« 台風6号、四国上陸はなし! | トップページ | なでしこジャパンに国民栄誉賞を! »

今更のような工程表に何の意味があるのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110719-00000609-san-soci

 政府のやっている工程表には何の意味もありません。セシウム牛の問題にしても対策が後手後手であり、福島原発の事故にしても対策が後手であり、何ら住民の被害解消にはなっていないのです。

 今日の広瀬隆氏等の刑事告発を見ても分かる通り、政府・東電の隠蔽体質には呆れるばかりで、それに政府が追随している状態では何らの効果的対策が打てる訳がありません。工程表そのものに何の意味もないのです。

 今更のように有り難がって、工程表を信じる国民は一人もいないでしょう。セシウム牛の問題は今後相当長期間尾を引くでしょう。繰り返しになりますが、それを蔑ろにしての工程表など何の意味もないのです。

 必死の思いで刑事告発した広瀬隆氏や京大原子炉実験所助教の小出裕章氏の爪の垢でも煎じて飲んだらどうですか。

 いま、緊急来日しているECRR(欧州放射線リスク委員会)議長のクリス・バズビー教授の講演を聞いて見て下さい。被曝は外部被曝よりも内部被曝がより重要なのです。

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2011/07/blog-post_19.html

|

« 台風6号、四国上陸はなし! | トップページ | なでしこジャパンに国民栄誉賞を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40880733

この記事へのトラックバック一覧です: 今更のような工程表に何の意味があるのか:

« 台風6号、四国上陸はなし! | トップページ | なでしこジャパンに国民栄誉賞を! »