« ちょっと気になるニュース | トップページ | NHKドキュメンタリーBS2:終わらない悪夢 »

震災復興の道見えず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000117-jij-soci

 深夜に気持ちが落ち着かず、起き出してこうして記事を書いています。それにしても、どうしてこの日本の政治家は無能で何も出来ないのでしょうか。震災から今日で3か月も経つのに、いまだ復興の道筋さえ見えません。

 ですが、その事を書きたいためにこうして深夜に起き出して、パソコンに向かっているのではありません。

 そうではなくて、何かしら起きそうな気がして仕方がないのです。我々人類は一人ぽっちで生存しているのではないと思うのです。有史以前には確かに地球外生命体とともに存在して来た、と見えるフシがあります。それだけではなく、現代に生きる我々にも直感というものがある筈です。

 という事は、人びとがこれほど無能なのは、潜在意識の中で、ある出来事が起こるのを知っているのではないかと思うのです。

 つまり、何が言いたいかというと、人びとがこうも無為無策で生活しているのも、潜在意識の中で、地球外知性体からの救援がある事を既に知っているのではないか、という事です。

 チャネリングメッセージもそれを示しているではないかと言っても、それは真実である、と証明できるものではありません。チャネリングはあくまでも心の中でのメッセージです。

 人々がこれほど安易に生活できているのは、ある確信が潜在意識の中に存在しているのではないかと思うのです。

 不思議なのは、福島原発の事故ですが、単に偶然に起こったのではなく、あるシンクロニシティのもとに発生した、と考えるのは私の思い過ごしでしょうか。一説には人工地震で事故が発生し、原子炉の爆発も人為的に原爆が使われた、という驚くべき指摘もあるのです。その真偽をここで問う積りはありません。

 そうではなくて、人びとの心の奥底では、いま地球を取り巻いて人類の現状を見守り、救出の機会を窺っている存在が居る事を、人びとは潜在意識の中で知っているのではないか、と思うのです。

 そういえば、メキシコ湾の原油流出事故も何時の間にか終息していました。もちろん必死の思いで事故を終息させようと働いていた人びとが居た事も事実です。しかし、それにしても、あの大事故が何時の間にか終息していた感は否めません。

 福島原発の事故も、周りの人々は一生懸命でしょうが、他の人々は余りにも安易です。それには理由がある筈です。その理由とは、多くの人の潜在意識の中では、既に地球外知性体の救助がある事を知っているのではないかという事です。

 もちろん、この事は単に私の妄想かも知れません。真夜中でもありますし、それに近いでしょうが、私はどうしても、近いうちに何かが起きるような気がして仕方がないのです。

|

« ちょっと気になるニュース | トップページ | NHKドキュメンタリーBS2:終わらない悪夢 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「潜在意識の中では、既に地球外知性体の救助がある事を知っているのではないかという事です。」

私もそう思います。でも、 顕在意識が全てを開放し手放さないと 肉体を持っての新地球には存在できないから、 早く自分の潜在意識に 気が付いて!!

と多くのチャネラーのメッセージが届いているのだと、思います。

今最も私達によく分かるように示してくださるのが、正に 菅さんとその周りの人達でしょう。 権力、お金 にしがみついて醜い姿を 私達に見せ、目覚めを促進してくださっている様に、 今朝浮かんできました。 あの人達は 新地球に行く事を
やめて 私達に 見せてくださっているのです。

どのようにあがいても 地球は進化をきめたのですから。

待機してくださっている空の上の存在の介入は 私達が望まない限り、入っては来ない。
望んでいる人には 協力を惜しまない。と、 何度も何度も 伝えてくださっていますね。

潜在意識が その存在にきが付いて欲しいと、 サインをくれていると思います。
例えば、


「何かしら起きそうな気がして仕方がないのです。我々人類は一人ぽっちで生存しているのではないと思うのです」

その感覚 がそうなのでは??

投稿: くみ | 2011年6月11日 (土) 11時23分

同じく僕も寝付けない一人です。
 福島原発の事故の直後、ある方がコメントされていたのを忘れません。『チエルノブイリの時、350㌔先も被曝量は全く同じ数値、、、』、これが事実なら、霞ヶ関界隈で税金を吸っている蚤議員達も同じく被曝した人間、運命共同体の一部と感じれば、もう少し人間的な発想もできたでしょう。 心ある人とインスピレーションを持つ人は、政治家(や)をはなから信じていません。それぞれが感じる者同士が心を繋ぐ時代かも知れません。
それより、震災以降、日本文明のルーツと言われる土星の方々の目に見えないサポートを夢の中で感じています。
画期的新エネルギー開発は、福島県内で国内の英智を結集したあとに誕生しそうです。急がないと!

投稿: ★モータン | 2011年6月11日 (土) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40349339

この記事へのトラックバック一覧です: 震災復興の道見えず:

« ちょっと気になるニュース | トップページ | NHKドキュメンタリーBS2:終わらない悪夢 »