« 民主党、川内博史議員と岩上安身氏との対談 | トップページ | 産業経済省の官僚、古賀茂明氏が政府から睨まれて退職の危機にあるらしい »

ロシアと中国は自国の決済に互いにルーブルと元を使用する事に合意

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/579/

 ロシアと中国は互いに決済通貨にルーブルと元を使用する事に合意しました。これにより、ドルの国際通貨としての地位が相対的に下落する事になり、米国債の万が一のデフォルトに際しても、世界一の米国債保有高を誇る中国も、今後場合によっては米国債を売りに出す可能性も高まります。

 また、日本にしても米国と心中する覚悟でないと、大量に米国債を保有し続ける事に国民の非難が集中する可能性が出て来ます。この事は、日本の官僚を中心とした売国勢力にとっては困った事になり、必死でこの事実を隠蔽する事を画策するでしょう。

 しかし、米国の財政難は隠しようがなく、8月初旬の米国債のデフォルトの可能性が指摘されるようになるでしょう。

|

« 民主党、川内博史議員と岩上安身氏との対談 | トップページ | 産業経済省の官僚、古賀茂明氏が政府から睨まれて退職の危機にあるらしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

【NewsBrief】米大統領が財政協議に関与、デフォルト回避に向け与野党幹部と会談へ―【私の論評】アメリカのデフォルト演出は何を意味するのか?日本に強い関わりがあるその意味!!
こんにちは。アメリカのデフォルトは何を意味するのか?将来はどうなるかは別にして、現時点のデフォルト騒ぎは、何か他に意図があるものとみるのが妥当です。特に、日本との関係において、日本に悟られずに、特定の意図があるものとみるべきです。来年は大統領選挙があり、オバマ大統領は、是が非でも景気を良くして、雇用情勢を改善しなければなりません。しかし、アメリカの直近の雇用統計は、想像以上に悪かったこと、経済の復元力の原則からいって、アメリカの経済の浮揚はここ当面内需拡大によってはなかなか達成できないことなど、考え合わせると、いろいろと見えてくるものがあります。私のブログでは、日本に強いかかわりがある、アメリカのデフォルト演出の真相に迫ってみました。是非、御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2011年6月27日 (月) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/40562664

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアと中国は自国の決済に互いにルーブルと元を使用する事に合意:

« 民主党、川内博史議員と岩上安身氏との対談 | トップページ | 産業経済省の官僚、古賀茂明氏が政府から睨まれて退職の危機にあるらしい »