« なでしこジャパンに国民栄誉賞を! | トップページ | アメリカの負債問題が泥沼化! »

大企業の横暴を暴く!

 今日はこのところ横暴を極めている大企業について書きます。大企業と言えば、東電を始めとする経団連です。

 ですが、東電以外にも日本には多国籍企業という性質の悪い大企業がいます。それは石油関連の大企業です。

 実はこの石油関連の大企業が実に悪辣な商売をやっていたのです。多くの国民はガソリンを購入するのにガソリンスタンドのお世話になりますが、実はガソリンスタンドは中小企業が殆どです。ガソリンの儲けは殆どが大企業が吸い取って、最後の商売人であるガソリンスタンドには僅かな収入しか残らないようなシステムになっているからです。

 そのガソリンスタンドも、仲間内の競争によって少ない利益を食い合う構造になっており、益々利益が乏しくなっています。この構造は、仲間内の競合を競い合わせる事によって、強い者は益々強く、弱い者を淘汰するシステムを創り上げているのです。

 ガソリン業界も、最後は超大手の石油メジャーに行きつきますが、彼らこそイルミナティの張本人です。末端のガソリンスタンドはまさに犠牲者なのです。

 エネルギー利権はこういうところにも蔓延っています。東電が原子力利権を温存しようと図って政治家や投資家を煽ってありもしない電力不足を演出し、節電を演出しているのも、原子力利権に他なりません。

 イラクやクェートの石油利権を奪うために戦争を始めたのもエネルギー利権のためです。イランの石油を横取りするために画策したイラン攻撃は、イランの反対や世界の他国の利害が対立したため成功しませんでした。

 しかし、今まさに世界は変わろうとしています。エネルギー利権は消滅しようとしているのです。石油を中心とした多国籍企業は滅ぶ寸前にあります。その典型は、ロックフェラーでありブッシュです。もう一方の旗頭であるロスチャイルドは金融を牛耳っていましたが、紙くずでしか無い不換紙幣のシステムが暴かれ、これも間もなく終焉を迎えます。それは、アメリカを始めEUの国々が未曾有の金融危機を迎えているからです。

 もう間もなく世界は大変貌を遂げます。

※IMFもイルミナティの巣窟です。日本の官僚の天下り先である日銀や東電などはまさにイルミナティの巣窟であり、日本の金融がアメリカのFRBの言いなりになっているのもそのせいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000003-mai-bus_all

|

« なでしこジャパンに国民栄誉賞を! | トップページ | アメリカの負債問題が泥沼化! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40885857

この記事へのトラックバック一覧です: 大企業の横暴を暴く!:

« なでしこジャパンに国民栄誉賞を! | トップページ | アメリカの負債問題が泥沼化! »