« 首相、退陣時期は二次補正と特例公債法案など二法案の成立が目途 | トップページ | もはや人類の手では原発の核廃棄物を処理する事は不可能 »

失敗が度重なる東電の事故処理

 ここに来て、東電の事故処理がもたついています。これを、どこどこがぬかっていたから、そこを直せば解決する、と気楽な事を言っているようですが、そんなレベルの問題ではありません。もともと、原子力発電所は現代最高の技術水準を駆使して造られていた筈です。それをタカが金具の締め忘れ位で破綻するなど考えられません。どこか根本的にぬかっている事があるんです。

 それと同じで、政府のやり方もデタラメです。やるに事欠いて自民党の参議院議員に政権の政務官に引き抜くなど、どぎつ過ぎます。応じる方も応じる方ですが、やる方もやる方です。仁義も何もあったもんじゃない。

 菅政権はレームダック化していますが、これほど酷いとあとに尾を引きます。岡田幹事長以下現執行部は何をやっているのでしょうか。

 今日は民主党の両院議員総会が開かれる筈です。この場でどういうやり取りが行われるのか、それによっては今後の民主党の将来が分かります。

|

« 首相、退陣時期は二次補正と特例公債法案など二法案の成立が目途 | トップページ | もはや人類の手では原発の核廃棄物を処理する事は不可能 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40585935

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗が度重なる東電の事故処理:

« 首相、退陣時期は二次補正と特例公債法案など二法案の成立が目途 | トップページ | もはや人類の手では原発の核廃棄物を処理する事は不可能 »