« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

米国のデフォルトが近い! アメリカはドルと米国債を紙切れにして踏み倒す積りだろう

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/dafc109f4dd08b478ff11f8500a5ecc0

 いよいよ米国の債務問題の処理がギリギリの局面になってきました。最後はアメリカの不始末の後処理を日本が行う事になるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米上院、債務問題の採決延期

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E1E3E2E2918DE1E3E2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 米上院では債務問題の攻防がギリギリのヤマ場を迎えているようです。これが上院で可決されても、下院では野党が過半数を占めており、通過するかどうかは予断を許しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロップサークルに宇宙人としか思われない画像出現!

http://blog.chemblog.oops.jp/

 これは見た目には宇宙人としか思われません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

保安院ヤラセ資料押収! 経産省監察室

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110730-00000677-yom-pol

 これでは原子力保安院は解体するしかありません。また、同じ経産省内の監察官といえどもある意味では身内であり、まっとうな監察など不可能です。日本の官僚システムはこのように身内が身内を監察するからこそ膿を出し切れないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしアメリカがデフォルトしたら

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/if-us-defaults.html

 アメリカがデフォルトするなど誰も予想はしていないでしょう。しかし、もしそうなったら、何が起こるのか、予想して置いた方が為になるかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NHKが電力会社の社債を大量保有!

http://alcyone.seesaa.net/article/217496432.html

 これで公正公平な報道が出来る訳がありません。私は、福島原発事故以来NHKの報道姿勢に少なからず疑問を持っていました。これで不偏・不党の姿勢が保てるなら、何をかいわんやです。東電や九州電力のヤラセ・欺瞞・隠蔽報道の根拠がはっきりしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本のマスメディアは言論統制の真っただ中にある!

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/332b85275f20b5f5c9bb1caebf1dc2ca

 この記事にある事は、「人のふり見てわがふり直せ」という事です。図らずも中国の列車事故を報道するNHKなどの日本のマスメディアは、わが国のマスメディア=報道機関が言論統制の真っただ中にある事を炙り出した格好です。

 日本の福島原発の事故対応は完全に隠蔽に徹しています。福島原発事故の解説者には政府に批判的な人物は完全に無視され、政府に都合のよい人物だけが起用されています。これは目に余るほどです。一般の人は恐らく気がついていないでしょう。

 今日明るみになった各地の原発立地自治体での国主催のプルサーマル発電等の説明会では、今になって「ヤラセ誘導」が表面化し、経産省、海江田大臣等が苦しい弁明に追われています。この期に及んで言い訳をするほど見苦しいものはありません。海江田大臣は自発的に辞任するべきです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

保安院がヤラセ質問!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110729-00000065-jij-bus_all

 これは前代未聞の不祥事です。原子力保安院は経済産業省に付属し、原子力安全政策を推進監督する立場にありながら、こういう事をやっていたとは、呆れて空いた口が塞がりません。

 国の官僚どもは何をやっているのでしょうか。腐り切っています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011072902000198.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力村のプロパガンダ工作!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_c91e.html

 いつもながらの飄平氏の鋭い分析に脱帽です。それにしても、政府や東電はいつまでこんな事をやる積りでしょうか。もういい加減、降参すれば良いのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルウェー殺戮犯ブレイビクはネオコン

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/599/

 この事件は、当初私が予想していた通りの展開になってきました。当然一人の犯行ではなく、他にも共犯者がおり、根が深いものがあり、複雑な様相を呈するでしょう。

 聞くところによると、イギリスのタブロイド紙不正盗聴事件もロンドン警視庁の幹部にまで不正が波及し、キャメロン首相自身も関与が噂されているようです。

 このように世界的にネオコンや現政府内の不正が次々と暴露され、世界が変わりつつあります。中国の高速列車事故も世論の強い要求に折れる形で事故調査が行われる事になりそうで、ひょっとすると中国の屋台骨が揺らぐようになるかもしれません。

 日本の菅内閣も、菅直人氏自身の不正献金事件が明るみに出ようとしており、ひょっとすると菅首相自身の意志に関わらず政権から追放されるかも知れません。大きな流れが世界を覆っているようです。

 アメリカの財政問題も、負債の積み増し法案がヤマ場を迎えており、8月2日のデフォルト期限まで予断を許さなくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルウェーの大量殺りくの深層

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/598/

 この記事こそこの事件の深層に近いものと私は見ます。言うまでもなく対テロ戦争というのはインチキです。その実相が暴かれるのは間近でしょう。そうなれば、911の真相も暴かれ、この事件も解明される日が来るかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国高速列車事故、消えた乗客300人の謎

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110727/dms1107271126006-n1.htm

 この悲惨な状況は目を覆うばかりです。この記事にあるように、満員状態の列車から30人余りの死者というのは余りに少な過ぎます。これは明らかに死者数を隠蔽ししています。こんな国が、世界の大国として存在しているんですから、地球は闇の世界です。

 増してや、事故後一日を経ただけで、転落した列車を田んぼの中に埋めて隠そうとしたり、補償交渉が妥結したりするのはあり得ない事です。

http://www.y-asakawa.com/Message2011-2/11-message89.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国高速列車事故、落雷説に疑問

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011072602000042.html

 ここに来て、中国高速列車事故に重大な疑問が湧いて来ました。皆さんは、国営新華社通信の記事しか目にしていないでしょうが、この事故の背景には重大の内容が隠されているようです。

http://www.y-asakawa.com/Message2011-2/11-message88.htm

http://www.epochtimes.jp/jp/2011/07/html/d31775.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党分裂? これぞ合従連衡の典型

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110725/plt1107251624004-n1.htm

 私は今の政治家に希望を持っていません。こんな事を繰り返していては、国民の信頼を失うばかりです。まぁ、こういう動きも一理はありますが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

デフォルトに向かう米国

http://www.tanakanews.com/110724debt.htm

 米国のデフォルトは避けられないかもしれません。田中宇氏の分析が絶対正しいとは言い切れませんが、残された時間が少ないのも事実です。そして、ギリギリ最後の大詰めを迎えても、最後まで何が起こるか解りません。

 日本のアナリストは、総じて安易です。このような事態を無視するか、そんな事は起りようがないとタカを括っています。

 しかし、今度ばかりはそうは問屋がおろしません。まさに何が起こるか解らないのです。来週の初めにはその兆しが現れ、週末には先が少し見えてくるでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宇宙物理学者池内了氏、経済評論家の内橋克人氏、の二人は私の尊敬する人物です

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011072402000043.html

 この二人は、かつて日本政府や東電から執拗に攻撃されたようです。特に内橋克人氏は、日本経済を真剣に危惧し、このままでは日本は成り立って行かない、と心配し、「共生経済が始まる」と唱えて日本人の覚醒を呼び掛けています。

 日本は、原子力利権に毒され尽くし、やがて経済も学問も衰退の極みに達するでしょう。それを救うべく様々な意見が出されていますが、いまだ大勢を占めるには至っていません。もう少し時間が必要のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東電は事前に事故が起きたら30分で注水が止まり、3時間でメルトダウンが起きると予見していた!

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/ec0f7b0541b0f7c407f3caedd6c3707c

 これは今回の福島原発事故が明らかな人災である事の証拠です。それらの事が解っていながら、東電も政府も何らの対策を取らなかったばかりか、却って情報を隠蔽してしまったのです。

 これを不作為と言わずして何と言うのでしょうか。この中心には腐った官僚組織があります。また、東電の腐臭漂う原子力利権体質があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月2日のデフォルトに向けてアメリカ金融経済崩壊のカウントダウンが始まった

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c36d91c7fbf29000d385caa4b2573c93

 アメリカは本気でデフォルトをさせるかも知れません。共和党も民主党もギリギリ最後の段階でデフォルトは回避される、と踏んでいるようですが、今回はそれも危ういようです。

 しかし、アメリカ金融経済が破綻するとどうなるのか。誰も正確な見通しを持っていないのが現状なのです。

 アメリカ経済はいびつな姿のままでデフォルトをせざるを得なくなり、奈落の底に突き落とされるかに見えます。

 ただし、私はそうは見ていません。今回のアメリカ経済のデフォルトがきっかけになって、世界は瞬間的に大きく姿を変え、資本主義経済は消滅し、いよいよ本当の意味での「人類の黄金時代」へ突入するような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日本は格差社会を通り越して差別社会になった

http://www.amakiblog.com/archives/2011/07/24/#001987

 この天木直人氏の論は正論です。日本は今の政権が続く限りまともな国になり得ません。

 日本全国に拡がりつつある食物の放射能汚染、特にセシウム汚染牛肉問題はもうどうしようもありません。

 つまり、現政権では永久に解決し得ないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢尻エリカ氏のご主人、高城剛氏の提言

