« 政治家は地位とカネに弱い! | トップページ | 社会保障と税の一体改革とは? »

福島第一原発の事故は巨大津波のせいではない!

 福島第一原発の事故の直接の原因は、巨大津波のせいではありません。実はこの事が曖昧にされているために、日本全国の原発の再稼働に大きな危険と問題をもたらしているのです。事故は最初の甚大な地震動によって引き起こされた可能性が大きいのです。 

 この事を正確に把握しないからこそ、電源の喪失が原因で原発事故が起こった、と誤解されているのです。ここに重大な問題のすり替えが行われています。つまり、原子炉そのもの(耐震設計等)に欠陥はない、という前提のすり替えです。

 福島第一原発の事故は、当初の地震動によって、原子炉内の配管、設備内容が破壊され、メルトダウンからメルトスルーに至った、というのが真実ではないかと思うのです。

 という事は、福島第一原発は、構造的に欠陥があり、それが原因で事故に至ったのではないか、という事です。

 これが本当だとすると(その可能性は大きい)、今回の巨大津波が原因で電源が喪失し、それが原因で冷却機能を失って事故が発生した、という判断は誤っている事になります。つまり、いくら電源対策を充実させて電源喪失が起きないように努力したところで、その前の段階で、原子炉に重大な損傷が起きていれば、すべて的はずれになります。

 いま、福島第一原発は、冷却系統の度重なるトラブルで、冷却システムが度々ストップしている状態に追い込まれています。これは、主に配管系統のトラブルによるものです。という事は、初期の地震動の際に相当に配管系統がやられて傷んでいたのではないかと想像できます。それが根本的に解消されないまま、冷却系統を稼働させようとしても無理があるのではないかという事です。

 つまり、海江田大臣が胸を張って事故対策を充分にやった、もう事故は起きようがない、もし起きたら国が責任を持つ、というのは大変危険な大ぼら吹きだという事になります。

 そもそも、初期の地震動によって、原発が損傷を受けていたのに、津波によって電源が失われたからメルトダウンが起きたと速断する処に問題があると思われます。

 第一、詳細な事故調査もまだ手が付けられていない段階で、再稼働するというのは危険極まりないというべきです。国はこの事をよく考えて見るべきです。また、事故調査委員会を、利害に直接関わりのある内閣の元に置くというのは間違いです。少なくとも国会内に置いて、利害に関わりのない委員を任命して厳正に事故調査に当たるべきです。

 どうも今の政府のやり方は、殆どが的はずれで、チグハグであり、その場限りの場当たり的で、きちんとした体裁を成していません。

 地方の原発立地の県知事さんや町長さんにお願いがあります。それは、いま原発を再稼働させる事は大変危険であり、それを阻止できるのはあなた方地方自治体の首長だけなのです。ですから、安易に再稼働に同意しないでください。今の国の事故調査は間違いだらけであり、責任逃れと情報隠蔽に徹し、もし原発を再稼働して大事故が起き、責任を問われる段階になると、あなた方にも責任が及ぶ可能性が大ですよ。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-942a.html

|

« 政治家は地位とカネに弱い! | トップページ | 社会保障と税の一体改革とは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ちょっとピントがずれるかもしれませんが、現在は資本主義のツケが回ってきた、

というより

成長型社会から循環型社会への移行の途中なんだなと気がつきました。

で、無理があった部分が災害などで浮き彫りになってきているのでしょうね。循環型に向かない部分が。

投稿: たかだ | 2011年7月 1日 (金) 03時32分

この事件(事故とは思っていない)の結末はどうなるのか

常に歴史は作られている ダミーはどれだ?

パズル・推理小説 筋書きどおりなのか? 原発の世論

投稿: すぎもとたかふみ | 2011年6月30日 (木) 21時48分

武山さんこんばんは、

先ほど何気なく携帯から拝読しようと試みましたら、2009年にホオポノポノのヒューレン博士の事を書かれた日記をよませていただきました。 なんと、私より
1年も前に ヒューレン博士の事をしっておられたのですね。

全ての物には意識がある という内容でした。
原発 にも意識があって、人間に知らせるために起こったことかも知れないと、
思いました。

こんなに多くの方がPCで叫んでいるにも関わらず、政府は地球を滅ぼす方向に
向かっているのにも 何か意味があるのでしょうか?

最近読んでいる本に 人を判断するパワーは オリオンから来ているので、 そのパワーをオリオンにお返しします。 と言いましょうと。 それが宇宙の法則だそうです。

二元せいはどうしても 人を判断 、ジャッジ 、してしまいます。いくら自分に言い聞かせても なかなか 判断する事をやめることができません。 ワンネスに入っていくためには 人をジャッジする事を 手放す事が不可欠のように感じます。かなり大変です。

ありがとうございました。

投稿: くみ | 2011年6月30日 (木) 18時12分

武山さんいつもありがとうございます!
未だに、テレビや新聞の情報を鵜呑みにして、節電、節電…と、マインドコントロールされてる方々がたくさんいますね。
みなさん一緒に勉強しましょう。そして知ってる方は周りの方に教えてあげてください。
タイトル:
武田邦彦 (中部大学):「節電」は本当に必要なのか?(1)  電気代はなぜ高い?
URL:
http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/171340/175313/37767043

タイトル:
武田邦彦 (中部大学):「節電」は本当に必要なの?(2) 本当は津波ではなかった!
URL:
http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/171340/175313/37771840

投稿: 思いやり | 2011年6月30日 (木) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40614908

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発の事故は巨大津波のせいではない!:

« 政治家は地位とカネに弱い! | トップページ | 社会保障と税の一体改革とは? »