« 今の国会は詐欺政治家ウヨウヨ!…菅、与謝野 | トップページ | 次々と明らかになる福島第一原発の発災状況 »

福島第一原発のオフサイトセンターが地震発生とほぼ同時に機能停止

 先ほどのNHKニュースで、福島第一原発の5キロ離れた地点に設置されていた筈のオフサイトセンターが、地震発生とほぼ同時に電源喪失などにより機能を完全に停止していた事が分かりました。

 福島第一原発のオフサイトセンターが機能停止したため、福島県内各市町村への原発事故の際の避難指示や情報伝達が不可能になり、各市町村はテレビ・ラジオの情報を元に独自の判断で被災状況等を把握しなければならなくなり、中央政府からの適切な指示も伝わらなくなったという事です。

 この原因は、原発の電源喪失とまったく同じ原因で非常時のディーゼル発電機などの機能が一斉に破損し、代替の電源も用意されていなかったため、市町村等の職員への携帯電話を通じた連絡網がまったく機能せず、混乱を極めたという事のようです。 

 このシステムは政府が莫大な資金を投じて、全国の20か所の原発を中心に設置しており、非常災害時には中央政府や消防署、自衛隊、各市町村等への連絡・通報に使われ、機能する筈でしたが、それがまったく役に立たず、何のためのオフサイトセンターであったのか疑問を投げかけています。

 道理で、福島原発の発災当初から、連絡通信がいやにモタモタしていると思いました。また、日頃の演習もまったく行われておらず、何のために莫大な国費を投入して施設を整備したのか分かりません。後日相当に遅れた時点で60キロ離れた福島市内に臨時のオフサイトセンターが設置されましたが、その間まったくオフサイトセンターが存在しなかった事になります。

 数百億と言われる税金がドブに捨てる結果なった訳で、今後、すべてのオフサイトセンターの機能を再点検し、電源を始め、その設置場所、施設などの機能を調査すべきです。 

 なぜ、この事が国会で質問されなかったのか、国会議員等の不作為が問われなければなりません。場合によれば、刑事告発も必要です。まったく、なっていません。

|

« 今の国会は詐欺政治家ウヨウヨ!…菅、与謝野 | トップページ | 次々と明らかになる福島第一原発の発災状況 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40292253

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発のオフサイトセンターが地震発生とほぼ同時に機能停止:

« 今の国会は詐欺政治家ウヨウヨ!…菅、与謝野 | トップページ | 次々と明らかになる福島第一原発の発災状況 »