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/bdf0c22ed57c5a52fcf3fcfd4b08a405

 極めて異色な人物の提言を見つけました。この人は311の大震災前に日本を離れていて、最近日本に帰ってきたばかりのようです。

 ロシアに日本を支援に行く、という話が持ち上がっていたそうですが、今の日本政府ではどうしようもないでしょう。案の定、日本政府はロクに検討もせずに断ったらしいです。

 この高城氏の話を聞いて見ると、問題点の幾つかが浮かび上がってきます。日頃、海外に出ている人の方が、真相を見抜く目を持っているようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ノルウェー連続テロ、銃乱射事件の死者は87人

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110723-00000029-mai-int

 これは酷い事件です。射殺されたのは若者が殆どだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ノルウェーの首都、オスロで非常に胡散臭い事件が発生した

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110723-00000011-jnn-int

 この事件は、非常に胡散臭いです。昨晩の一部報道では、アルカイダなどの過激派テロの疑いがある、との事ですが、ノルウェーがいくらアフガニスタンに派兵しているからと言って、今どきテロ事件がアルカイダのせいだと本気で思っている人は余りいません。

 また、同じノルウェーで、同時に銃乱射事件が発生し、多数の死傷者が出ている、とも報じられていますが、これも実におかしな事件です。

 まだ具体的な内容は判明していませんが、常識的に考えられるのは、いまイルミナティに対する摘発が秘かに進められていて、その事に対する抵抗と抗議の意図が隠されているのではないか、という事です。

 これは私の思い過ごしや考え過ぎなどではなく、かなり確かな推測だと思うのですが…。いずれにしても真相が明るみに出るのにそれほど時間がかかるとは思えません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110723-00000017-jij-int

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011072301000016.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

菅直人、枝野幸男、海江田万里、斑目春樹、等への刑事告発が出された!

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/f44d429f4eb5332a4fcc81d15d7a0868

 罪状は、セシウム汚染牛が市場に出回るのを阻止しなかった事です。これは、政府の不作為によるものである事がはっきりしています。業務上過失障害容疑を含みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅首相と北との余りにも深い闇

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110722/plt1107221613003-n1.htm

 日本の政治家の資質は地に堕ちましたね。もうコメントするのも嫌になるほどです。

 この闇は、世界が闇から抜け出すための最後の段階かも知れません。夜明け前が最も暗い、という喩えが当て嵌まります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひとりごと、ぶつぶつ…「悪い奴ほどよく眠る」??!

http://satoru99.exblog.jp/15984007/

 このブログ記事を読んで、正直驚きました。伏せ字になっていますが、Kとは東電のトップの筈です。分かりません。これ以上書くと私まで誹謗中傷で攻撃されそうです。

 それにしても、書かれている内容は衝撃的で、もしこれが事実なら驚くべきものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国に拡がる放射性セシウム汚染牛肉問題

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819695E0E2E2E4968DE0E2E2E5E0E2E3E39180EAE2E2E2;bm=96958A9C93819481E0E3E2E39C8DE0E3E2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 ここに来て、鳥取、沖縄の2県を除く全国に放射性セシウム汚染牛肉問題が拡がっています。これは、すべて東電が原因を作り、政府の不作為によって全国に拡がったものです。1300頭を超える牛が汚染された稲わらをエサとして与えられた結果であり、国は汚染牛の全量を買い取る、と言っていますが、既に消費されて人間の口に入ったものはどうするのでしょうか。

 考えて見ればこれは大問題です。たとえ一日200グラム程度なら毎日食べても健康に影響する事はない、と言われても、放射線に安全の線を引くことは不可能であり、何グラム以下なら食べても安全だとは絶対に言えない筈です。

 これから更に汚染は拡大するでしょう。また、一体どれくらいの稲わらが屋外に放置され、放射能に汚染され、牛のエサにされるかまったく不明なのです。即ち、国は最初の対策を誤まった訳であり、一番最初に放射能汚染を徹底的に防止する目的で原発事故情報をすべて開示し、報道機関や各市町村、出先機関等のあらゆるところに広めていれば、決してこんな事にはならなかった筈です。

 特に海外のメディアに情報を隠蔽し、隠した事が今になって却って災いしています。この責任は主として国、菅政権にあります。今からでは余りにも遅過ぎ、対策が後手後手に廻っています。少なくとも菅政権は直ちに退陣し、この問題の後始末を付けなければなりません。場合によっては、刑事責任さえ問われなければならない問題です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

解散するか、それを阻止しようとする解散反対派

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110721/plt1107211646004-n1.htm

 ここに来て俄かに解散の可能性が出て来ました。それは菅首相が権力の温存を図って解散に打って出て、自らの首相続投をちらつかせているからです。

 しかし、実際には閣僚の間でも解散に否定的意見が強く、解散は容易ではありません。菅首相は乾坤一擲、自らの首相の地位を守るためには何をするか解らず、一部の議員は戦々恐々としています。

 菅首相のやり方は、破れかぶれに近く、民主党の方針とはなり難く、いずれ菅首相は民主党員の全員から見放されるでしょう。今は解散・総選挙などやる時期ではなく、震災復興に心血を注ぐべき時の筈です。

 また、解散すれば民主党の敗北は目に見えており、場合によっては権謀術数の限りを尽くして自民党・公明党との合従連衡や連立政権の樹立を図ろうとするかもしれません。しかし、それも負け犬の遠吠えに近く、成功するとは思えませんし、それよりも前に世界の大変化が起きる可能性が高いです。

 ですから、いまは自らの権力基盤よりも日本と世界をどうするかに心を配るべきです。何時までもKYを貫く菅首相ですが、結果的に自らの墓穴を掘るだけでしょう。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110721/plt1107211655006-n1.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界の金融市場に危機が迫っている18の理由

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/595/

 アメリカの金融危機を私はこれまで再三にわたって警告して来ました。いまやそれが全世界に及ぼうとしています。

 しかし、この記事にもある通り、幸福はカネでは購えず、現代のカネ=マネーは単なる紙切れにしか過ぎず、いまそのカラクリが暴かれようとしているのです。

 金融はイルミナティが造り上げた架空の世界であり、彼らの搾取の手段であった事が、いま庶民に理解されようとしているのです。その事がこの記事にもあるような最近のテレビ報道なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメノウズメ塾⑦

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_000a.html

 これを是非見て下さい。これはアメノウズメ塾中級編です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横粂衆議院議員、次回は菅総理のおひざ元から出馬!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000917-yom-pol

 横粂衆議院議員は、現在民主党を除籍処分になっており、次回選挙は無所属で戦うそうです。

 この意気や良し。しかし、次回衆議院選挙は菅総理はひょっとして出馬できないかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

不可解な動きをした台風6号

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000084-jij-soci

 台風6号は大きい台風だと言われた割には少ない被害で済みました。もちろん被害に遭われた方にはお気の毒ですが、大局的に見て被害が少なかったのは事実です。

 これは、何らかの防護的な力が働いたためではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカの負債問題が泥沼化!

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/594/

 オバマ大統領は、アメリカの負債問題を「ハルマゲドン」と呼んだようです。しかし、この表現は如何にアメリカが窮地に追い込まれているかを示すものです。8月2日は、アメリカがこの危機を乗り越えられるかどうかの瀬戸際の日です。

 一番影響を受けるのは日本です。恐らく、日本の政治家でこの事を本気で危惧している人間は皆無でしょう。または、知っていても何とも言えない立場に追い込まれているとも言えます。

 いずれにしても、日本の産業界も経済アナリストも何も言いません。いや、言えないのです。彼らはイルミナティの手下でしかないからです。

 8月2日はアメリカ発の金融ハルマゲドンの大津波が日本を飲み込むかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大企業の横暴を暴く!

