« 党首討論を聞いて | トップページ | 震災地を中心にして社会構造の大変化が起きている »

今日の内閣不信任決議案採決にみる雪崩現象

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1ad4.html

 今日、午後1時から衆議院において内閣不信任決議案の採決が行われます。実際の採決は午後3時ごろになると思われますが、どうも雪崩現象が起きているようです。その事は、いくら菅内閣現執行部が造反者に対して除名や除籍を行うと脅しても、脅せば脅すほど逆効果になり、造反者が増加します。

 また、民主党の分裂はもはや避けようがなく、たとえ内閣不信任案が否決されても菅内閣の弱体化はもうどうしようもなく、法律は一本も通らなくなり、国会の会期延長や第二次補正予算作成も焼け石に水に過ぎなくなります。

 この植草一秀氏の記事にもあるように、マスコミはNHKを始めとして国民を無視した今回の不信任案提出を単なる権力抗争のように潤色して報じていますが、決してそうではありません。菅総理自身の延命、自身の権力基盤の維持のための政治権力乱用、増税、情報の隠蔽体質、原発利権の温存、などを図るため、死に物狂いの大立ち回りを演じています。まったく見苦しい限りです。

 採決の結果は午後3時過ぎには判明します。その結果がどちらになろうとも菅政権の弱体化は避けられません。もし、万が一否決されても民主党は分裂し、早期に選挙が実施される事になるでしょう。その際、現民主党執行部の惨敗は火を見るよりも明らかです。可決されれば、菅直人氏は解散に突っ走ることなく、潔く総辞職して総理から身を引くべきです。それが自身に課せられた唯一の身の処し方です。

|

« 党首討論を聞いて | トップページ | 震災地を中心にして社会構造の大変化が起きている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今朝は真っ白のベールに覆われた空の中から何回も轟音が聞こえてきます。
朝、少しの時間瞑想をしていたら目の前にからすが音もなく現れ、何かを予感させています。

可決してもしなくても、今まで表舞台から退いていたり、足踏みをしていたような心ある政治家の人達が結集して新しい日本を(日本らしい日本) 起こす日になるのでしょうか。

私はたった一つの炎ですが、政界に向け祈ります。 大きなエネルギーが降りて
どうか 日本を守ってください。 と・・・

投稿: くみ | 2011年6月 2日 (木) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40230586

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の内閣不信任決議案採決にみる雪崩現象:

« 党首討論を聞いて | トップページ | 震災地を中心にして社会構造の大変化が起きている »