« 福島第一原発のオフサイトセンターが地震発生とほぼ同時に機能停止 | トップページ | 菅執行部の連立積極論は共同正犯である »

次々と明らかになる福島第一原発の発災状況

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000604-san-soci

 福島第一原発の事故の状況が次々と明らかになっています。東電の発表とはけた違いに深刻な状況です。1号機のメルトダウンも当初の発表よりも10時間以上も早く起きていた事が判明し、それも3機の原発で共にメルトダウンが起きていて、この遅れが初動体制を遅らせ、先ほどのオフサイトセンターの機能不全とも併せて、当初の事故対策に決定的な遅延を生じました。これはこの前も書きましたが、完全な人災です。

 特に3号機のプルサーマル炉ではプルトニウムの飛散が報告されていて、今になって原発から離れた地点で検出されたという事です。なぜ今になったのか、プルトニウムは半減期が24,000年もあり、重いから飛散し難いとは言っても一旦被曝すれば長年月にわたって人体に悪影響を及ぼすのです。NHKはその事をひとことも言いませんでした。

|

« 福島第一原発のオフサイトセンターが地震発生とほぼ同時に機能停止 | トップページ | 菅執行部の連立積極論は共同正犯である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今、福島県の国会議員達が静かにしています。ほとぼりが冷める迄と隠れています。原発を進めた張本人もいます。市民の為に働く市会議員、県民の為に働く県会議員、国民の為に働く国会議員、この基本を実行出来ぬ議員は、犯罪者です。犯罪者に税金を吸われ続けるのは、もうやめにしたい。 お上?いや、お下のものどもが終る時代が来ますよ! もうすぐ

投稿: ★モータン | 2011年6月 7日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40292735

この記事へのトラックバック一覧です: 次々と明らかになる福島第一原発の発災状況:

« 福島第一原発のオフサイトセンターが地震発生とほぼ同時に機能停止 | トップページ | 菅執行部の連立積極論は共同正犯である »