 今日はこのところ横暴を極めている大企業について書きます。大企業と言えば、東電を始めとする経団連です。

 ですが、東電以外にも日本には多国籍企業という性質の悪い大企業がいます。それは石油関連の大企業です。

 実はこの石油関連の大企業が実に悪辣な商売をやっていたのです。多くの国民はガソリンを購入するのにガソリンスタンドのお世話になりますが、実はガソリンスタンドは中小企業が殆どです。ガソリンの儲けは殆どが大企業が吸い取って、最後の商売人であるガソリンスタンドには僅かな収入しか残らないようなシステムになっているからです。

 そのガソリンスタンドも、仲間内の競争によって少ない利益を食い合う構造になっており、益々利益が乏しくなっています。この構造は、仲間内の競合を競い合わせる事によって、強い者は益々強く、弱い者を淘汰するシステムを創り上げているのです。

 ガソリン業界も、最後は超大手の石油メジャーに行きつきますが、彼らこそイルミナティの張本人です。末端のガソリンスタンドはまさに犠牲者なのです。

 エネルギー利権はこういうところにも蔓延っています。東電が原子力利権を温存しようと図って政治家や投資家を煽ってありもしない電力不足を演出し、節電を演出しているのも、原子力利権に他なりません。

 イラクやクェートの石油利権を奪うために戦争を始めたのもエネルギー利権のためです。イランの石油を横取りするために画策したイラン攻撃は、イランの反対や世界の他国の利害が対立したため成功しませんでした。

 しかし、今まさに世界は変わろうとしています。エネルギー利権は消滅しようとしているのです。石油を中心とした多国籍企業は滅ぶ寸前にあります。その典型は、ロックフェラーでありブッシュです。もう一方の旗頭であるロスチャイルドは金融を牛耳っていましたが、紙くずでしか無い不換紙幣のシステムが暴かれ、これも間もなく終焉を迎えます。それは、アメリカを始めEUの国々が未曾有の金融危機を迎えているからです。

 もう間もなく世界は大変貌を遂げます。

※IMFもイルミナティの巣窟です。日本の官僚の天下り先である日銀や東電などはまさにイルミナティの巣窟であり、日本の金融がアメリカのFRBの言いなりになっているのもそのせいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000003-mai-bus_all

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパンに国民栄誉賞を!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110720-00000038-spnannex-socc

 この話題には色々な考え方があるでしょう。しかし、東日本大震災後の疲弊した日本に多大な勇気と諦めない気概を与えた点で、まさに国民栄誉賞に相応しいものとなりました。

 民主党の蓮舫前大臣主導による「事業仕分け」によって、バッサリ彼女らの収入が減額された事にもめげず、最後まで諦めない鉄の意志によって見事優勝を勝ち取った結果は、本物の国民栄誉賞です。いまこそ、国民栄誉賞を授与しなければ、菅内閣の値打ちはありません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今更のような工程表に何の意味があるのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110719-00000609-san-soci

 政府のやっている工程表には何の意味もありません。セシウム牛の問題にしても対策が後手後手であり、福島原発の事故にしても対策が後手であり、何ら住民の被害解消にはなっていないのです。

 今日の広瀬隆氏等の刑事告発を見ても分かる通り、政府・東電の隠蔽体質には呆れるばかりで、それに政府が追随している状態では何らの効果的対策が打てる訳がありません。工程表そのものに何の意味もないのです。

 今更のように有り難がって、工程表を信じる国民は一人もいないでしょう。セシウム牛の問題は今後相当長期間尾を引くでしょう。繰り返しになりますが、それを蔑ろにしての工程表など何の意味もないのです。

 必死の思いで刑事告発した広瀬隆氏や京大原子炉実験所助教の小出裕章氏の爪の垢でも煎じて飲んだらどうですか。

 いま、緊急来日しているECRR(欧州放射線リスク委員会)議長のクリス・バズビー教授の講演を聞いて見て下さい。被曝は外部被曝よりも内部被曝がより重要なのです。

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2011/07/blog-post_19.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風6号、四国上陸はなし!

 台風6号は四国に近付いた途端、方向を急激に東寄りに変え、四国への上陸は無くなった、と気象庁は発表しました。

 この台風は、当初から動きがおかしく、デジタル=気象操作された台風ではないか、と噂されていました。案の定、本土に近付いてから方向が急に逸れ、上陸の可能性が無くなった、という事は、闇のコントロールもここまでだと思われます。この状態は、メキシコ湾を襲ったハリケーンに良く似ています。もちろん、この時も、デジタル台風として闇のコントロールを光の勢力が逸らしたためである、と言われています。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/typhoons/?1311051053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大関、魁皇現役引退!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110719/j1107191926081.html

 これで大関以上の現役で日本人力士は一人も居なくなりました。残念ですが、実力第一の世界、仕方がありません。今場所中に現役最高の勝利数を更新した事がせめてもの慰めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮舫氏のツイッタ―炎上!

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110719/plt1107191608003-n1.htm

 こういう薄っぺらい政治家が跋扈するからこそ皮肉が通用するのです。でも、それにしてもなでしこジャパンの優勝はそれを乗り越えて素晴らしい事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広瀬隆氏等、東電会長・社長、山下俊一氏等を刑事告発!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_f37e.html

 電力は余っています。このブログに掲載されている動画を見て下さい。節電によって多くの人が影響を受けています。この国は電力会社の横暴によって国民が痛めつけられています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本は台風、アメリカは熱波、中国の一部は雪が降っている!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_403e.html

 いま地球は調整期にある、という飄平氏の解釈は的を得ています。日本の台風6号はデジタル台風であるという噂もあります。しかし、やがてはこの地球の調整も無事終わるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優勝するシーンしか思い浮かばなかった!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000024-spnavi-socc

 この澤穂希選手の言葉こそ、人間のイメージの力の大きさを示すものです。彼女たちが一生懸命であったのはもちろん、心の使い方にも長けていた事を示す好例です。

 また、第二次世界大戦で圧倒的戦力を保有していたアメリカに対して、小さな日本が戦いを挑んだ事は、無茶だ、と言われ続けましたが、戦争はいけませんが、力の強いものだけが勝つとは限らない事を示した事でも、意義深い優勝であったと思います。

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_a2a4.html

http://satoru99.exblog.jp/15961350/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なでしこジャパン、世界一! おめでとう!!!

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011071801000025.html

 この女子サッカーの優勝は理屈抜きでよろこびたいものです。特にメンバーの中には東電元サッカーチームに所属していた者が何人かおり、その意味でも今回の優勝は意義深いです。

 対するアメリカは体力、技術共に日本を圧倒し、名実ともに世界一のチームでした。それを再三に亘って同点に追いつき、最後はPK戦で競り勝つという接戦であっただけに、喜びも一入大きかったのではないでしょうか。

 大会前は日本が金メダルはおろかベスト4に残る事すら危ぶまれていたようです。

 この優勝はいろんな意味で、今回の東日本大震災の被災者を奮い立たせたのではないかと思います。菅総理が観戦に行きたかったらしいですが行かなくて良かったです。

 そして、いろんな意味で今回の優勝を正直に喜びたいです。日本に久しぶりに嬉しい出来事をもたらしました。被災民のみならず、日本国民すべてを勇気付けました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力委員会の設置そのものが偽装だった!

http://www.asahi.com/politics/update/0717/TKY201107160721.html

 そもそも、日本の原子力委員会そのものが偽装であったことが歴史的に判明しました。

http://alcyone.seesaa.net/article/215240745.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅首相のなでしこ観戦計画

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110716/plt1107161525002-n1.htm

 この事は書くまいと思っていました。しかし、余りに呆れた計画なのでひとこと書きます。

 この時期に、ドイツまで政府専用機を飛ばせて、自国の女子サッカーチームの応援に行くなど、本気でキチガイ沙汰です。一国の総理大臣のする事とは思えません。

 行くなら、直ちに総理大臣を辞任して、応援に行くべきです。もちろんそれでも非難轟々でしょうが…。この人はどこまで国民を愚弄しているのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生体内の原子転換

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_2a77.html

 この事実はいま発見されたものではありません。日本では桜沢如一という人物が唱えています。

 身近なところでは、ニワトリがカルシウムを断たれても堅い殻の卵を生み続ける事実や、地殻の中で岩石から石油が生成される事実など、フランスのルイ・ケルヴランの訳書によって紹介しています。(日本CI協会刊:自然の中の原子転換)

 その意味で、飯山一郎氏の述べている事は真実です。世の中のすべての人は自然の中で生物の体内や動物の体内で、ごく普通に原子転換が起きている事を認めようとしません。それは、カルシウムの摂取を断たれたニワトリがそれでも固い殻を持った卵を生み続ける事実でも明らかです。 

 こんなに低い現在の科学知識では、自然の中で原子転換が起きている事など理解も出来ず、認めようとしません。石油は古代の微生物が永い年月を経て油に変化したものだ、などと言っているようでは、人間の知識はタカが知れています。

