« 学童被曝年間20ミリシーベルト、安全でない!…米国の民間機関 | トップページ | 子どもに年間20ミリシーベルトに世界中から抗議! »

子どもの年間被曝線量20ミリシーベルト決定の経緯

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110502-00000102-mai-soci

 私はこの経緯については非常に不可解である、という印象を持っています。たまたま、今日、IWJのユーストリーム生中継を見ていて、文科省、保安院、細野首相補佐官、等の合同会見中、紛糾する場面に出くわしました。

 この会見があれほど紛糾するのは大変珍しい事だと思うのですが、司会者が質問者を排除しようとして、多くの出席者が居る面前で、名指しで発言を途中で遮り、半ば絶叫するように政府側を防御しようとしたのは異様でした。

 居合わせたマスメディアの記者たちを含めた大勢の人々は、一瞬水を打ったように静まり返り、ひと言も発しなかったのは珍しい事だったと言えます。

|

« 学童被曝年間20ミリシーベルト、安全でない!…米国の民間機関 | トップページ | 子どもに年間20ミリシーベルトに世界中から抗議! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

守秘義務もわかるけど経緯が誰にもわからないのはどうかと思います

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110502-00001026-yom-soci

投稿: pon | 2011年5月 3日 (火) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/39839068

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの年間被曝線量20ミリシーベルト決定の経緯:

« 学童被曝年間20ミリシーベルト、安全でない!…米国の民間機関 | トップページ | 子どもに年間20ミリシーベルトに世界中から抗議! »