« 汚染水の貯水限度…菅総理、東電の外国頼りに甘さ露呈 | トップページ | いよいよのっぴきならなくなったヨーロッパとアメリカの債務問題 »

節電しないと夏の大停電、はウソ…計画停電はプロパガンダ!

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/bfbf1931a54f105c7dbe59ea6707ecf4

 海江田経産大臣は全国の休止中の原発の再稼働について、異例な要請を出しました。しかし、このブログの記事にもある通り、日本の総発電量は決して不足はしていないのです。その事は、私のブログでも過去に指摘して来ました。

 しかし、国民の大多数は今でも原発がないと生活や産業活動に支障が出る、と本気で思っています。これは今年の福島第一原発事故以来の東電の計画停電が効いています。

 もし、日本が本当に総発電量が不足しているなら、今日の奇跡的な戦後復興はなかった筈です。これは何処かで誤魔化しが起ったせいです。

 また、原子力発電は、トイレの無いマンションと同じで、人類の後世に重大なツケを残すものです。つまり我々はいまだ確実な原子力をコントロールするテクノロジーを持っていないのです。

 それにも拘わらず、多国籍企業、財界、官僚、政治家等が原子力発電推進を止めないのは、その後ろに巨大な力が働いているからです。

 しかし、もうこれ以上原子力発電を続けるわけには行きません。世界は原子力発電を保有しなくても充分やって行けるのです。

 その内、必ず“フリーエネルギー=無料のエネルギー”が実用化します。そのテクノロジーは今から100年も前に実用化されていたのですが、闇の勢力によって葬られてしまいました。闇の勢力が今日まで勢力を保持できたのはエネルギー利権を保有し、活用して来たからです。今年の福島第一原発の大事故はその崩壊のきっかけを作った事故であったのです。皆さんはとんでもないペテンに巻き込まれ、計画停電という大プロパガンダに踊らされて来たのです。

 もうそろそろ、その化けの皮が剥がれる時です。

|

« 汚染水の貯水限度…菅総理、東電の外国頼りに甘さ露呈 | トップページ | いよいよのっぴきならなくなったヨーロッパとアメリカの債務問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
関東ではもうすぐ計画停電が実施されますね。
蒸し暑い午後にエアコンが使えない状況なんて想像もできないですね。
今のうちに、充電式扇風機やクールタオルなどの節電グッズをいろいろ調べています。
はやく準備しないと!

投稿: スナフキン | 2011年6月26日 (日) 16時12分

こんにちは。
もしかしたら、他のスレでコメント済みだったらごめんなさい。
今「6月下旬」が大切と思います。
なぜならば企業の「休日シフト」も「超過した場合の違反金」も7月からです。
実は昨年の6月も現在の限度といわれている5000万KWを越えているので、
電力会社は言い訳できない失敗をしています。
節電を行うのであれば6月から開始すべきでしたね。
電力会社は、熊谷などで39度を記録しても「みなさんの節電のおかげで
停電していません」といっていますが、企業等の節電は7月からなのだから、
今誰が節電を行っているのか公表すべきです。
ブログ主さんのおっしゃるとおり、「計画停電はプロパガンダ!」だと思いますし、
電力会社は「計画停電はプロパガンダ!」を否定するのであれば、全ての
データを公表すべきです。
本当に日本が危ない。

投稿: 線量測定 | 2011年6月25日 (土) 12時05分

今年の夏は真実があらわになるのかどうか。
ところで待たれるフリーエネルギーですが、殺人兵器化されたという説もありますね。
まあ、その前に日本の電気の価格設定のからくりが白日のもとにさらされるのではないでしょうか。

投稿: たかだ | 2011年6月23日 (木) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40505706

この記事へのトラックバック一覧です: 節電しないと夏の大停電、はウソ…計画停電はプロパガンダ!:

« 汚染水の貯水限度…菅総理、東電の外国頼りに甘さ露呈 | トップページ | いよいよのっぴきならなくなったヨーロッパとアメリカの債務問題 »