 いままさに世の中は変わろうとしています。現在はその過渡期なのです。常温核融合や自然の中の原子転換などごく普通の現象であるにも拘わらず、それを頑として認めようとしない科学界に、母なる地球の自然は飽き飽きしているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デフォルトに向かうアメリカ…田中宇レポート

 この情報は、国際ニュース解説の田中宇氏のレポートから拝借しました。しかし、このニュースは有料記事のため掲載する事ができません。

 内容は、想像するに、オバマ大統領はもはやデフォルトは避けようがなく、来年の大統領選挙に於いても、仮にデフォルトが問題になっても自身の選挙には影響が及ばない、つまり、共和党の責任である、という事が出来る積りのようです。

 ただ、私はもう一つ別な見方をしています。それは、もしアメリカがデフォルトしても、貧困層には別な救済策を考えているのではないか、という事です。

 それが証拠に、最近のアメリカの貧困層の困窮度合いはまさに危機的であり、フードスタンプを活用しないと日々の食事にさえあり付けない層が4600万人にも達している、というのです。

 その救済策がどういうものであるかはまったく不明です。しかし、大統領は何かを考えている事も確かでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電力は余っている!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/2_3011.html

 皆さんは、原発が稼働しないと電力が不足すると思いこんでいるようです。しかし、電力は原発が全部停止しても不足する事はありません。それは、各企業が自家発電装置を持っているからです。

 それに対する反論は、火力による自家発電は地球温暖化ガスを増やすだけだ、というものですが、この地球温暖化理論ほど胡散臭い理論はない事は以前に申し上げた通りです。

 つまり、我々は政府や大企業によって二重に騙されている訳です。また、この記事にある通り、原発は冷温停止させる事が難しく、かつ原発こそ地球温暖化を促進しているので、エネルギーの3分の1しか発電に利用しない無駄の典型なのです。

 ある試算では、電力会社から買った電力では6500万円であったものが、企業からの買電では4200万円で済んだ、という試算もあるのです。

 我々は、このように政府・電力会社挙げてのプロパガンダに踊らされているのです。もうそろそろこういう事態は卒業しなければなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メルトダウンは地震・津波だけで起きるのではない…小出裕章氏の談話

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/14/economist-jul-1/

 まさにこの事と同じ事を以前私のブログ記事に書きました。これは、政府・東電が意図的に問題点をすり替えた疑いがあるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もんじゅ開発中止も…高木文科相

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011071590135446.html

 もんじゅは既に一兆円を投入した国の重要な政策でしたが、ここに来て急にその社会的使命が見直される事になりそうです。

 もともと、核燃料サイクルは実現不可能だとされていて、実現まで何度か先送りされ続け、ついにここに来て中止も視野に入れた決定がなされそうです。これは重要な政策転換です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸黄門、放送終了!

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110715-805224.html

 これは象徴的出来事です。というのは、テレビドラマの「水戸黄門」というのは、勧善懲悪の見本のような筋書きだったからです。つまり、勧善懲悪というのは、“二元性”の見本のようなものであり、善が悪を滅ぼす、という決まり切った筋書きだったからです。

 これは、単に私の思い過ごしかも知れません。つまり、世界は二元性を卒業してもっと進化した状態になる、という事なのですが、この勧善懲悪が視聴者に飽きられ、見る人が少なくなったために打ち切られるのであって、それだけ世の中が進んだという事なのです。

 ですから、これは私だけの考えかも知れません、とお断りしたのです。これまでは、勧善懲悪は世の中に必要でした。ですが、勧善懲悪だけでは世の中は片付かない事も世間の人は良く知って来たのです。

 水戸黄門放送終了は、一定の役割を終えたという事であり、過去は懐かしく振り返るだけで良いのです。一時代が終わったという感じです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

内閣支持率急落、12.5%!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110714-00000066-jij-pol

 もう何をかいわんや、です。これで総理大臣が務まるのなら、誰がやったって同じ事です。歴代の最低を記録した森内閣と肩を並べるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見捨てられた人々、アメリカで中流だった人々がテント暮らしをしている!

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/591/

 これはアメリカでだけ起っている事ではありません。日本でも東日本大震災で家を失い、働く場所を失い、肉親や家族を失った人々がいまだに10万人以上も避難所暮らしを余儀なくされているのです。

 被災者はがれきの片付けもおったく進まない中で、夢と希望を奪われたままで過ごしているのです。人数の違いはあっても、アメリカの現状とまったく違いはありません。特に日本の場合は政治が酷い。今では報道すらされなくなりましたが義援金の配分すら遅れたままである事が予想されます。

 民主党内閣は、特に菅首相は自らの延命のみに心を奪われ、原発以外の被災民の生活に関心がありません。

 この地球世界では矛盾が拡がっています。イギリスも昨日の夜の情報では、ルパート・マードックなどのメディアを牛耳っている独占資本家が、余りにも酷いやり方で新聞やテレビ、一部のタブロイド紙の情報をコントロールしている事を糾弾され、権力を奪われようとしているそうです。

 いまこういう事が世界中で起きているのです。アメリカは酷い国ですが、やがて世界は一瞬にして様相を変え、あっという間に新しい世の中が現れるでしょう。その時までもう後僅かの時間です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

汚染水、配管が完全にちぎれる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110714-00000552-yom-sci

 この状態では、原発の事故復旧が何時になるのか、全く見通しが立たなくなりました。以前から危惧していた事ですが、このような付け焼刃的な技術で、復旧を図ろうという方がどうかしています。世界はいまだ安全に原発をコントロールするテクノロジーを保有していないのです。

 話は変わりますが、今日のニュースで環境省は原発が稼働しないと、地球温暖化の京都議定書に定められた目標を達成できなくなる、と危惧していました。

 しかし、そもそも地球温暖化など何を根拠にして言っているのでしょうか。クライメートゲート疑惑があり、地球温暖化理論そのものが殆どの学者の間で疑問が持たれているのに、今更地球温暖化に拘る事そのものがおかしい上に、原発稼働で地球温暖化が防げる、という考え自体が矛盾を含んでいます。

 原子炉は3分の1だけ発電に使用して、残りの3分の2は海に捨てているのです。それが地球温暖化に影響しないという事の方が自己矛盾です。

 皆さんは、国が言っているプロパガンダ情報に騙されないようにして下さい。

 話を元に戻しましょう。冷却水系統の配管がちぎれて復旧の見通しが立たなくなるようなお粗末な技術で原発事故を終息させようという方がどうかしています。そして、全国の原発の再稼働には慎重になるべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ募る地球の危機的状況

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011071301000363.html

 ヨーロッパでは経済危機が表面化しています。アイルランドに続いてイタリアも危なくなっています。スペインやポルトガルは言うまでもありません。

 アメリカ合衆国もデフォルトの危機が迫っており、日本は東日本大震災で青息吐息です。

 それに加えて、アフリカでも干ばつによって1100万人以上が危機的状況にある、と言われているのです。

 地球は危機的である事ははっきりしています。危機を煽る事はしたくないのですが、これは黄金時代を迎えるための関門のような気がします。

 それと、忘れそうですが、最近ロシアやインドなどで重大な事故が起こっています。地球は荒れて身震いしているようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の菅首相の記者会見

 今日、菅首相の記者会見の模様を見ていました。一応原発に依存しない社会を目指す、という意味の事は言っていましたが、それ以上でも以下でもありませんでした。

 結論から言えば、極めて歯切れの悪い、喋り方でした。国会での、あるいは鳩山前首相との約束の時のように、相手に予断をさせまいとする、言わばずるいものの言い方でした。

 この人は常にこうしたもの言い方をして人を誤魔化して来たものと思われます。この人はこうした事が身について沁みついてしまっているのでしょう。この人は、過去に誰かが言ったように信用できません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110713-00000887-yom-pol

http://alcyone.seesaa.net/article/214661052.html

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110713/plt1107131542004-n1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東電の会長や社長、副社長の交際費は億単位?

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/2_1e5a.html

 この話は、合計ではありません。一人ひとり子や孫まで使える無制限のカードを持っているらしいです。

 これでは、資本主義が崩壊しても当然ですネ。恵まれない人はその日の暮らしにも事欠いているのに、恵まれた人はカネを湯水のごとく使う。こんな不公平が許されるのは資本主義の矛盾に他なりません。早く貨幣経済のない世の中にしなくてはいけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

911テロはアメリカ製、ホロコーストは嘘、アンネ・フランクの日記は偽物

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/589/

 ホロコーストやアンネの日記は嘘だ、と言ったら私はキチガイ扱いされました。いまその事がこうしてネットに現れると、感無量の気分がします。いずれこういう事が普通に語られる日が来るでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新しい世界が始まっている!

