に新しいところです。辛うじてデフォルトは避けられましたが、今後半年後には更なる窮状が待ち受けています。当局者はこれをどう切り抜ける積りでしょうか。大変難しいと言わざるを得ません。

 正直を言うと、アメリカ資本主義経済は崩壊するでしょう。そして日本もそのあおりを受けて大変な事になる筈です。その責任は今の無能な政治家にあります。

 ただ、言える事がひとつあります。それはこの世界の窮状を救うのは、日本人かも知れない、という事です。

 その時、アメリカ人は本当の事を知るでしょう。なぜ第二次世界大戦が引き起こされ、原爆が二発も投下されたのかを。そのために何人の人の血が流されたのかを。

 言って置きますが、原爆投下は戦争を早く終わらせるためでは決してありませんでした。アメリカ人はその真実に気付くべきです。また、苦しみは日本人だけが受けたのではないのです。

 他にも書きたい事が山ほどありますが、昨日の66年目の原爆投下忌にあたり、せめてこれだけは書いて置きたいと思って、夜中に起き出したのです。

|

« イスラエルで再び大規模デモ! | トップページ | 保坂展人世田谷区長の参加した夏まつり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 先生、お忙しい中メールをくださり、誠に、ありがとうございました。以前、メール
でお話しした、私の友人が、「日本の旧軍部の指導者たちは、原爆が投下される
。ということを事前に察知していながら、何ら手を打たなかった。」と言っておりました。「多数の国民が犠牲になることを知りながら、わが身のことしか考えていなかった。」と憤っていました。
 ラビ・バトラ教授のことは、友人も知っていました。ただ、「資本主義の崩壊はカウントダウンにはいっており、教授の予言よりも先に延びているにすぎない。」とも言っています。前にもメールで申し上げましたが、くれぐれも、お体を大切になさってください。

投稿: 上原 敏雄 | 2011年8月 8日 (月) 10時41分

先頃は、ひとつの記事だけを見て
苛立ちを覚えてしまいましたが、
より多くの記事を見させて
頂いて、面白半分で超科学の類の
ようなもの題材に書いている
わけではないとわかり、
他の分野でも情報をあつめ
意見を豊富に持っていらして
いることも同時にわかり、
先頃の自分の行動を、
申し訳なく思っています。

申し訳ありませんでした。

投稿: ほき | 2011年8月 7日 (日) 16時08分

日本は他国(ソ連)の戦略に載ってしまったのだ

戦争を回避できない政府を選んだツケか?

敗戦の理由・・実は軍の首脳部の判断ミスと無責任

要は責任を取りたくない そんな人たちばかり

今の政府と似てないだろうか?

投稿: すぎもとたかふみ | 2011年8月 7日 (日) 11時43分

おはようございます。 原爆で亡くなられた方たちの魂は粉々になり、宇宙に
浮遊していて、人が生まれてくるときに記憶のかけらとして人が少しずつ持って生まれて
くるそうです。今生でその清算をしてまた、魂として生まれ変わるという思いなのでしょうか? 量子的な治療をしている方に教えていただきました。神様のお計らいだそうです。
私は 自分の中にもその記憶のかけらがありました。(意識的にはまったく
ありませんが、身体の中のある部分にありました)

だから原爆は二度としてはいけないのでしょう、普通の死であるなら魂は復活
するのですから。

最近時折 アメリカのフードスタンプの写真の光景が心に浮かびます。 このままの日本では
その風景が実現されてしまいます。 自分の中(ハート)をお掃除して、光を取り込めば そのような事にはならないのに・・・ と感じています。 政府ではなく自分
をお掃除すればよいのです。 誰にでもできます。 ^^

ありがとうございました。

投稿: くみ | 2011年8月 7日 (日) 08時33分

アメリカだけじゃなく、欧州もそうだと思います。

ギリシャ・ローマ時代以前に、欧州には各地域に先住民がいたのですが、
長い侵略の歴史の中で今では、かなりあいまいになってしまっています。

新しくは、新大陸発見で、先住民を虐殺した事実があります。
同じようなことをアジアでもやろうと思ったけれど、できなくて、
植民地化するに止まり、日本に関しては植民地化ができなかったため、
何度も戦争を引き起こして、占領という形で見えない植民地化を
計ったのではないでしょうか。
16世紀の戦国時代からずっと自分達のものにしたいと狙って
いた日本でしょうから・・・。
もしかしたら、もっともっと古い時代からかもしれません。

鯨油をとるために、クジラを乱獲した事実があります。
そして、今は、文化としてのクジラ漁をしている人々を非難しています。
自分達がやった過去の過ちを棚に上げて・・・。
動物愛護という名の下に、自分達の過去の罪を他者に擦り付け
ているような気がしてなりません。

アメリカ自体も実は、英国の植民地なんですよね、今でも。。。

そういう、歴史の矛盾がどんどん暴かれていくのではないでしょうか。
そして、その中で、やられたらやり返すの法則を使わない人達が、
きっとこれからの世界を引っ張っていくのではないかと思います。
他者の罪を許し、その存在そのものを広い心で受け止めることができる人たちが・・・。
闇を光に照らし、闇を闇でなくしてしまうように・・・。
闇自身がその存在の意義をなくしてしまうように・・・。

(かなり妄想入ってます・・・)

投稿: ひろみ | 2011年8月 7日 (日) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41112894

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカはいま戦争を起こした事のカルマの清算を受けている:

« イスラエルで再び大規模デモ! | トップページ | 保坂展人世田谷区長の参加した夏まつり »