« ポスト菅、上杉隆氏の危惧 | トップページ | ちょっと気になるニュース »

読売新聞の性質の悪いプロパガンダ記事

http://alcyone.seesaa.net/article/208992831.html

 読売新聞は、故正力松太郎氏が原発導入に重要な役割を果たし、大勲位中曽根康弘氏とともに日本の原子力発電のキーマンでした。

 その読売新聞が、懲りもせずプロパガンダ記事を流しているのは、脱原発にとって極めて有害な事です。このブログの読者にはそんなウソに騙される人はいないでしょうが、一般大衆はコロッと騙されます。3兆円の負担増と聞いてそれはウソだ、とはっきり言い返せる人が何人いるでしょうか。

|

« ポスト菅、上杉隆氏の危惧 | トップページ | ちょっと気になるニュース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40343325

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞の性質の悪いプロパガンダ記事:

« ポスト菅、上杉隆氏の危惧 | トップページ | ちょっと気になるニュース »