 この事は聞いてきたり実際に見たりした事ではありません。肌で感じた事です。

 その事は、私だけの感じではなくて、幾つかのサイトでこう書かれています。もう少しだと思います。

 さっきはカミナリが鳴り、俄かに曇った空から夕立が降って来ましたました。

 しかし、夕立のあとは明るく晴れ、爽やかな涼風がほほを撫でて来ました。

 もう直ぐです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

松本龍前震災復興担当大臣、緊急入院…メディアでは一時自殺報道も

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110712/plt1107121115001-n1.htm

 詳しい事情は不明です。心労が重なった事は事実でしょう。しかし、これ位の事で、心労が重なるようでは…。

 こういう事は余り取り上げたくないのですが、政治家の資質が余りに劣化しているように思うのは私だけでしょうか。このニュースは別のサイトでも取り上げられていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ロンドン地下鉄爆破テロも内部犯行(自作自演)!

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/588/

 この情報も驚くべきものです。911テロが自作自演であったように、ロンドンの事件も自作自演であった可能性が高い、というのです。

 私も一応は疑っていましたが、まさかこんなにはっきりと証拠だてて暴露されるとは思って居ませんでした。56名という死者も決して少ないとは言えません。まして、それが自作自演であったとは! アメリカもイギリスも同じ穴のムジナであった、という事です。

 今のこの時期に暴露されるのは、何かのシンクロニシティを感じます。

http://www.bo-sai.co.jp/londontero.htm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

菅まんじゅう、水ようかん、売上低迷でひとまず先に撤退!

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110711/plt1107111114002-n1.htm

 これは、皮肉ではありません。実際に菅内閣にあやかった菓子屋が余りにも赤字が嵩むので、一足先に撤退したのです。笑えない笑い話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄海町長実弟企業が56億円受注

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110711-00000471-yom-soci

 この実態こそ原子力利権です。多くを語る必要さえありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東電のやっている事、これを知る事が大事

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/2_f639.html

 東電は隠蔽社会を形成しています。裏で何をやっているかを国民皆が知る事が、それを防ぐ第一歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンジャミン・フルフォード:洗脳された日本人に喝を!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_0051.html

 画面はおふざけの雰囲気に満ちていますが、言っている内容は極めてまともです。一般の日本人はこういう事をほとんど知りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の当局者は国民を騙すキャンペーンを継続中

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_c59e.html

 この記事の中に出てくるのは、山下俊一氏です。山下俊一氏については今日の飯山一郎氏のブログ記事に詳しく書かれています。ぜひ参考にして下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ストレステストは原発再稼働の条件!

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110710-00000094-fnn-pol

 細野大臣はこう言いますが、斑目安全委員長は違います。こういう風に政府内で言う事が食い違っているからこの政府はダメだというのです。もう少しすり合わせをしてから政策決定をするべきです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011071002000035.html

http://amesei.exblog.jp/14013163/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北地方でM7.3の地震!

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011071001000130.html

 このニュースには驚きました。驚いたのは地震の大きさではありません。マグニチュードの大きさに比べて被害が驚くほど小さかったからです。

 これは詳しくは分かりませんが、何かの力によって、地震の規模が相殺されたのではないでしょうか。

 幾つかあるサイトでは、地震の前駆現象があっても実際の地震活動に結びつかない事が多くなった、と不思議がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナログテレビはもう使えなくなる!

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d8e1d50278899c822fdbb5f80a18e00c

 私はテレビをほとんど見ませんし、買うカネもありませんから、今後もテレビを購入する積りはまったくありません。もちろん、NHKの受信料も払う積りはありません。

 こんな下らないテレビ・マスゴミは百害あって一利なしです。もっと庶民のためになる情報を流すなら、テレビを何としても買いますが、今のように国民をコントロールするためにテレビを悪用するなら、テレビなんてまったく必要ありません。

 宇宙にはカネを取って情報を流す産業など、初めから存在しないそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

日本には飛び抜けた指導者が居ない!

 ここ最近の世情を見ていると、情けない思いが募ります。それは、日本には飛び抜けた優れた指導者が居ない事です。

 一時は政治家の小沢一郎氏が、政治とカネの問題はあるにしても、この人なら日本の将来を託せるのではないかと思った事がありました。しかし、ここ最近は表に出る事が殆どなく、原発問題の最近の混乱、特に地方組織との交流の場面に於いてもまったく出なくなりました。

 自民党に至っては、人材はおろか、過去の負の遺産を払拭するのさえ難儀しています。言わば現在の原発問題は、過去の自民党時代の負の遺産とも言う事ができます。

 民間に於いても、学者や知識人の中にもこれはと言った人はまったく見当たりません。

 これは、もともと優れた人というものは、なかなか世の中には出にくいもので、能ある鷹は爪を隠す、のことわざ通り、真の優れた人というものは世の中の表面には出たがらないものだからです。

 つまり、世の中に優れた人はまったくいないのではなく、見つけ出す努力をしないと表れないものだとも言う事ができます。

 これからの世の中は、優れた人でないと日本は動かせません。しかし、そういう人が全くいないのではなく、いまはそういう人が居ても働く場所がないとも言う事も出来るでしょう。

 今の政治体制にも問題があります。要するにカネがないと政治家にはなれない制度が邪魔をしています。

 これから世の中は変わる事が予想されます。まず第一に、カネがないと政治家にはなれない、というシステムが大幅に改変されるでしょう。お金のシステムが大改革されると同時に、政治のシステムが変わる筈です。そうして徐々に優れた人々が世の中の表面に出てくるようになるでしょう。

 いや、なかなかそんなに上手い事は行く筈がないと思っている人がほとんでしょうが、そんな事はありません。世の中でカネの役割が減じると同時に、優れた人が出てくるようになります。言い換えれば、世の中はそれほど貨幣経済に毒されているという事です。

 今の時代、優れた人がほとんど居ないという事は、それだけ世の中が貨幣経済に食い物にされているという事の裏返しでもあります。

 即ち、これからの世界は如何にして貨幣経済を終了させ、優れた人を世に出すかに人類の未来が懸かっているとも言えます。

 新しい世界が出現するのは、貨幣経済を終焉させなければならないのです。大多数の人はそんな事は不可能だ、というでしょう。しかし、そうでなければ人類は「黄金時代」には入れないのであり、必ず黄金時代は到来すると言われているのは、貨幣経済が必ず終焉し、お金に左右されない人々が現れるという事です。

 そして、もう一つの地球が存在し、そこでは旧来の貨幣経済と競争社会と戦争が混在した、混迷を極めた地球が生きのこるようになると思われます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本も脱原発に向かう!

http://www.tanakanews.com/110708nuclear.htm

 今回の田中宇氏のレポートには正直驚きました。しかし、読んでいる内に納得させられました。

 今回のレポートでは幾つかの具体的証拠が示されています。そのどれもが田中氏でないと読み切れないものです。

 まず第一に、今回の日本の脱原発の動きは、次期首相を狙う前原前外務大臣が主導している事です。そして、前原氏がアメリカ追随思想べったりであり、それが今回の日本の脱原発の動きの後ろにアメリカが居る、という説を裏付ける有力な根拠になっています。

 次に、誰が脱原発の動きの火を付けたか、という点です。これも、オバマがそうだと言われれば頷けます。という事は、オバマ大統領は本気で核兵器の廃絶を目指している、という事になります。

 私は、別の意味からもオバマの核廃絶は本気である事を知っていましたから、この面でもアメリカが日本の脱原発の火付け役であった事を理解できます。

 背景として、アメリカの巨大企業GEとWHの原発部門が既に他国に企業売却されていた事、アメリカでは最近原発の新規建設がなされていない事を知るに及んで、更に納得させられました。

 私の持っている資料にも、アメリカの原発の建設年月が記載されていた筈ですからそれをちょっと調べてみます。

 いずれにしても、現在の日本の政情の蔭にアメリカが居た事は、剋目させられました。

 大多数の日本人は、今回のストレステスト騒ぎの蔭にアメリカが居た、などとは到底考えていないでしょう。日本のマスコミもそうです。しかし、よく考えて見れば、あれほどアメリカべったりの菅直人首相が、今回に限り独断でストレステストを言い出した事など信用できない話です。

 また、孫正義ソフトバンク社長の言動も、言われて見れば納得できます。何にしても日本の現状は、アメリカ抜きでは考えられない事がよく解りました。今回の田中レポートは納得です。

