« 世界の金融市場に危機が迫っている18の理由 | トップページ | 全国に拡がる放射性セシウム汚染牛肉問題 »

解散するか、それを阻止しようとする解散反対派

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110721/plt1107211646004-n1.htm

 ここに来て俄かに解散の可能性が出て来ました。それは菅首相が権力の温存を図って解散に打って出て、自らの首相続投をちらつかせているからです。

 しかし、実際には閣僚の間でも解散に否定的意見が強く、解散は容易ではありません。菅首相は乾坤一擲、自らの首相の地位を守るためには何をするか解らず、一部の議員は戦々恐々としています。

 菅首相のやり方は、破れかぶれに近く、民主党の方針とはなり難く、いずれ菅首相は民主党員の全員から見放されるでしょう。今は解散・総選挙などやる時期ではなく、震災復興に心血を注ぐべき時の筈です。

 また、解散すれば民主党の敗北は目に見えており、場合によっては権謀術数の限りを尽くして自民党・公明党との合従連衡や連立政権の樹立を図ろうとするかもしれません。しかし、それも負け犬の遠吠えに近く、成功するとは思えませんし、それよりも前に世界の大変化が起きる可能性が高いです。

 ですから、いまは自らの権力基盤よりも日本と世界をどうするかに心を配るべきです。何時までもKYを貫く菅首相ですが、結果的に自らの墓穴を掘るだけでしょう。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110721/plt1107211655006-n1.htm

|

« 世界の金融市場に危機が迫っている18の理由 | トップページ | 全国に拡がる放射性セシウム汚染牛肉問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こういうこと書いていいか解りませんが 本日のNHKニュース夜7時で

久々に尖閣の時のビデオ出ていました やはりこういう事であろうと思います

画面右側から中国船ぶつかる前 日本の巡視艇の航跡・・・

かなり画面より右に伸びています 急旋回したためと考えられます

回避ではなく 中国船の前に出たことになります

政府はこのことが判明するのを恐れ公開しなかった? かもしれません

悔しいですがメディアにコントロールされている(中国側からぶつけたと)

黒幕は誰か? 尖閣ビデオが出たときからの疑問です

投稿: すぎもとたかふみ | 2011年7月21日 (木) 21時00分

アメリカのデフォルト待ちなのかもしれませんね。

投稿: たなか | 2011年7月21日 (木) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40902890

この記事へのトラックバック一覧です: 解散するか、それを阻止しようとする解散反対派:

« 世界の金融市場に危機が迫っている18の理由 | トップページ | 全国に拡がる放射性セシウム汚染牛肉問題 »