« 生活保護、受給者が202万人に | トップページ | イタリアの国民投票、核技術の衰退に懸念 »

自民党の河野太郎氏ら中堅若手議員が脱原発議連を発足

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000920-yom-pol

 河野太郎氏は以前から脱原発で有名な議員でした。それが、今回のイタリアでの反原発の国民投票の盛り上がりで、火が付いた形です。

 民主党にも脱原発議員はいる筈です。それが表面に出て来ないのは、執行部の原発推進派の議員に押されているためでしょう。また、原子力が無ければ日本のエネルギー需要は賄えないと誤解しているためです。

 しかし、原子力は後戻りのできないエネルギーの筈です。それは今回の福島第一原発の事故でよく分かった筈です。原子力エネルギーがなければ生活も企業も成り立たなくなる、というのはデマです。この事は何度説明しても解って貰えません。それほどマインドコントロールは強いのです。

 外国の方がそ点は素直でよく理解が行き届いています。また日本は、アメリカに巣食うイルミナティの餌食にされて、原子力を無批判に導入してしまいました。そのツケが今の日本に来ているのです。

 もしこれからの世界が原子力の無い世の中になるとしたら、新しい時代は明るいものになる筈です。

|

« 生活保護、受給者が202万人に | トップページ | イタリアの国民投票、核技術の衰退に懸念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40399638

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の河野太郎氏ら中堅若手議員が脱原発議連を発足:

« 生活保護、受給者が202万人に | トップページ | イタリアの国民投票、核技術の衰退に懸念 »