 世界はいま大きく姿を変えつつあります。その事は、既に原子力利用が兵器だけでは無く、平和利用にも及んでいる事を痛感させられました。それは、人類はいまだかつて核エネルギーを完全にコントロールするテクノロジーを保有していない、という厳然たる事実でも解ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深刻化する菅内閣の不一致

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110708-00000969-fnn-pol

 ここで今更、菅内閣の不一致を取り上げて見たところで、どうなるものでもありません。それよりも、この現象は日本だけではなく、不可解な出来事が世界中で起っているような気がします。

 アメリカでは財政の逼迫に米国債のデフォルトが噂され、NASAが奇っ怪な情報を流したり、中国では江沢民氏が死亡したと伝えられた直ぐ後にこの情報が取り消されたり…。

 何か世界は不可解な出来事が続けて起っています。不思議です。なにかが起きる前兆のような気がして仕方がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤラセメールはありふれた問題だったし、過去からあった…京都大大学原子炉実験所助教小出裕章氏

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/08/tanemaki-jul-7/

 この録音は種蒔きジャーナルというところから引用したものです。小出裕章氏の説明をよく聞いてください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110708-00000053-mai-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政府に不信感…全国知事会

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011070802000038.html

 もう何を言い繕ってもダメですね。この政府はすべての面で信頼を失っています。解散・総選挙ももう手遅れです。こうなれば直ちに総辞職です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110708-00000463-yom-pol

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレステスト、「再稼働優先」が過ぎる

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2011070702000040.html

 ストレステストはまったく突然のようにいきなり菅総理の口から出たのが本当ではないでしょうか。今日も国会質問でその問題が質問者から出され、海江田経産相は答弁に苦慮していました。

 菅総理の方は、イケシャアシャアとして自分のペースで答弁を繰り返していました。これでは部下の閣僚としてやって居られないと感じた筈です。

 その証拠に昨日の衆議院での答弁では、海江田大臣は辞任を匂わす発言をしています。

 海江田大臣の安全宣言を受けた地元玄海町の町長はついにブチ切れて再稼働容認を撤回してしまいました。これで定期検査中の日本全国の原発の再稼働は今夏中は不可能になり、嫌でも国は「脱原発」に大きく舵を切らざるを得なくなりました。

 それと同時に、菅内閣は8月中の解散・総選挙も目論んでいる可能性があり、ひょっとすると、8月が終わって9月は暑い夏のぶり返しのようなホットな選挙戦が繰り広げられる可能性があります。

 いずれにしても、菅総理は権力欲が途轍もなく強く、心の中では冷徹な計算をして政治に臨んでいる可能性があります。

 この国はたった一人の宰相の我がままによって弄ばれ、国の体をなしていないように見えますが、これはある大きな力が働いて、日本と世界が大きく変わろうとしている証拠ではないでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110707-00000234-yom-pol

| | コメント (3) | トラックバック (0)

九電ヤラセメール、ネットにダダ漏れ

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110707/dms1107071100004-n1.htm

 こんなお粗末極まりないヤラセメールで国民をバカにするのも程があります。今日の九電株は急落しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

菅総理は直ちに衆議院を解散して総選挙を行うべきだ!

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-ae17.html

 この植草一秀氏の論は正論です。いまの菅内閣は政権の体をなしていません。海江田経産相のいう原発再稼働論は菅首相本人が否定しているのです。

 本来なら、菅首相は海江田経産相を罷免した上で全国の原発の再稼働論を否定し、国民に信を問うべきです。

 全国の原発立地県の地方自治体の長は、悉く困惑しています。特に、福島県はすべての自治体が脱原発を望んでいるのです。望んでいないのは官僚と経団連などの大企業、マスコミの原発容認勢力だけです。

 世界の潮流は「反原発」に傾いています。

 菅内閣は閣内不一致のみならず、幹部と首相の考え方が完全に遊離してしまっています。自民党も纏まってはいません。大部分の自民党の議員が原子力利権に汚染されているからです。

 このような時は、一旦衆議院を解散して、改めて国民に信を問い直すべきです。いま、国民は何を信じて良いのか迷っているのです。

 混乱している世論を整理し、国民の理解を深める努力をし、原発の問題点を洗い直し、今度こそ情報操作と隠蔽を一掃して、改めて信を問い直す事こそ総理大臣の最後の務めです。そうすれば、現在の日本が抱える問題点が浮き彫りになるでしょう。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/nuclear_fuel/?1310003572

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110707/plt1107071209003-n1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅首相、「刀折れ、矢尽きるまでやる!」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110706-00000827-yom-pol

 菅首相がこう言ったという事は、菅直人氏の頭には、衆議院の解散総選挙があるという事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NASAが行動を起こし始めた!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/nasa_dc23.html

 NASAがプロパガンダ機関である事は日本人にはあまり知られていません。また、アポロ11号が月には着陸していない事もそうです。

 最近、NASAの動きが胡散臭いです。この事を暴露している飄平氏に敬意を表します。裏ではアメリカの破綻が近いのです。そして何かが起ころうとしている事は確かですが、それは人類に破滅をもたらすものではありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自民党は内閣不信任案の再提出を考えている!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110706-00000575-yom-pol

 内閣不信任案が再提出される可能性は充分にあります。ただし、前回と同じように否決される可能性もあり、その時は自民党が自滅する可能性があります。

 可決される場合は、逆に民主党そのものの内部分裂が現実になる時でしょう。

 菅総理自身も解散総選挙を秘かに目論んでいる可能性があり、ひょっとすると近いうちに大騒動が起きる事も考えられます。いずれにしても日本の政治は末期的症状を示しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

IMFは闇の勢力=イルミナティの巣窟!

http://www.y-asakawa.com/Message2011-1/11-message79.htm

 IMF前専務理事のストロスカーン氏の逮捕騒動はかなり胡散臭いものでした。これは、闇の勢力即ちイルミナティの内部抗争を如実に示すものです。この事は数日前に私も取り上げましたが、浅川氏は、新しい事実として、フランスのサルコジ大統領の再選を、原発推進と結び付けている事です。多分これは事実でしょう。

 いま、フランスを中心とするNATO軍はリビアへ陸上侵攻する計画を進めていますが、これはリビアの持つ石油利権を奪取する目的がありありと見えます。

 つまり、フランスはエネルギー利権を狙ったイルミナティの思惑通りの動きをしているという事です。従って、ストロスカーン氏の逮捕劇は、イルミナティの内部分裂に他ならないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発再稼働、安全対策おざなり

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011070602000043.html

 馬淵氏と言えば奈良県選出の衆議院議員で、民主党の中堅幹部です。その馬淵氏も現菅内閣にかなり批判的です。

 原発の再稼働は、馬淵氏の言でもかなり危険である事が分かります。今日から国会が正常化され、やっと審議が始まりましたが、復旧対策は遅々として進んでいません。

 こういう時に拙速に原発再稼働を推進する事は、現政権が官僚や大企業に牛耳られている証拠です。何時も言うようですが、緊急事故対応のオフサイトセンターの機能さえまったく考慮されていないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来夏の電力不足で生産の4%落ち込み?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110704-00000007-fsi-bus_all

 いまや経済界、証券業界挙げて原発再稼働のプロパガンダに血道を上げています。事実を捏造してまで国民を原発容認に向かわせているのです。

 こんな状態だと、日本は早晩滅びます。健全な情報が余りにも少ないです。情けない事です。

 しかし、考えて見れば証券業界も資本主義の申し子のようなもので、証券投資がなければ彼らの商売は成り立ちませんし、その証券取引も基本は工業生産が健全に(つまり健全に儲けて)運営されて初めて成り立つものであり、その意味で資本主義の大元のようなものです。その基本である工業生産は、長期的にも短期的にも化石燃料を浪費し、結果的に自然を破壊し、環境汚染をもたらし、いずれは地球を死滅させてしまうのです。

 ですが、その資本主義もいまや破綻しかかっているのです。その原因は皮肉な事に原子力発電所の事故なのです。恐らく普通の状態なら東電が20回破産しても足りないくらいの補償金額を必要とするでしょう。

 それを、政府の税金(所得税や消費税などの基幹税)と電力料金の上乗せで国民負担にして賄おうというのですから、まるでやり方は悪魔のようです。なぜもっと健全に国民生活を成り立たせて原発を廃止し、一時的に負担が生じても長期的に改善しようとしないのでしょうか。もちろん自然エネルギーを活用してです。

 彼らの言う事は何時でもカネ・カネです。そのカネは国民からの搾取です。しかもカネですべてが解決する訳ではない事は分かり切っているのも拘わらず、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原発再稼働しないと電気料金が36%アップ?

