« 山本太郎氏、福島の子どもたちと、内閣府・文科省・保安院の役人と対峙 | トップページ | 郵政改革の遅れは米国の圧力 »

マシュー君のメッセージ(48)が翻訳・更新された!

 マシュー君のメッセージが森田玄氏の手によって翻訳・更新されました。内容は幾つかのサイトで既に掲載されていますので、詳しくはそちらを参照してください。

 そこで、私はかいつまんで内容の分析と展望をしてみたいと思います。間違っている場合もあるかも知れませんので、その場合はご容赦ください。

 ①世界の株式市場はイルミナティのコントロール下にあったが、既にコントロールを失い、新しい金融商工基盤が機能し始める。

 ②ルパート・マードックのようなメディア帝国は破壊され、大衆のマインドコントロールは無くなる。

 ③ソマリアの飢餓が世界の注目を集めるようになった。

 ④ロンドンの暴動は、貧者をますます貧者に、富者をますます富者にしようとする事に対する大衆の怒りである。

 ⑤アメリカ共和党の政治家は頑固な派閥政治家であり、私利私欲と利己主義の塊である。

 ⑥世界変革の最終段階はデコボコ道になるが、必ず良い方向に達成される。

 ⑦間違った宗教教義と不完全な科学信仰者が頑なに抵抗する。

 ⑧これから暫くは、必要な食料と幾らかの現金を用意しておくと良い。

 ⑨不正な法律はすべて廃止される。

 ⑩フリーエネルギーに対する抑圧は数カ月以内に終わり、HAARPも止められる。 

 ⑪土壌や大気の放射能汚染は除去され、核施設は解体される。

 ⑫すべての戦争は段階的に終わり、各地にある軍事基地は撤収され、兵士は故郷に帰る。

 ⑬貧困が改善され、富が大衆に平等に配分される。

 ⑭人間のテレパシー能力が回復され、自動翻訳機能により人類の言語能力が飛躍的に向上する。

 何という平和な、平穏な時代になるのでしょうか。これらが一度に実現されるとは言いませんが、最終的には2012年の終わりまでには実現の見通しが立つでしょう。

|

« 山本太郎氏、福島の子どもたちと、内閣府・文科省・保安院の役人と対峙 | トップページ | 郵政改革の遅れは米国の圧力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/41263613

この記事へのトラックバック一覧です: マシュー君のメッセージ(48)が翻訳・更新された!:

« 山本太郎氏、福島の子どもたちと、内閣府・文科省・保安院の役人と対峙 | トップページ | 郵政改革の遅れは米国の圧力 »