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110705/dms1107051543012-n1.htm

 いまさらこんなプロパガンダを流されても庶民は混乱するだけです。電力は充分足りているのです。もちろん節電に越した事はありません。権力者は必死になって原子力利権を擁護しようとしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原子炉は建設後40年程度で寿命が尽きる!

 この事を指摘しているのは、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏です。特に、年数を経た原子炉は金属がガラスのような性質を持つようになり、だんだん脆くなって、ある温度(90℃くらいでも)で割れやすくなって、構造的にガラスのようにパリッと割れるらしい。

 もし割れると、原子炉の容器自体がダメになり、水も貯められなくなるし、もちろん冷却も不可能になるらしいです。世界で原子力発電が始まったのは1950年代始めですから、寿命が尽きている原子炉が沢山ありますが、それを騙しだまし使っているのが現状のようです。もちろん、福島第一発電所も建設以来40年以上が経過していて、本来なら寿命が来ている筈ですが、廃炉にするのはコストも掛り、引き延ばしていたのが現状だったようです。

 こういう原子炉が日本には他にいくつもあり、無闇に再稼働するのは非常に危険であると小出氏は指摘しています。玄海原発は40年にはなっていませんが、無条件で安全である、と言い切るのは危険です。

 我々は、原子炉が寿命が尽きている事すら知らされていなのです。それで再稼働しなければ電力が不足する、とは何のために国なり電力会社が言っているのか、よく事情を知る必要があります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

時代は変わりつつある!

 松本龍復興担当大臣が辞任しました。私は大臣の資質が極端に劣化しているのを認めるべきだと思いますが、総理大臣が間もなく辞任するのに併せてこうも資質の低い政治家が日本の政界に存在する事を別の面から考えて見たいと思います。

 それは、端的に言って時代が変わりつつある証拠ではないかと思うのです。一見、政治家は権力者であるかに見えますが、実はそうではありません。真の権力者は他に存在するのです。それが誰で、どういう人たちであるのかはいまさら言うまでもありません。

 その、真の権力者たちの崩壊が間近いのです。ですから、その手下である政治家たちの資質と能力が極端に低くなっているのです。この現象は、日本だけで起きているのではありません。

 IMFの前専務理事が冤罪と見られる事件で失脚しましたが、これなどはその象徴のような事件です。IMFの成り立ちとやって来た仕事の内容を知ればよく解る筈です。なぜ冤罪は起きたのか。それは、蔭で蠢いていた真の権力者たちの仲間割れが原因だと思われるからです。

 いま世界中で政界の腐敗、資質の低下が起こっています。その現象は、見せかけの権力のメッキが剥がれ落ち、単に化けの皮がめくれ落ちて露呈して来た事に他なりません。

 飾り物の権力者たちは、真の権力者の支えが存在しなくなると、即座に消滅せざるを得ないのです。日本だけでなく世界中でそういう人物が現れています。この現象は、世界が、そして時代が変わり始めた証拠です。そんな政治家たちに信頼を寄せても何にもならない事ははっきりしています。

 もう間もなく、世界中の政治と権力の構造が根底から覆って変革されるような気がします。そして、この現象は単独に起るのではなく、まるで示し合わせたように一斉に起ろうとしているかのようです。

 私は、今回の日本の政治家の不祥事を殊更取り上げてあげつらう事はしたくありません。それは、世界中が変わり始めているからであり、そんな事は過去の歴史上では起った試しがなく、未曾有の事だからです。

 私はいまはただ単に、冷静に、落ち着いて事の成り行きを見守って行く積りです。これから様々な現象が起こるでしょう。そして、驚くような現象が頻繁に生じる筈です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時代変革の予兆か、確かに何かが起こっている!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/2_2f11.html

 これほど大勢の人がUFOを目撃するのは珍しい事です。確かに何かが起こっているのは間違いないでしょう。

 マスメディアは黙して語りません。しかし、現在、地球は大きな宇宙サイクルの節目に当たっているのです。この事を大々的に表明するには勇気のいる事ですが、確かに事は起っています。

 この機会を与えて下さった飄平氏に感謝します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ない、ない詐欺! 

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/07/post_2d0a.html

 ない、ない詐欺とは、ある民主党国会議員が言った言葉です。その、ない、ない詐欺が全国で蔓延しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110704-00000536-yom-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅内閣支持率、再び急落!

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110704/dms1107041120000-n1.htm

 菅内閣の支持率が再び急落し、19%台に落ち込んでいます。もう何も言う事はありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地震直後にオフサイトセンターのすべての機能が失われた

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/7cbc637bad85d411c31bce6769be01a1

 オフサイトセンターは、原発に緊急事態が発生した時に周辺住民や関係市町村への緊急連絡体制を直ちに構築し、速やかな事故処理を行う事を目的として莫大な費用を掛けて全国に設置されています。

 それが福島第一原発の事故の際には最初期の巨大地震のためまったく機能せず、事故後数日たってから別の場所に設置し直されました。

 その事実を後日知り、一体国と東電と福島県は何をやっているのだろう、と不審に思ったものです。

 この事はいまさらほじくり返してももうどうにもなりませんが、このオフサイトセンターなるものは、全国の原発所在地の殆ど設置されているのです。そして、原発を再稼働するにはこのオフサイトセンターの機能を、そのままにしていては一端事故が起こった場合にはまた同じ事態に陥る事が目に見えています。

 事故対策はすべて終わった、やるべき事はすべてやったから、後は地方自治体の承認を得れば原発は再稼働するべきだというのは、何を根拠に言っているのでしょうか。

 オフサイトセンターの機能を再構築し、場所を一定間隔を置いて設置し直すためには、相当の時間と費用がかかる筈です。そんな事もせずに事故対策がすべて終わったから、原発を再稼働せよ、とは危険過ぎます。地元はこの事を果たして知っているのでしょうか。大いに疑問です。

 こんな状態で原発を再稼働し、万が一事故が起こったら誰が責任を取り、後の事故対策はどうするのでしょうか。出来もしない事を国民に保証して、そのツケを後日に付け回す事は止めなければなりません。地元自治体はこの実態をよく知るべきです。

http://www.nisa.meti.go.jp/genshiryoku/bousai/ofusaito.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本龍復興担当相の発言

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110704/plt1107041128000-n1.htm

 実はこの内容が知りたかったんです。こうして発表されて見ると、内容は大臣とは思えませんネ。まるでたちの悪いヤクザです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110704-00000534-san-pol

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011070401000345.html

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011070401000450.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011070402000160.html

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E2E6E2E3E78DE2E6E2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次の巨大地震はカリフォルニアか

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/584/

 日本でマグニチュード9の巨大地震が起きた時、秘かに次はどこで巨大地震が起きるだろうか、と思いました。チリでも起き、アラスカでも起きましたから、NZの地震は小さかったですが、カリフォルニアのサンアンドレアス断層あたりが危ないのは容易に想像がつきます。この断層は1970年代に大地震が起きていて、活発な活動で知られています。この時の地震も些か不可解な面があったのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本復興相、知恵出さなければ助けない?

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011070301000727.html

 松本復興相は自分を誰だと思っているのでしょうか。確か、宮城県庁を訪れた時、知事が迎えに出ていなくて、自分を一分余り待たせた、と怒っていたそうですが本末転倒です。

 こういう人物が民主党政権の幹部ですから呆れてものが言えません。こういうのを、目くそが鼻くそを笑うというのです。

 どちらも自分が選ばれた時の立場を忘れ、己の地位と立場のみに囚われ他人を思いやる心がまったく感ぜられません。どちらも、被災民の気持ちが解っていないと言えます。実に嘆かわしい! 政治が地に堕ちています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

電力不足集団ヒステリー!

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-5030.html

 節電は電力不足を装ったプロパガンダです。この事は何度言っても言い足りません。政府、電力会社、マスコミ、大企業、原子力擁護派の学者、それに原子力利権に巣食う官僚です。

 国民は何も知らされていませんから、これに踊らされています。

 ただ、節電する事は悪い事ではありません。悪いのはプロパガンダを煽り、悪用する事によって原子力発電を擁護し、利権に結び付けようと画策する人間です。

 始末の悪い事に、この動きは学会や、公平を標榜する各種団体にもこの運動が及んでいる事です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110703-00000003-yom-bus_all

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国はいま、極めて不安定な状態にある!

http://www.epochtimes.jp/jp/2011/07/html/d45972.html

 皆さんは、中国は世界第二の経済大国であり、比較的安定している、と思われているのに違いありませんか? しかし、私の個人的感覚ではいま世界で最も不安定でいつ破裂して崩壊するかも知れない状態にあるのは中国だと思っています。

 聞くところによると2014年には保守的で有名な三越が中国に進出するという事です。しかし、この中国進出は実現しない可能性があります。

 日本の新幹線の技術を応用(盗用)したと見られる高速鉄道が開通し、中国は共産党創立90年を迎えたという事です。しかし、かのソ連も堅固だと思われていた矢先に共産党が突然崩壊して、国そのものが消滅しました。

 この事について思い出す事があります。共産中国もやはりアメリカが建国に関わっていたのです。それは赤狩りで有名なジョゼフ・マッカーシーが書いた「共産中国はアメリカがつくった」という著作に見事に示されています。

 つまり、その背後にはジョージ・マーシャルという、今で言うイルミナティの走りとも言える人物が蔭で動いていたのです。ヨーロッパの戦後を画策したマーシャル・プランを策定した有名な人物です。

 この歴史の見えざる死者の手が、現代に至って無気味に鎌首をもたげて来そうなのです。かのソ連の崩壊も、ウラではイルミナティが絡んでいました。

 いま、闇の勢力の衰退が起こりつつある中で、中国も官僚の腐敗と、自然災害の多発と、有毒物を生み出す工場とで国中がざわついています。ソ連の崩壊は、チェルノブイリ原発の重大事故が間接の原因でもあったように、中国もまた、ある日、突然崩壊するかも知れません。中国人民は完全に中央政府から離反し始めています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

壮大な無駄! 死者22万人、戦費186兆円…イラク・アフガン戦争

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110702-00000064-jij-int

 ブッシュとネオコンのデッチ上げで始まった911テロをきっかけとする対テロ戦争は、結果的に壮大な無駄に終わりそうです。

 22万人の人命と、186兆円もの戦費がドブに捨てられました。もちろんこの中には、一部が軍産複合体や戦争請負人の懐に消えたものも含まれます。

 この他に、イラクとアフガンには民間施設の破壊もあるでしょう。たったアメリカ人3000人、それもアメリカの自作自演によって無駄に捨てられたのです。

 我々は、もうこんな事は止めなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島の子供の尿に放射性物質

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110702/dms1107021523007-n1.htm

 この第一の問題は、政府が直ちに健康に問題はないと言って、真実を明かさない事です。菅政権は何と言っても、情報隠蔽内閣です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

脳も心臓も持たない意気地なしのロスチャイルド・シオニストの軍隊が子どもたちに催涙弾を発砲する

http://www.davidicke.jp/blog/nabi-salih/

 こんな事が世界中で起っているのです。決してガザやパレスチナの中だけではありません。もうそろそろこんな事は止めさせましょう。止めさせるのは簡単です。こういう行為を絶対に支持せず、ましてや参加もしない事です。人類は一人残らずみんな仲間であり、かけがえのない命なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ外国の中央銀行が円建ての日本国債の資産残高を増やしているのか

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/63f7d479a8d83a96a490bfd912b621ad

 これは簡単な事です。財務省の懸命の喧伝にも拘わらず、日本国債は健全で、デフォルトの心配のない安定資産であるためです。

 このひとことだけを見ても、財務省の消費税値上げの言い分は根拠がない事がはっきりします。我々は財務省を中心とした大手マスコミのプロパガンダに踊らされているのです。騙され易いのは一般庶民です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

原発なくても電力足ります…環境保護団体が試算

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011070101000973.html

 世はまさに“節電”ブームです。私はこの事自体を問題にしたいのではありません。この掛け声の陰で、政府や電力会社が原発の再稼働を画策している事が問題だ、と言っているのです。

 この世の中は、問題のすり替えと庶民のマインドコントロールが横行しています。我々は騙されたり、誤魔化されないようにしなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電力会社の横暴を止めさせよう!

 今日最後の記事を書くに当たって、思い当たる事があります。それは、イルミナティのやり方です。彼らは庶民をコントロールする当たって何を利用したかというと、それはエネルギー利権なのです。

 その一番分かり易い例が、911テロでした。つまり911テロはイラクの石油利権を奪い取るために計画され、ネオコンを中心としてイスラエルロビーを総動員してイラク戦争を起こし、まんまとイラクの豊富な石油利権を手に入れました。

 そのアメリカでは、電力が不足している、とウソを言って大規模な停電さえ起こしています。日本人のほとんどはこの真実を知らされていません。エンロンの不正経理など氷山の一角です。

 日本は電力不足ではありません。この事実は情報が隠蔽されてマスコミにはまったく取り上げられていません。日本のNHKでさえいまだに911テロはアルカイダのオサマ・ビン・ラディンが犯人だという見解を変えていないのです。

 日本のマスコミの国民洗脳は行き着くところまで行っています。

 日本の経団連をはじめとする大企業は殆どがイルミナティの手先です。NHKにはCIAの出先機関が半ば公然と設置され、局内で目を光らせて放送内容をチェックしています。911テロの時、NHKのジャーナリストの一人が、WTCビルの中で何が行われたのか疑問を呈しただけで、翌日死体が発見されたのは公然の秘密です。つまり、日本は独立国では無いのです。

 国会議員のなかにも沢山のスパイがいて、特に自民党の中にも、現民主党政権の中にも多くいます。

 私はこの事をよく知っていました。ですから、書かなかった事も沢山あります。

 話を元に戻しましょう。東電や各電力会社は、電力の独占が崩れると、たちまちその優先力が失われ、アメリカに巣食うイルミナティによって破壊されるのです。日本の大企業がイルミナティの手先になっているのはそのせいです。彼らとてやりたくてやっている訳ではないのです。つまり、日本の大企業も殆どがアメリカのいう事を聞かないと潰されるのです。日本の大銀行もそうです。

 東電は、今のままでは完全に倒産です。それを倒産させたのでは、日本の大企業というイルミナティの牙城が崩れるのです。ですから、何としても電力の独占を維持し、国民をコントロールしておかないと、ヤツラ、イルミナティの優位性が失われるのです。

 ただし、これからは何が起こるかまったく予断を許しません。トンデモナイ事が起きる可能性があります。皆さんはこれからの出来事を固唾を飲んで見ていてください。一気にとんでもない事が起きる可能性が高いのです。

 それとともに、東電の横暴を許してはいけません。皆さん方一人ひとりが気付き、よく目を見開いて現実を観察している事です。 

 私もごく身近にいた親友に、お前は権力に楯を突いている、そんな事をしても何にもならないぞ、と脅されました。

 しかし、もうそんな時代は終わろうとしている事だけは確かです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

強制節電を強要する政府・電力会社

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110701/dms1107011559014-n1.htm

 この記事をよく読んでください。日本は電力不足ではありません。このやり方は、原発を再稼働させるためのヤラセです。

 ここまでやる政府と電力会社は、社会的制裁を受けるべきです。即ち、税金を使っての福島原発の事故補償を直ちに止め、東電の破産・解体、電力会社の地域独占の排除、送配電の分離等を早急に実現すべきです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

社会保障と税の一体改革とは?

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110701/plt1107011617006-n1.htm

 社会保障は、根底に国民の社会保障がなければなりません。今回の「税と社会保障の一体改革」には重大な視点が抜け落ちています。それは、東日本大震災によって日本社会が未曾有の社会危機にあるという視点です。

 即ち、いまこの議論をする時期では無く、一日も早く危機に瀕している日本社会の復興に心を砕くべきなのです。そのためには、二次・三次の補正予算を早く策定し、復興を軌道に乗せるべきなのです。

 財務省もいま増税を言う前に、危機に瀕している日本経済の建て直しを図るべき補正予算を早く策定し、被災民に安心感を与えるのが本筋です。それをせずして、財政悪化を心配し、国債の格付けが下がれば日本経済に悪影響が出かねないとは、本末転倒の議論です。

 消費税増税はいま議論すべきでは無く、困っている東日本大震災の被災者の経済的苦境、雇用の拡大、福島第一原発事故の一日も早い収束、農業や漁業の建て直しを早急に図るべきです。

 また、いま、日本は節電、節電と騒いでいますが、大体本当に電力は不足しているのでしょうか。日本全体が、政府・東電を中心とした経団連等の大企業の思惑に振り回されているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »